MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ディスク デフラグの使い方 Windows 7

 断片化したハードディスクを修復するツール「ディスク デフラグ」は、Windows Vista では陰に隠れた存在となりましたが、Windows 7 でもやはり陰に隠れた存在となります。 しかし、手動設定のオプションが増え、複数のドライブを同時にデフラグ可能になりました。


パソコン、または、Windows を利用する事は、ハードディスクドライブに複数のファイルを作成、削除を繰り返す作業が発生して、ハードディスクドライブが断片化していき、ファイルへのアクセスが遅くなります。これを防ぐ方法は無く、解消する方法が存在します。それが、Windows に付属する「ディスク デフラグ」と呼ばれるツールになります。 デジカメから写真を取り込んだり、いらない写真を削除したりしても断片化は発生しますが、これだけを考えるならば、使用頻度にもよりますが、そんなに頻繁にデフラグを実行する必要は無いと思います。

問題は、ユーザーが意志を持って作成と削除していないファイル群が、Windows を稼働する事で頻繁に発生しています。一時的に保管するファイルや主メモリを使い切った場合にハードディスクドライブに追い出す機能など、個人がアプリケーションで開くファイルではなく、Windows が利用するファイル群です。ブラウザの一時ファイル保管場所「Temporary Internet Files」を専用パーティションに移動したり、仮想メモリを専用パーティションに移動したりで、C ドライブの断片化を緩和する事は可能ですが、何をやってもパソコンを使う以上、断片化は発生すると考えてください。



データは読み出すときも書き込む時も、正しく並んで整理整頓されているのが望ましいのですが、断片化とは整理整頓されていない状態を意味します。 ディスク デフラグは、断片化したデータを一旦空いている場所に移動して、順番に再記録していく動作をします。 この現象は先にも書きましたが、必ず発生する事なので、気にするときりがないとも言えます。 今では、デフラグ作業自体がハードディスクドライブの寿命を縮めているとも言われています。 単純に考えて、断片化を解消するためにデータの移動を繰り返す訳で、結局ハードディスクドライブを必要以上に消耗している事になります。 この問題が露骨にたっているのは、SSD(Solid State Drive)が身近になってからです。ハードディスクドライブより寿命が短いとされる SSD では、デフラグ ツールは御法度になります。 結局、どう対処すれば良いのか分からず、あまり気にせず、適当に気にするようにしてください。



デフラグ ツールにアクセスするには、エクスプローラを開き、コンピューターを表示します。 C ドライブにポインターを移動して右クリックします。表示されたコンテキストメニューの[プロパティ]をクリックします。 なお、C ドライブ以外でも構いません。



プロパティが表示されたら、「ツール」タブをクリックして、「最適化する(D)」ボタンをクリックします。 このボタンを押すと、デフラグが開始されるわけでも、選択したドライブに適用されるわけでもありません。単純に、デフラグ ツールにアクセスするだけです。



ディスク デフラグ ツールが起動できました。 Windows インストール初期状態でスケジュールが設定されているので(自動実行)、これを変更する必要があります。 スケジュールは、パーティション毎に実行の有無を選択できるので便利です。 一般的にこの画面で注目するべきところは、「現在の状態」と思われます。現時点での断片化の状況、最後にデフラグを実行した日時が表示されます。 パーティションを選択して「ディスクの分析(A)」ボタンをクリックすると良いでしょう。 断片化のパーセンテージが大きければ、「ディスクの最適化(D)」ボタンでデフラグを実行します。



まず、「スケジュールの構成(S)」ボタンをクリックした場合。推奨になっているのは、「スケジュールに従って実行する」です。 このチェックを外せば自動実行は避けられますが、パソコンに接続されている記憶装置が SSD だけとは限りません。 パーティション毎に自動実行の有無を指定するには「ディスクの選択(S)」ボタンをクリックします。 自動実行の詳細設定は、「頻度」「日」「時刻」です。右は Windows インストール初期状態の設定となります。



「ディスクの選択(S)」ボタンをクリックすると、パーティション毎にスケジュールに含めるか否かを選択できます。 Windows インストール初期状態では、すべてのディスクが選択されていますが、SSD が存在するならば、このチェックをクリックして外し、さらに SSD のチェックを外します。ハードディスクドライブに関しては、自動実行のままで良いでしょう。 管理人は SSD を使った事がないので、スクリーンショットではハードディスクドライブしか認識されていません。



分析→断片化の解消と作業が進むので、デフラグを実行するならば、パーティションを選択して「ディスクの最適化(D)」ボタンをクリックします。



Windows Vista では進捗情報が不明でしたが、Windows 7 では進捗情報を参照できます。 さらに、一つのパーティションの作業が終わる前に、複数のパーティションを同時にデフラグできます。



おそらく、Windows 7 のデフラグツールは、市販のデフラグツールより強力では無いと思われます。 よく言えば、やり方が異なっていると思われます。忘れましたが、英語版 Windows 7 のブログで解説されていました。 これは、断片化はディスクが回転して、そこに記録する機器の性質上( SSD はこれに含まれない )、必ず発生するもので、徹底的に実行しても次の瞬間から断片化が始まります。 断片化を解消する作業でもハードディスクドライブが消耗する訳で、当り障りの無いようなポジションで作業していると思われます。





Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項