MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ディスク デフラグの使い方 Windows 98 / Windows ME 編

 ハードディスク断片化を修復する方法


パソコンを長く使用していると、 ハードディスクドライブ に記録されたデータが断片化します。 断片化はアプリケーションのインストール、アンインストール、ファィルの作成、削除をするたびに肥大化していきます。 断片化すればするほど、アプリケーションの起動や、データへのアクセス速度が低下するので、常日ごろからメンテナンスを心がけましょう。



Windows にはボリュームを最適化して、コンピュータをより速く、効果的に動作させるため、ハードディスク断片化を修復するツール「ディスク デフラグ」が初めから付属しています。

このページではデフラグツールの使い方を説明します。付属するデフラグツールは、Windows 98 / 98SE / ME と Windows 2000 / XP で違います。 使用している Windows が 2000 / XP の場合は、下のリンク先を参照して下さい。 このページでは Windows 98 / ME のディスク デフラグツールの使い方を説明します。

ディスク デフラグの使い方 Windows 7

ディスク デフラグの使い方 Windows Vista

デフラグツールの使い方 Windows 2000 / XP



Windows 98 / ME のデフラグツール

1.「スタート」ボタンを左クリックして「プログラム」に矢印を移動します。 右にメニューが表示されるので、「アクセサリ」に矢印を移動します。 さらに「システムツール」に矢印を移動させて「デフラグ」を左クリックします。



2.「ドライブの選択」画面が表示されたら、最適化したいドライブを選択して「OK」を左クリックします。



3.最適化が開始されました。下の帯が 100 % になればデフラグ終了です。



「詳細を表示(D)」を左クリックすると、最適化作業を平面図で見る事が出来ます。白い部分がハードディスクの空いている部分です。 データとデータの間に、白い部分が沢山ある場合は、ハードディスクの断片化が多い事になります。この断片化を無くす事により、データのアクセススピードが向上します。



デフラグが中断されてしまう場合

最適化の途中でエラーが発生して、最初からやり直しになる場合は、Windows のバックグラウンドで何かプログラムが動いています。



これを回避して正常らデフラグを終了するには、2 つの方法があります。一つは、デスクトップ右下の常駐アイコンをすべて終了させて、常駐プログラムが動かない様にしてしまう方法です。 セキュリティソフトも停止させる必要があるので、常時接続回線の場合は、LAN ケーブルも引っこ抜く必要があります。

もう一つは、セーフモードで Windows を起動して最適化を実行する方法です。 こちらも LAN ケーブルを引っこ抜きますが、前者より確実です。



1.パソコンの電源を入れ「F8」キーを押しっぱなしにします。 すると、いつもの Windows 画面では無く、「スタートアップメニュー」が表示されます。 キーボードの矢印キーで、3 番の「seaf mode」を選択して「enter」キーを押します。



2.ご使用のキーボードの選択します。一般的には「半角/全角」キーを押します。



3.警告が表示されるので「OK」を左クリックして下さい。 Windows がセーフモードで起動します。画面表示に違和感があると思いますが、セーフモードで起動しているので問題ありません。 念のため、LAN ケーブルを引っこ抜いて下さい。



4.ここで最適化を起動して実行して下さい。 終了すればプロパティが表示されます。 C ドライブの他にもハードディスクがある場合は、そちらも実行して下さい。 全て終了したら、「スタート」→「終了」を選択して、セーフモードを終了させましょう。 次回からは通常モードで Windows が起動します。



実は製品版のデフラグが購入できます

デフラグツールの正式名称は「Diskeeper(ディスキーパー)」です。 相栄電器株式会社から発売されています。Windows 98 / ME 付属のデフラグとは違い、別の作業を進行中でも最適化が可能な事です。

例えば最適化を実行しながら、Internet Explorer でホームページを閲覧できますし、ワープロソフト等を使用しても、中断される事はありません。 一番大きな点は同時に複数のディスクをデフラグ可能な事です。 C ドライブが終わるの待つ事無く D . E も同時デフラグができます ( 右上のスクリーンショット は、3 つのハードディスクドライブを同時にデフラグしています。 ちなみに一般的には必要ないですが、サーバー版は16まで同時進行が可能です)。

Diskeeper



市販のツールの最大のメリットは、複数のドライブを同時に最適化できる事であり、それ以外の点においては、他社との差別化が強くなり、必要以上にデフラグを推奨する形になりがちです。

もちろん、必要以上に気を使わなくてはならないユーザー、例えば、ビデオキャプチャーで複数の番組を同時録画したり、頻繁に圧縮作業をするユーザーには、これらの製品が求められます。 なぜならば、1 つのファイルが何 GB(ギガバイト)にもなる大きな動画ファイルの作成、削除を繰り返すからです。 しかし、一般的にパソコンを利用するユーザーは、少しやり過ぎかもしれません。

このページを掲載した頃は、市販のデフラグソフトがとても良く感じていましたが、最近は日常的に何気なく、もしくは、ユーザーが意識する事なく断片化を処理してくれるソフトの方がおすすめです。



たとえば、右はマイクロソフトが販売するセキュリティ対策とパソコンのメンテナンスが可能なソフトです。 1 本で 3 台までのパソコンにインストールでき、とても経済的なのですが、それよりもユーザーに分かりやすく、何気なくこれらの事が実行可能な点が魅力です。

Windows Live OneCare では、メンテナンスのカテゴリに、ハードディスクの断片化を修復する機能があります。 もちろん、デフラグ専用ソフトに比べれば、性能は低いと思われますが、日常でパソコンを利用する自然な動作でケアする事が可能です。

傾向としてセキュリティ対策ソフトもそうなのですが、ユーザーの多くは、パソコンを利用する理由としてデフラグやウイルススキャンをするのが目的ではありません。 仕事やホビーが優先であり、むしろメンテナンス作業は地味なところで動いてくれた方がありがたいと感じます。

しかし、専用ソフトの現実は、高機能でパソコンのパフォーマンスを奪い、かなり目立った存在になりがちです。 これからも、生存競争をかけてこの傾向は強くなるでしょう。先にも書いた通り、これらのソフトが必要なユーザーが存在するのも確かです。 しかし、普通にパソコンを利用しているであれば、なるべく地味に動いてくれるソフトを選択するのがポイントではないでしょうか?




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項