MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 7:ライブラリ - エクスプローラー 前編

 Windows 7 のエクスプローラーには、ライブラリ機能が搭載されました。ライブラリの使い方は、Windows Live フォトギャラリーのギャラリーの登録と似ていて、Windows Media Player 12 のライブラリへの登録と完全に同じ仕組みになっています。


エクスプローラーはコンピューターにインストールされた Windows が管理する ハードディスクドライブ の領域と、光学式ドライブ、ネットワークに接続された他の端末を一覧表示でき、ダブルクリックすると階層下へ移動できます。Windows がインストールされている場所は C ドライブであり、データ保管用に増設したドライブなど、ファイルの絶対的な位置が分かります。もちろん、ファイルを開くにはアプリケーションが必要ですが(例えば、テキストならメモ帳、音楽ファイルなら Windows Media Player など)、ドライブ、フォルダー、ファイルを表示するのがエクスプローラーです。しかし、 WindowsXP の登場で、エクスプローラーは絶対的な場所を表示するだけでは無くなりました。



フォルダーやファイルの位置を確実に表示できるのは「マイコンピューター」となり、それ以外に「デスクトップ」や「マイドキュメント」などが表示される様になりました。 これは、ある意味ショートカットアイコンに等しく、マイドキュメント配下のフォルダーは、必ずマイコンピューターの中に保管され、それを簡単に参照できる様になっているリンクです。 例えば左はデスクトップの配下のマイドキュメントのサブフォルダー「マイピクチャ」を参照しています。


マイドキュメント マイコンピューターのマイドキュメント


このマイピクチャの保管されている場所は、「マイコンピューター」→「Cドライブ」→「Document and Settings」→「ログイン名」→「My Documents」の「マイピクチャ」になります。 これを展開して表示するよりは、マイドキュメントをクリックして一発で表示できた方が楽なのは当然ですね。 以下はデスクトップをエクスプローラーで表示したスクリーンショットです。デスクトップに置かれているアイコン、フォルダー、ファイルは、「マイコンピューター」→「Cドライブ」→「Document and Settings」→「ログイン名」→「デスクトップ」フォルダーに保管されています。 ログイン名(アカウント)毎にフォルダーが作成されるので、アカウント毎にデスクトップに存在するフォルダーやアイコン、壁紙などが異なっても大丈夫です。


ショーカットデスクトップ 本来のデスクトップの位置


Windows 7 では、さらに複雑になりました。Windows 7 でタスクバーアイコンのエクスプローラーを起動すると、「ライブラリ」と呼ばれる場所が開きます。 従来のエクスプローラーは、「マイコンピューター( Windows 7 では「コンピューター」)」がメインでした。 しかし、Windows 7 からはライブラリを積極的に使わせようとしていると感じます。



ライブラリに登録されているのは「ドキュメント」「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」の 4 つの何か(フォルダーとは言わないと思われます)。 Windows XP の流れで想像すれば、これらはアカウント毎に作成される右のスクリーンショットの場所へのリンクかと思われます。 Windows Vista から「Document and Settings」が廃止され、「ユーザー」フォルダーへと変わりました。 つまり、「コンピューター」→「Cドライブ」→「ユーザー」の「ログイン名」フォルダーにあるアカウント毎のフォルダーかと。

ところが、その考え方は間違っています。以下は初期状態でライブラリに登録された「ドキュメント」「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」に表示されるファイルの位置を示しています。



ドキュメント

初期状態でライブラリ「ドキュメント」が表示できるのでは、ユーザー毎に作成される「マイドキュメント」と、「パブリックのドキュメント」の二つ。


ライブラリ 関連付けられているフォルダー
ドキュメント マイドキュメント + パブリックのドキュメント


ピクチャ

初期状態でライブラリ「ピクチャ」が表示できるのでは、ユーザー毎に作成される「マイピクチャ」と、「パブリックのピクチャ」の二つ。


ライブラリ 関連付けられているフォルダー
ピクチャ マイピクチャ + パブリックのピクチャ


ビデオ

初期状態でライブラリ「ビデオ」が表示できるのでは、ユーザー毎に作成される「マイビデオ」と、「パブリックのビデオ」の二つ。


ライブラリ 関連付けられているフォルダー
ビデオ マイビデオ + パブリックのビデオ


ミュージック

初期状態でライブラリ「ミュージック」が表示できるのでは、ユーザー毎に作成される「マイミュージック」と、「パブリックのミュージック」の二つ。


ライブラリ 関連付けられているフォルダー
ミュージック マイミュージック + パブリックのミュージック

ライブラリの説明をするのは非常に難しく、マイクロソフトのアプリケーションで例えるのが一番かも知れません。



Windows Live フォトギャラリー

例えば、デジタルカメラから取り込んだ写真が「E:\old\2010」に保管されているとします。 これは、E ドライブに作成した「old」フォルダーに、「2010」サブフォルダーを作成して、さらに取り込んだ日付のフォルダーを作成して、そこに写真が保管されています。 この写真を参照するには、フォルダーをダブルクリックして、フォルダー毎に参照する事になります。



Windows Live フォトギャラリーで「E:\old\2010」をギャラリーに登録して、左メニューの「2010」フォルダーをクリックすると、サブフォルダー内の写真が全て右に表示されます。 もちろん、左メニューで日付毎のフォルダーをクリックして、そのフォルダー内の写真だけを表示できますが、検索ワードやフィルターを利用して、保管されているフォルダーを超えて写真を一覧表示する事が可能です。 しかし、これらの写真は Windows Live フォトギャラリーが保管している訳ではありません。 コンピューターの各ドライブに散らばったフォルダーをギャラリーとして関連付けているだけです。



Windows Media Player 12

例えば、管理人は購入したCDをコンピューターに取り込み、「D:\音楽」に保管しています。 これは、D ドライブに作成した「音楽」フォルダーに、さらに Windows Media Player が自動で判別したアーティスト名のフォルダーが作成され、その中にアルバム名のフォルダーが作成され、音楽ファイルが保管されています。 アルバムの内の音楽ファイルを参照するには、フォルダーを何回かダブルクリックして、フォルダー毎に参照する事になります。



Windows Media Player 12 で「D:\音楽」をライブラリに登録すれば、音楽ファイルが保管されているフォルダーを意識せず、楽曲を並べ替えたり、アーティスト毎に一覧表示したり、再生するのに便利な環境となります。 もちろん、音楽ファイルは Windows Media Player 12 が保管しているのではなく、コンピューターの各ドライブに散らばったフォルダーをライブラリとして関連付けているだけです。



器となるアプリケーションは、写真を表示するのに便利な Windows Live フォトギャラリー、音楽やビデオを再生するのに便利な Windows Media Player 12 です。 そして、フォルダーやファイルを表示するのに便利なのがエクスプローラーで、ここにライブラリ機能が搭載された事になります。 アプリケーションにより扱うファイルが絞られますが、エクスプローラーゆえに写真、音楽、ビデオはもちろん、オフィスで作成したファイル、ブックマーク、ショートカットアイコン、インストール不要の実行ファイルなど、全てのファイルとフォルダーをライブラリとして扱えます。




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項