MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ダウンロードとは?

 そもそもダウンロードって何の事?そんな悩みを抱えているあなたに、ダウンロードの意味と実行方法を掲載しています。



ダウンロードとは?

ファィルをネットワーク上に接続されたコンピュータから、自分のコンピュータに移動させる事をダウンロードと呼びます。 良く使われるのは、「サイトから落として下さい」、「あのページに落ちています」、など「落ちる⇔down」と呼ばれる事もあります。



ダウンロードの反対で、ファィルを自分のコンピュータから、ネットワーク上に接続されたコンピュータに移動させる事をアップロードと呼びます。 使われ方は、「ホームページをアップしました」、「ゲームをアップ」しました、などです。

ゲームやソフトウェアの場合の「アップ」は、「アップグレード」の意味でも使われますが、「アップロード」とは全く関係ありません。



ホームページを閲覧する

あなたは今、MB-Support のホームページを閲覧していますね。 実は、これもダウンロードの一つです。

MB-Support のホームページを閲覧していると言う事は、MB-Support の WEB(ウェブ)サーバーにアクセスして、HTML ファイルと画像ファイルを、あなたのコンピュータにダウンロードしている事になります。 サーバーからダウンロードしたファイルを、あなたのコンピュータにインストール(組み込む)された「Internet Explorer」というブラウザが、ホームページを表示しています。基本的にブラウザソフト(「Internet Explorer」や「Netscape」)が自動で処理してくれるので、ダウンロードして実行する事に気をかけずに済みます。



画像をダウンロードする

MB-Support パソコン初心者のサポートページのバナー

1.画像ファィルだけを、自分のパソコンにダウンロードしてみましょう!! 右に表示されているのは、MB-Support のバナーと呼ばれる画像です。 画像に矢印を移動して左クリックして下さい。



2.JavaScript(ジャバスクリプト)と呼ばれるクライアントで処理するスクリプトが有効になっていれば、小窓が開くはずです。 そうでない場合は、ブラウザが開きます。いずれにせよ、新しく開いたバナーの画像にポインタを移動して右クリックしてみましょう。

メニューが表示されたら、「名前を付けて画像を保存(S)」を左クリックします。



3.ダウンロードする場所を指定します。つまり、画像をあなたのコンピュータのどこに保管するかです。 ここではテストなので、分かりやすいデスクトップにダウンロードしてみましょう。

デスクトップに新しいアイコンが表示されれば、見分けがつきますよね? 左メニューで「デスクトップ」を左クリックして、「保存(S)」を左クリックします。 ファイル名は自動で入力されますが、変更する事も可能です。今回は特に変更する必要はないでしょう。



4.デスクトップに「mbsupport」と名前の付いたアイコンが表示されましたね。 ここまでがダウンロード作業になり、次はダウンロードしたファイルを処理します。 ここでの処理とは、ファイルを開く事にで、デスクトップにダウンロードした画像ファイルをダブルクリックしてみましょう。

なお、今回の画像はGIF(ジーアイエフ)形式の画像で、拡張子が「.GIF」となっています。 Windows をインストールした初期状態では、拡張子が表示されない設定になっています。 しかし、今回のテストでは全く関係ない事なので、気にしないで下さい。拡張子を表示させたい場合は以下のリンク先を参考にして下さい。

フォルダ オプション:ワトソンのパソコン教室



5.画像を開く事ができましたね。これでダウンロードと処理が完了しました。



6.最後にデスクトップの「mbsupport.gif」ファイルみポインタを移動して、右クリックします。 表示されたメニューから「削除(D)」を左クリックします。

その他、TXT(テキスト)ファイルをダウンロードした場合は、ダブルクリックする事で「メモ帳」アプリケーションが処理を担います。 MPEG ファイルをダウンロードした場合は「Windows Media Player」などの動画再生ソフトが処理を担います。 この様にダウンロードしたファイルは処理をする事で、一連の作業を終える事が出来ます(ダウンロードしただけでは、意味が無い)。



アプリケーションをダウンロードする

アプリケーションをダウンロードする方法も画像ダウンロード方法と同じです。 違うのはダウンロード後の処理方法で、一般的なのは「.exe」ファイルをダブルクリックする事でインストール(組み込む)が開始されます。 ここで少し紛らわしいのが、拡張子「.exe」ファイルです。 例えば Windows の標準アプリケーション「Internet Explorer」を起動するには、「C:\Program Files\Internet Explorer」フォルダの「Internet Explorer.exe」ファイルをダブルクリックする事で実行できます。


 ダブルクリックで実行→ 


一方、アプリケーションをダウンロードした時にできる「.exe」ファィルをダブルクリックしても、そのアプリケーション自体が起動するわけではありません。 ダウンロードした「.exe」ファイルはインストーラと呼ばれるアプリケーションです。下図ではマイクロソフトのメッセンジャーをダウンロードしてダブルクリックしたところです。 ダウンロードした「Install_Messenger.exe」ファイルをダブルクリックすると、Windows Live Messenger が起動するのでは無く、インストールするアプリケーションが起動するわけです。


 ダブルクリックで実行→ 


インストール作業が終了すると、「C:\Program Files\MSN Messenger」フォルダに「msnmsgr.exe」ファィルが作成されます。 次回からは、こちらをダブルクリックして圧縮/解凍アプリケーションを起動します(通常は「スタート」メニューやショートカットアイコンから起動します)。


 ダブルクリックで実行→ 


上記の微妙な違いが理解できますでしょうか? フリーゲームなどをダウンロードした時、一連の作業が必要になります。ダウンロードするのは「インストーラ」と呼ばれるアプリケーションをインストールするためのアプリケーションであり、インストール後に作成されるアプリケーションが、フリーゲームなどにあたります。



特殊なダウンロード Windows Update

頻繁に行なわれる、ウインドウズの修正プログラムを適用する場合、ファイルをダウンロードしています。「適用」するとは「ファイルのダウンロード」と「ファイルのインストール」の2つを表します。最初にインストーラと呼ばれる実行ファイルをダウンロードして、コンピュータ上で実行する事で、修正プログラムのダウンロードとインストールを実行します。(今度の「インストーラ」は、「インストール」だけでは無く「ファイルのダウンロード」も兼ねて実行します。) または個別の修正プログラムをダウンロードして、後からインストールする場合があります(上記の「圧縮/解凍ソフト」と同じ方法です)。

ダウンロードとインストールが自動の場合

1.インストーラのダウンロード

2.インストーラが自動で実行され修正プログラムのダウンロードとインストールが実行される

ダウンロードが自動で、インストールが手動の場合

1.修正プログラム&インストーラのダウンロード

2.あなたのパソコン上で修正プログラムをインストールする





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項