MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ディスク デフラグの使い方 Windows Vista

 Windows Vista で断片化したハードディスクを修復する方法。 Windows Vista にも断片化を解消するアプリケーション「デフラグ」が付属されていますが、ではそれまでの Windows と異なり、断片化情報や進捗情報が分からないです。スケジュールして常日頃バックグランドで稼働する傾向にあります。


パソコンは、 ハードディスクドライブ にデータを書き込んで保管したり、消去したりを繰り返しています。 保管と言っても、長く保管する事を目的とするものもあれば( Windows などのシステム本体やアプリケーション、写真、ビデオなど)、何かをするために一時的に保管されるデータもあります。 これは、パソコンを利用していれば、常に行われている作業です。この作業を繰り返す事で、ハードディスクドライブは断片化していきます。 断片化が進むと、超断片化となり、断片化するにつれてハードディスクドライブからデータを読み込むのが遅くなります。 結果、パソコンを購入した時、または、OS を再インストールした直後より快適では無いと感じる様になります。

快適性を維持するには、ハードディスクの断片化を修復する作業が必要になります。 Windows Vista(ウインドウズビスタ)には、「デフラグ」と呼ばれるツールがそれになります。 パソコンを利用する度に断片化は進行するので、デフラグもある程度の期間をおいて実行する必要があります。



デフラグを実行する方法

エクスプローラを表示します。 キーボードの「Windows」キーと「E」キーを同時に押します。 例えば、右は Windows がインストールされたドライブと、それ以外にハードディスクドライブと光学式ドライブが存在します。 ドライブは、物理的に存在しているとは限らず、1つのハードディスクドライブに2つパーティションを作成しているかも知れません。 しかし、Windows を利用しているのであれば、C ドライブは確実に存在するはずです。ローカルディスク(C:)にポインタを移動して、右クリックします。



右クリックで表示されたメニューから、「プロパティ(R)」を左クリックします。



上部に表示された「ツール」タブを左クリックします。



ここに、ドライブに関するツールが一覧表示されます。 「最適化」とあるのが、今回利用するハードディスクドライブの断片化を解消するツールです。 デフラグを実行するには管理者権限が必要となります。「最適化する(D)」を左クリックすると、画面が真っ暗になります。 「続行」または、管理者権限のパスワードを入力します。



Windows XP と比べると、かなり簡素になりました。 この画面での機能は二つで、スケジュールを指定して、自動でデフラグを開始する設定と、今すぐ最適化するボタンがあります。 まずはスケジュールに関してみてみましょう。 「スケジュールどおりに実行する(推奨)」にチェックを入れ(左クリック)、「スケジュールの変更(M)」ボタンを左クリックします。



スケジュールで指定できるのは「頻度」「日」「時刻」の3つ。頻度は「毎日」「毎週」「毎月」の3つが選べ、一般的には「毎週」、または、「毎月」に設定すれば良いでしょう。

「日」は、頻度で「毎日」を指定した場合は選択出来ません(毎日実行されるので当然ですね)。「毎週」指定した場合、月曜日から日曜日の範囲。「毎月」を指定した場合、日付で指定できます。

「時刻」は、0:00 から 23:00 の範囲で1時間毎に指定できます。 スケジュールを確定するには、「OK」ボタンを、設定を破棄するには「キャンセル」ボタンを左クリックします。



次は、ボリュームの選択です。発売当初の Windows Vista では、ドライブを指定する事ができませんでした。 これは、Windows Vista SP1 から可能になります(無料でダウンロードしてインストール可能)。 ハードディスクドライブ、または、パーティションが複数ある場合、「ボリュームの選択(S)」ボタンを左クリックします。



ここに表示されるものは、環境により異なります。 管理人の場合は2つのハードディスクドライブを接続しているので、「C:(Windowsがインストールされているドライブ)」「ボリューム(D:)」の二つと、この二つを意味する「すべてのディスクを選択」が表示されています。一般的には「すべてのディスクを選択」で良いでしょう。 特定のドライブだけをスケジュールに沿ってデフラグを実行する場合は、そのドライブだけにチェックを入れます。 チェックを入れたり外したりするには、左クリックします。また、「新しいディスクを自動的に最適化(U)」にチェックを入れておいて良いでしょう。

スケジュールを確定するには、「OK」ボタンを、設定を破棄するには「キャンセル」ボタンを左クリックします。



以上で、デフラグのスケジュールが完了しました。これで断片化を意識せずにパソコンを利用し続けられます。 スケジュールを無効にする場合は、「スケジュールどおりに実行する(推奨)」のチェックを外します。 この場合、常に手動でデフラグを実行する必要があります。手動で実行するには、デフラグツールを起動して、「今すぐ最適化(N)」ボタンを左クリックします。



スケジュールの時と同じですが、Windows Vista SP1 からデフラグするボリュームを選択できます。「OK」ボタンを左クリックすれば、デフラグが開始されます。



デフラグ実行中の画面が右。Windows XP との違いは、詳細情報も進捗情報も分からないところ。 実行したら、右上の「×」を左クリックして構いません。途中でキャンセルする場合は「最適化のキャンセル(C)」ボタンを左クリックします。 すべてのドライブを指定した場合、C ドライブが終了してから自動で次のドライブがデフラグされます。 複数のドライブを同時進行する事はできません。また、デフラグ中は通常作業が行えます。

デフラグに掛かる時間は、指定したドライブの数、各ドライブの容量、断片化の進行状況、ハードウェアの性能により異なります。 断片化の詳細情報が表示さない件に関しては、こう考えれば良いのでは?

「表示されたところで、何ができるのか?」

もし、ディスクの空いている部分にドラッグアンドドロップでデータを移動できるなら、詳細情報も役に立ちますが、ただ断片化を色分けされても何もできない。

進捗情報が表示されない件に関しては、こう考えれば良いのでは?

「どのみちメンテナンスとしてやらなければならないのだから終了したパーセンテージを分かっても意味が無い」

進捗情報に関しては、納得できないかも知れません。例えば、ハードウェアの性能です。 もし、性能が低いパソコンを利用している場合、デフラグ中に他の作業を実行できるものの、快適とは言えなくなります。 そこで、デフラグが終わるのを待つわけですが、その場合は進捗を把握できた方が便利です。 ただ、途中でデフラグをキャンセルしたとしても、その時点までのデフラグは有効なので、断片化は完全ではないものの、実行したところまでは解消されています。



デフラグは通常作業の合間にやるよりも、バックグラウンドで稼働して、通常作業と同時に進行しても問題が無いパソコンが望ましいと思います。 管理人はインテルのクワッドコア( 4 コア )プロセッサ Q6600、DDR2-800 2 GB( デュアルチャンネル )メモリ、500 GB SATA ハードディスクドライブの環境で作業していますが、デフラグやウイルススキャンを実行しても、通常作業を待たされる事はありません。 右は Windows Media Center の最高画質でテレビ録画しつつ、Windows Live OneCare のチューンアップを実行している状態。

しかし、ウイルススキャンならまだしも、デフラグにコア数が関係あるのだろうか? 無いとも言い切れませんが、デフラグを実行中でも快適な動作となる秘密は、ハードウェアの性能だけではなさそうです。 つまり、Windows Vista でのデフラグは、通常作業を優先するのかも知れません。 メモリ管理はそうなっているはずですが、正直なところ真相は不明です(何をやっているか、どこまで進んだか分からないし)。 保管先 C ドライブでキャプチャー中にデフラグを実行したところ、チューンアップは C ドライブのデフラグを完了する事なく、D ドライブへと移行しました。 しかし、スキャンディスクも含め、キャプチャーしたテレビ放送に問題は見られません。 つまり、稼働したとしても特に気にする必要はないみたいです(地デジなら分からない)。



管理人はセキュリティ対策とメンテナンスが合体した、Windows Live OneCare を利用していますが、ウイルススキャンとメンテナンスを定例で実行するチューンアップに、デフラグ作業も含まれます。このデフラグ作業が、何度やっても「最適化が一部完了しました」になります。望ましいのは「最適化が完了しました」であり、「一部」だと完璧ではありません。レポートによると、過度のディスク断片化により、不完全なまま2台目のドライブへデフラグが進んでいます。ハードディスクドライブの空き容量が少ない場合は、こうなっても仕方無いのですが、半分以上ある場合は疑問です。

そこで、Windows Vista からデフラグを実行して( Windows Live OneCare でメンテナンスをスケジュールしてあるので、OS のデフラグスケジュールは無効にしています)、再びチューンアップを実行しましたが、結果は同じでした。このままでは・・・永遠に断片化が解消されない。

実は、デフラグを実行するにはディスクにエラーが無い状態にする必要があります。もし、何度やっても完了出来ない場合は、スキャンディスクを実行してから、再度デフラグを実行します。


スキャンディスクを実行する方法 (Windows 7、Vista)


Windows Live OneCare を利用しているのでデフラグが完了していない事が分かりましたが、そうでない場合は Windows Vista で確認するのは難しい。そこで次はコマンドプロンプトからデフラグを実行してみましょう。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項