MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

エクスプローラの説明 Windows Vista

 Windows Vista(ウインドウズ ビスタ)に付属するエクスプローラは、ホームページを閲覧するブラウザ「Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)」とは異なります( Windows XP では微妙なところです )。 エクスプローラはファイルの保管場所を隅から隅まで参照できるツールです。 その範囲は自分で作成したフォルダーやファイルだけではなく、Windows の本体を構成するフォルダーやファイルも含まれます。


Windows Vista に付属するエクスプローラーは、ホームページを閲覧するブラウザ「Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)」とは異なります。 エクスプローラーはファイルの保管場所を隅から隅まで参照できるツールです。 その範囲は自分で作成したフォルダーやファイルだけではなく、Windows の本体を構成するフォルダーやファイルも含まれます。

エクスプローラ(Explorer:探検家;調査者)は、コンピューターに存在するフォルダーやファイルを一覧表示できる場所です。また、コンピューターに接続されたドライブ( ハードディスクドライブ 、フロッピーディスクドライブ、光学式ドライブ)や、ネットワークに接続されたコンピューターと、その中に保管されたフォルダーやファイルの一覧表示もできます。 スタートメニューや、デスクトップのショートカットアイコンでプログラムを起動、また、マイドキュメントやマイピクチャに保管されたフォルダーやファイルの参照が一般的ですが、ショートカットアイコンのリンク先や、フォルダーやファイルの本来の保管場所を把握した方が、必要なファイルなのか不必要なファイルなのか、それによりバックアップを必要とする場所を判断できる様になると思います。フォルダーやファイルの保管場所を把握するためにも、常日頃エクスプローラを利用する癖を付けると良いでしょう。

Windows XP のエクスプローラーと比較すると、Windows Vista にはナビゲーションペインにお気に入りリンクが追加されています。 また、アイコンと視覚効果、メニューなどが斬新になりました。ドライブの総容量と仕様済み容量が一目瞭然となります。 さらに、アドレスの表示とサムネイル表示などで時間がかかる場合の進捗表示も変更されています。 情報を表示するペインの数も増えています。フォルダーの配置も異なっているため、Windows XP から乗り換えたユーザーは少し戸惑うかも知れません。 まずは使ってみましょう。



エクスプローラーの起動方法

エクスプローラを開くには、いくつか方法があります。起動方法は以下。なお、Windows 7 から、「エクスプローラ」の名称が「エクスプローラー」に変更されました。

・「スタート」ボタン、全てのプログラム、アクセサリ、エクスプローラーを順番にクリックして起動します。 Windows XP では「すべてのプログラム」を右に一覧表示していましたが、Windows Vista からは、スタートパネル内に展開できます。



・「スタート」ボタンにポインター(マウスで操作する白い矢印マーク)を移動して、右クリックします。 表示されたメニューの「エクスプローラ – All Usersを開く」をクリックします。 ちなみに、「エクスプローラ – All Users」の「-」はハイフンであり、「エクスプローラー」なわけではありません。 Windows XP 、Windows Vista では、「エクスプローラ」と表記されています。



・Windows Vista からはスタートメニューに検索フォームが搭載されているので、これを使ってみます。 「スタート」ボタンをクリックして表示されるスタートメニューの「検索の開始」フォームに「エクスプローラー」と入力して、キーボードの「Enter」キーを押しても起動できます。 Windows XP では「すべてのプログラム」を一覧表示するしかありませんでしたが、Windows Vista からはプログラムも検索可能になりました。



エクスプローラーは頻繁に利用するので、ショートカットキーを覚えましょう。 キーボードの「Windows」キーを押しながら「E」キーを一回押す毎に起動できます。 パソコンの処理能力により異なりますが、もし、一瞬で表示されなくても、表示されるまで待ちましょう。 何回も「E」キーを押すと、複数のエクスプローラーが起動してしまうので、1回だけ押すように心がけましょう。 なお、このショートカットキーは、Windows 7、または、歴代の Windows でも同じです。



エクスプローラ

Windows XP と比べると、もの凄く変わってしまいました。 その違いはこのページの下の方で説明するとして、先にエクスプローラーの基本的な使い方を説明します。 右のスクリーンショットは、名称を説明するために表示できるメニューやペインを全て表示しています。一覧ペインに表示される内容により、メニューは変化します。



「エクスプローラー」には、左のナビゲーションペイン(お気に入りリンクやフォルダー)と右のプレビューペイン、または、一覧ペインがあります。 この境界線にポインターを移動すると、ポインターが変化するので、ドラッグアンドドロップにて境界線を左右に移動する事ができます。



右のスクリーンショットでは、フォルダーペインで「Windows Ultimate 32bit(C)」の中の「Program Files」フォルダー内の「aviutl99i2」と名前の付いたフォルダーを選択しています(順番にクリックしていく)。 一覧ペインでは、「aviutl99i2」フォルダー内に保存されているファイルの一覧が表示されます。ファイルだけではなく、サブフォルダーがある場合は、フォルダーも表示されます。 また、Windows XP 、Windows Vista では「フォルダ」と表記されていますが、Windows 7 から「フォルダー」と表記する様になりました(このページではあえてフォルダーとフォルダを混在して使っています)。 フォルダーペインはフォルダーや、それよりも大きなドライブなどを階層構造で表示でき、一覧ペインは特定の範囲に保管されたフォルダーやファイルを表示します。 また、プレビューペインを表示させると、ファイルを開かなくても、テキスト、Word で作成した文章、画像、ビデオなど、対応しているファイルはプレビューペインでその内容を確認する事ができます。 一覧ペインの表示方式とプレビューペインの組み合わせにより、意味があったりなかったりします。各ペインの表示方法は、このページの下の方で紹介します。



フォルダーペインでの展開方法はクリックする事です。アイコンの左に三角形が表示されている場合、そのドライブやフォルダーをクリックすると、さらに階層下を表示できます。展開されたドライブやフォルダーは、三角形の角度と色が変化します。展開前の白い三角形は、サブフォルダー、または、ドライブが存在する事を意味しています。黒い三角形は、現在展開している事を意味しています。再びクリックすると、一覧が折りたたまれ、黒い三角形から白い三角形に変化します。フォルダーペインのアイコンの左に三角形が表示されていなければ、そのフォルダーにはドライブやサブフォルダーが存在しません。



フォルダーペインが非アクティブになると、三角形は自動で消えます。フォルダーペインがアクティブになると、三角形が自動で表示されます。つまり、一覧ペインのドライブなどをクリックすると、フォルダーペインの三角形は自然に消えます。再び表示するには、フォルダーペインにポインターを移動させた時です。必要がないと判断された場合は、不必要な表示を自動的に表示となり、ポインターを移動すると、必要であると判断され必要な表示がされる事になります。個人的には、どうでもいいような気がします。



ツリー表示で展開していくと、階層下のフォルダーを表示するために右に横幅が広がりますが、Windows Vista からのフォルダーペインは、フォルダーやドライブを選択した場所、または、スクロールバーの位置により、適切な場所が確実に表示できる様に、自動で移動してくれます。つまり、横スクロールバーが表示される事はありません。細かい事ですが、非常に便利かと思います。

関連情報:ファイルとフォルダの説明



エクスプローラーでフォルダーとファイルの位置を確認する

さて、エクスプローラーの使い方とフォルダーやファイルの位置関係を把握するために、少し練習してみましょう。 C ドライブ(ハードディスクドライブのボリューム、または、パーティション(領域)で、Windows がインストールされている領域です)のフォルダーやファイルは、自分が任意で作成したもの以外は削除や移動はしない方が無難です。 もちろん、全てが致命的なトラブルを招く訳ではありませんが、現時点では説明しきれません。 そこで、安全な場所を指定して、エクスプローラーでフォルダーとファイルを操作してみましょう。このページでは、Windows Vistaがインストールされた領域Cは、ボリュームラベルを「WinVista Ultimate 32bit」に変更しています。通常は、「ローカル ディスク(C)」と表示されているかも知れません。統一するために、「WinVista Ultimate 32bit(C)」の領域を「ローカル ディスク(C)」と明記します。「ローカル ディスク(C)」に「私のフォルダー」と名前の付いた、自分専用のフォルダーを作成します。 「ローカル ディスク(C)」をクリックして、一覧ペインの何もない場所にポインターを移動して右クリックします。表示されたコンテキストメニューの「新規作成(W)」→「フォルダ(F)」を順番にクリックします。 作成したフォルダーを右クリックして、名前の変更をクリックします。 名前を「私のフォルダー」に変更します。



C ドライブに「私のフォルダー」が作成されました。このフォルダーの場所はフォルダーペインで把握でき、左には三角形が表示されません。 今作成したばかりのフォルダーで、中にサブフォルダーが含まれないからです(もちろん、ファイルも保管されていません)。 一覧ペインにも、「私のフォルダー」は表示されます。



「私のフォルダー」の中に、「私のファイル」を作成してみます。 フォルダーペインで「私のフォルダー」をクリックするか、一覧ペインで「私のフォルダー」をダブルクリックして、「私のフォルダー」を一覧ペインに表示させます。 もちろん、現時点では何も保管されていません。一覧ペインの何も無い所にポインターを移動して右クリックします。 さらに、コンテキストメニューの「新規作成(W)」→「テキスト ドキュメント」をクリックします。 作成したテキストファイルを右クリックして、名前の変更で「私のファイル」と名付けます。



フォルダーペインで「マイ コンピュータ」の「ローカル ディスク(C)」の「私のフォルダー」をクリックすると、一覧ペインにフォルダー「私のフォルダー」に保管されたファイル「私のファイル」が表示されます。 同じ要領で、今度は「私のフォルダー」に「私のサブフォルダー」を作成します。 サブフォルダーは「私のフォルダー」から見てサブフォルダーになりますが、作成方法は「新規作成(W)」→「フォルダー(O)」で通常のフォルダーを作成します。



フォルダーペインの「マイ コンピュータ」の「ローカル ディスク(C)」の「私のフォルダー」の左に白い三角形が表示されました。 これをクリックすると黒い三角形になり、「私のフォルダー」に保管されたサブフォルダーが表示されます。 一覧ペインの場所は、「アドレス」で確認できます。「C:¥」は「ローカル ディスク(C)」の事です。 C ドライブ直下に「私のフォルダー」があります。 もし、その中の「私のサブフォルダー」を表示するなら、「C:\私のフォルダー\私のサブフォルダー」となります(アドレスの表示がスクリーンショットと異なる点には後で説明します)。 フォルダーペインに表示された「私のサブフォルダー」と、一覧ペインに表示された「私のサブフォルダー」は同じです。 どちらか一方を右クリック →「削除」を実行すると、エクスプローラーでは表示できなくなり、ゴミ箱に移動します。この微妙な関係を理解する事によって、初心者を脱出する事が出来ます。

「私のファイル」「私のフォルダー」「私のサブフォルダー」は、今テストで作成したファイルなので、削除してもシステムにダメージを与えません。 フォルダーペインと一覧ペインの仕組みを知るために、任意でフォルダーやファイルを作成して確認しました。



「エクスプローラー」から見た「Windows」と「エクスローラ」

エクスプローラーは「Windows」に付属するツールです。つまり、C ドライブにインストールされています。 エクスプローラーをエクスローラで参照すると、右のスクリーンショットになります。 C ドライブの「WINDOWS」フォルダーに、「explorer.exe」が存在します。 このファイルをダブルクリックすると、「エクスプローラー」が起動します。スタートメニューのエクスプローラーは、このファイルにリンクされています。



一覧ペインのアイコン「表示」を変更する

一覧ペインに表示されるアイコンのサイズや表示形式を変更するには、左上の「表示」ボタンをクリックします。 表示形式は「並べて表示」「詳細表示」「一覧」の 3 つで、アイコンサイズは「小アイコン」「中アイコン」「大アイコン」「特大アイコン」の 4 つです。 右のスクリーンショットでは、「特大アイコン」に変更しています。写真や縮小表示に対応しているファイルを参照するのに便利ですが、常にこれが便利である訳ではありません。 Windows Vista では、「表示」「各ペインの表示/非表示」「アドレスバー」を組み合わせる事で、人それぞれの作業環境に適した利便性を向上します。 また、アイコンが拡大表示に対応している必要があります。 たとえば、ホームページのファイブアイコンならば、以下の方法で作成されたものが、「特大アイコン」を指定しても綺麗に表示されます(もちろん、縮小表示機能と関係無いアイコンを特大表示しても意味はありません)。

Meta:ホームページのアイコンを登録する favicon



各ペインとメニューの表示と非表示

各ペインの表示/非表示の設定は、左上の「整理」ボタンをクリックします。 さらに「レイアウト」をクリックすると、「検索ペイン」「詳細ペイン」「プレビュー ペイン」「ナビゲーション ペイン(フォルダーペインはこれに含まれます)」が表示され、クリックすると表示、さらにクリックすると非表示となります。 選択されているペインはアイコンの背景がブルーに変化します。4つのペインを全て表示する事も、個別に設定する事もできます。 なお、「検索ペイン」は開いている場所によって選択できない場合もあります。



Windows XP で定番となっていたメニューは、Windows Vista から非表示になりました。このメニューを一時的に表示するには、キーボードの「Alt」キーを押します。 もう一度押すと、メニューは非表示になります。「Alt」キーと「←」「→」「↑」「↓」キーを組み合わせて、メニューを操作できます。 なお、このメニュー表示方法は、Windows Live メッセンジャーや、Windows Media Player も共通となるので覚えましょう。



メニュー バーを常に表示したい場合は、「整理」ボタンをクリックします。さらに、「レイアウト」をクリックして「メニュー バー」をクリックします。 逆に非表示にしたい場合は同じ事をやります。「メニュー バー」の左にチェックが入っている状態は、常にメニュー バーが表示される事を意味します。



アドレスバーの使い方

Windows XP までのアドレスの表示が、Windows Vista で改良されています。 「/」や「\」を使わずに、ドライブ名やフォルダー名が直接表示される様になりました。アドレスをクリックすると、旧表示に変わります。



アドレスの特定のフォルダーやドライブをクリックすると、フォルダーペインに近い表示ができ、フォルダーを変更するのが簡単になりました。 例えば、アドレスの「C」ドライブをクリックしているので、右のフォルダーがアドレスに展開される事になります。 意味としては、「C」ドライブ直下に保管されたフォルダー群です。 もちろん、ナビゲーションペインのフォルダーを参照すれば良いのですが、ナビゲーションペインを非表示にしても、簡単にフォルダーやドライブを移動できる事になります。



情報取得に時間を要する場面では、アドレスバー進捗情報を兼ねています。このグリーンの何かが右に到達すれば完了・・・ というわけではないようです。パソコンの性能にもよりますが、多くの場面でこれを見るのは一瞬です。



表示形式、アドレス、各ペインの表示/非表示によるメリット

例えば、ナビゲーションペインと詳細ペインを非表示にして、一覧ペインとプレビューペインだけを表示します。 さらに、「表示」を「詳細」に変更して、プレビューによるサムネイル表示をしながら複数のファイルのタグ入力や評価を変更できます。



ナビゲーションペインが非表示ですが、新しいアドレスを使えば、デスクトップへの移動が簡単になります。



デスクトップに保管されたビデオファイルを、プレビューペインで再生します。 残念ながら、このプレビューペインでの再生、Windows Media Player の標準で再生できる形式のみとなります。 コーデックパックと ffdshow の組み合わせで Windows Media Player で再生できたとしても、プレビューペインではサムネイル表示だけでコントロールする事はできません。 表示形式、アドレス、各ペインの表示/非表示を組み合わせる事で、作業環境にあった使い方を実現しています。



ユーザーフォルダーの変更

アカウント毎に作成されるフォルダーが保管されているのは、Windows XP では「Documents and settings」でした。 Windows Vista では「ユーザー」フォルダーに変更さています。 Windows Vista にも「Documents and settings」フォルダーは存在していますが、それは「ユーザー」フォルダーにジャンプさせるものです。 これにより、Windows XP 用に作成されたアプリケーションとの互換性を維持すると思われます。



お気に入りリンク

ナビゲーションペインには「お気に入りリンク」と「フォルダーペイン」が混在します。 お気に入りリンクに登録されている項目を全て表示できなければ、「詳細」が表示され、それをクリックするとメニューが拡張されてクリックできます。



「フォルダー」をクリックすると、フォルダーペインが折りたたまれ、「お気に入りリンク」の一覧が表示されます。 再び「フォルダー」をクリックすると、ナビゲーションペインに「お気に入りリンク」と「フォルダーペイン」が混在します。



お気に入りリンクの「ピクチャ」と、フォルダーペインのデスクトップ直下の「ユーザー」アイコンはショートカットアイコンです。 お気に入りリンクの「ピクチャ」の正式な場所は、フォルダーペインのCドライブのユーザーフォルダーのアカウント名フォルダーのピクチャフォルダーとなります。 この二つがリンクされており、お気に入りリンクを使えばピクチャに保管されたファイルの一覧を簡単に表示できます。 フォルダー内でのファイルの追加や削除は、本来保管されているフォルダーと同期しているので、注意が必要です。



お気に入りリンクの登録は簡単です。 例えば、写真が保管されたフォルダーがデスクトップにあり、これを、エクスプローラーの「ナビゲーションペイン」の「お気に入りリンク」にドラッグ&ドロップします。



デスクトップのフォルダーがお気に入りリンクに登録されました。これにより、エクスプローラーを開いて簡単にこのフォルダー内のファイルを参照できます。 もちろん、デスクトップにフォルダーが保管されているのであれば、それをダブルクリックした方が早いです。 これが、階層深く存在するフォルダーの場合、お気に入りリンクの威力を発揮します。 お気に入りリンクをクリックして一覧ペインに表示されたファイルを削除すると、リンク先の大元のファイルも削除されます。



お気に入りリンクから登録を解除する場合は、解除するフォルダーを右クリックして、「リンクの削除(R)」をクリックします。 さらに、「はい(Y)」ボタンをクリックします。



この操作は、大元のフォルダー(この例ではデスクトップに存在する写真が保管されたフォルダー)を削除するのではなく、お気に入りリンクへの登録を解除する意味です。 お気に入りリンクから「公園」フォルダーが削除されましたが、デスクトップの「公園」フォルダーは無事です。

この機能は作業に合わせて上手く利用すれば便利ですが、フォルダー内のファイルが同期しているのを忘れて大切なファイルを削除してしまう可能性もあります。 Windows 7 のエクスプローラーでは、お気に入りリンクはそのままで、新しい共有方法のホームグループに関連した「ライブラリ」と呼ばれる新機能が搭載されています。



インストール初期状態では表示されないファイルやフォルダー

Windows をインストールした初期状態では、ファイルの拡張子、Documents and Settings 内のユーザーアカウント別フォルダ( Windows 2000 / Windows XP )、「ユーザー」内のユーザーアカウント別フォルダー( Windows Vista / Windows 7 )、オペレーティング システムファイルなどが表示されません。 これらの設定を変更する場所が、コントロールパネルのフォルダー オプションになります。

フォルダー オプション



その他

エクスプローラーに専用の検索フォームが搭載されました。フォルダーペインで検索したい場所をクリックして、検索フォームに文字を入力してキーボードの「Enter」キーを押します。 右のスクリーンショットではデスクトップに存在する「公園」と名前の付いたファイルやフォルダーが、一覧ペインに表示されています。 また、フォルダーペインに一時的に作成される検索履歴もあります。 エクスプローラーを閉じると履歴は消滅しますが、右クリックで「保存」を実行する事もできます。 作業が終了するまで頻繁に利用するのであれば、検索結果を保存すると便利です。もちろん、検索履歴は右クリックでいつでも削除できます。



フォルダーペインからネットワーク、コントロールパネル、ごみ箱への移動が可能です。 上部のメニューは、開いている場所により変化します。例えば、「コンピュータ」を開いているときは、「システムのプロパティ」「プログラムのアンインストールと変更」、写真ならば、「スライドショー」「共有設定」「書き込む」など。



エクスプローラの説明 WindowsXP

エクスプローラの説明 Windows7




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項