MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

USB フラッシュ ドライブと同じように使用する

 メディア(CD、DVD)に音楽、ビデオ、データを保存する方法


[ページ数: 4 / 4] 戻る 1 2 3 4

前回 の続きです。 必要ならディスクタイトルを入力して、「USB フラッシュ ドライブと同じように使用する」をクリックして、「次へ」ボタンをクリックします。 CD-RW 、DVD-RW などの書き換え可能ディスクで実行した場合、後で消去して再び選択可能になります。



フォーマットされるので待ちます。



書き込み可能な状態になりました。



「CD/DVD プレイヤーで使用する」とは異なり、ファイルをドラッグ&ドロップすると、書き込みが開始されます。 エクスプローラーで ハードディスクドライブ にファイルを追加したり、削除する操作に似ていますが、保管場所がメディアであるため、書き込み作業が必須となり、速度もハードディスクドライブとは異なります。



CD-RW 、DVD-RW ならば、ファイルの一括消去、個別削除が可能です。 削除したいファイルやフォルダーを右クリックして、「削除(D)」をクリックします。



削除が完了しました。再び、ファイルをドラッグ&ドロップすれば、追記できます。




セッションを自動的に閉じる機能を制御する

複数のセッションで書き込み可能なディスク (CD-R、CD-RW、DVD+R、DVD-R、BD-R などのマルチ セッション ディスク) やシングル セッション ディスク (DVD-RW、DVD+RW、DVD-RAM、DVD+R DL、DVD-R DL、BD-RE ディスクなど) を取り出すと、既定でディスク セッションが閉じられます。 セッションを閉じる度に、約 20 MB のディスク領域が使用されます。他のコンピューターやデバイスで動作させるには、セッションを閉じる必要がありますが、同じパソコンで頻繁に追記や削除をする目的なら、最終段階でセッションを閉じれば良いと考えます。



変更するには、エクスプローラーを開き、光学式ドライブを右クリックして、「プロパティ(P)」をクリックします。



プロパティが表示されたら、「書き込み」タブをクリックして、「共通の設定(G)」ボタンをクリックします。



「マルチ セッション ディスクを取り出すとき(M)」をクリックしてチェックを外し、「OK」ボタンをクリックします。さらに、コンピューターを再起動します。



一般的には、セッションが閉じられていない場合、他のパソコンでは読む出す事ができないとあります。 環境により異なると思いますが、管理人がテストしたところ、 Windows7(ウインドウズ セブン) Professional 64ビット版で作成したセッションの閉じられていない DVD-RW が、Windows 7 Home Premium 64 ビット版がインストールされたパソコンでも普通に読めました。

セッションを手動で閉じる場合はどうすれば良いのか? マイクロソフトの公式サイトは以下。ドライブを右クリックして「セッションを閉じる」をクリックするとあります。

CD または DVD を閉じる、または最終処理する



しかし、現実は厳しく、そんな言葉は見あたりません。マイクロソフトの公式サイトの説明が間違っているとも思えません。 とすると、こちらの解釈が異なるのでしょうが、私の購入した参考書にはさらっと流されています。 本屋で同じ様な参考書を見てみましたが、ほとんどこの件に関しては流されています。



作業中は気がつきませんでしたが、撮りためたスクリーンショットに「セッションを閉じる」ボタンが表示されたものが存在しました。しかし、ディスクには何も保管されておらず、この状態でセッションを閉じても意味がありません。 その後、このボタンを再現する方法が見つかりません。本来、セッションを自動で閉じない設定にした場合、このボタンが常に表示されてくれないと利便性を損なうのですが・・・



もちろん、セッションを閉じる方法が無いわけではありません。光学式ドライブを右クリックして、「プロパティ(P)」をクリックします。「書き込み」タブをクリックして、さらに「共通の設定(G)」タブをクリックします。 「シングル セッション ディスクを取り出すとき(S)」をクリックしてチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックして、コンピューターを再起動します。その後、適当なファイルをディスクに書き込み、ディスクを取り出せばセッションが閉じられます。 つまり、使い勝手が悪いので、セッションを自動で閉じない設定にした後、最終的にセッションを閉じるために、再び自動的にセッションを閉じる設定に戻して、取り出す事でセッションを閉じられます。しかし、こんな不便なやり方しかないものか?



通常、ライティングソフトで閉じるか否かを常に選択できます。



もちろん、「CD/DVDプレイヤーで使用する」を選択した場合でも追記は可能です。



対応しているプレイヤーでの特殊な再生

Windows Media Player 12 で音楽CDを作成すると、ほとんどのプレイヤーで再生できますが、MP3 に対応したプレイヤーならば、データとして DVD-R に MP3 を直接焼くことも出来ます。 これのメリットは、高圧縮された MP3 音楽ファイルを、4.38 GB ほど記録できるところ。 記憶領域で判断するので、一概に曲数を提示するのは困難ですが、例えばアルバム1枚を Windows Media Player 12 で取り込んだ時、MP3 の最高品質を指定して 144 MB ほどになるとします。 単純計算で、CD-R( 700 MB )ならば、約 4.86 枚のアルバムを保管できます。DVD-R 4.38 GB ならば、約 30 枚のアルバムを保管できる事になります。



対応する DVD プレイヤーやレコーダーで DVD-R を再生すると、右の様になります。 DVD-R に MP3 の音楽を保管すると、大量になることが予想され、アルバム毎にフォルダー単位で保管するのが無難です。 「CD/DVDプレイヤーで使用する」を選択して追記できます。管理人がテストで購入したプレイヤーの説明書には、 DVD-RW も再生できるとありますが、MP3 を記録した DVD-RW は再生できませんでした。 DVD メーカーで作成した DVD-RW は再生できました(しかし、これは動画と写真のスライドショーです)。



同じく、「CD/DVDプレイヤーで使用する」を選択して、DVD-R にデジカメで撮影した写真(jpg)をそのまま焼いてみました。 通常、このメディアはコンピューターでは普通に表示できます(OSが異なると、フォーマットが対応していない)。



再生プレイヤーで、jpg 画像に対応してれば、こちらも音楽と同じく家電プレイヤーで写真を表示する事ができます。DVD メーカーとの違いは、解像度を維持できる事です。



ただし、管理人がテストで購入した DVD プレイヤーは、HDMI 端子を搭載しておりません。 よって、フル HD 液晶ディスプレイに適した解像度は維持できません。 フル HD 出力できるプレイヤーでは、おそらく、解像度もフル HD になると思われます。 ブルーレイレコーダー Panasonic DMR-BW850は、もちろんフル HD 出力に対応していますが、こちらは MP3 や jpg に対応していないため、確認する事ができませんでした。 写真もフォルダー分けして焼くのが無難ですが、音楽と同じくタイトルが文字化けする可能性があります(再生プレイヤーの性能次第)。

DivX 対応プレイヤーであれば、コーデック DivX を使ってエンコードしたビデオをメディアに記録して、そのまま再生できる事になります。 いずれにしても、データとして焼かれたメディアは、コンピューターで利用するのを前提として、家電プレイヤーでは互換性が複雑です。 以上、ディスクを閉じる、閉じないの穴はありますが、今回のテストで分かった事はこれだけです。Windows 7 では BD-R や BD-RE も同じ様に焼けますが、今回は試していません。 いずれにしても、管理人は DVD-RAM を使っており、DVD-R を使い捨てのバックアップに使っています。映像や写真をメディアに残して、それをパソコン以外で再生を試みるのはテストの時だけで、普段はやっていません。



追記:2012年5月27日

「USB フラッシュ ドライブと同じように使用する(ライブ ファイル システム)」で、焼き終わったメディアを取り出すときにセッションを閉じると、次に入れたときに追記ができない問題は、管理人も納得できなかったところです。一度取り出しても追記ができることをコメントで指摘され、もう一度試してみました。

結果は、コメントで指摘された通り、DVD-RWを「USB フラッシュ ドライブと同じように使用する」でフォーマットすると、USBメモリと同じ要領で追記したり削除したりできました。 Windows 7 では、他のコンピューターで開ける様に、メディアを取り出す度に自動でUDF(Universal Disk Format)セッションを閉じます。 これにより、他のWindows 7がインストールされたコンピューターでも、追記と削除ができました。

これが可能である現在、 CD-RW やDVD-RWの「USB フラッシュ ドライブと同じように使用する」はとても便利です。他のパソコンで使わない場合は、セッションを閉じる必要はありませんが、自動処理で閉じても問題はありません(閉じる度に20MBのディスク領域を失う)。 マルチ セッション ディスクはCD-R、CD-RW、DVD+R、DVD-R、BD-R など。シングル セッション ディスクはDVD-RW、DVD+RW、DVD-RAM、DVD+R DL、DVD-R DL、BD-RE ディスクなどです。

なぜ、管理人の環境では出来なかったのか? それは分かりません。この日記を書いたときと、現在の環境の違いは、SP 1を適用したことくらいです。

Windows 7のヘルプを参照した結果: ライブ ファイル システムとは、CD および DVDの作成に使用できるファイル記憶域システムで、このシステムでフォーマットされたディスクは、ファイルを一度の作業で全て書き込むのではなく、いつでもディスクに書き込めます。 セッションを閉じるとは、CD または DVDを別のコンピューター、または、デバイスで使用できようにするための作業です。ディスクに空き容量があるならば、ディスクを閉じた後もファイルを追記できます。 エクスプローラーを使用して CD または DVD を書き込むと、セッションは閉じますがファイナライズ(それ以上、追記できないようにする)はされないみたいです。Windows DVD メーカーや、Windows Media Playerで音楽CDを作成したときは、ファイナライズされます。

コメントしてくれた ST さんに感謝します。




戻る 一覧表示 次へ


[ページ数: 4 / 4] 戻る 1 2 3 4

Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項