MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

メディア(CD、DVD)に音楽、ビデオ、データを保存する方法


[ページ数: 1 / 4] 1 2 3 4 次へ


光学式メディア( CD 、DVD 、Blu-Ray など)に、パソコン内のデータ(フォルダー、音楽、ビデオ、テキストなどを含むファイル)を記録するには、対応するドライブとメディアとライティング機能(ソフト)が必要です。 ドライブは書き込みに対応したものが必要で、再生専用では記録する事はできません。 また、Blu-Ray が再生対応で、DVD や CD が書き込み対応など、ドライブとメディアによって可/不可があります。



メディアは、再生専用を省いて書き込めるものは、CD-R、CD-RW、DVD-R、DVD-RW、DVD-RAM、DB-R、DB-RE などがあります。他にもありますが、2 層は省いて一般的なものを挙げました。 今回、Blu-Ray(ブルーレイ)は扱いませんが、これらのメディアの容量や互換性などの詳細は、以下のサイトで確認できます。

CD/DVD 形式の選択

CD:シーディー(Compact Disc:コンパクトディスク)
DVD:ディーブイディー(Digital Versatile Disc:デジタルバーサタイルディスク)
BD:ビーディー(Blu-Ray Disc:ブルーレイディスク)



「○○-R」の「R(アール)」は、Recordableの略で、記録可能な、または、書き込み可能な何かを意味します。 「DVD-R」なら、書き込み可能な DVD です。記録、または、追記が可能ですが、記録したデータを削除する事ができません。 「○○-RW」の「RW(アールダブリュー)」は、ReWritable の略で、書き換え可能な、または、オーバライドできる何かを意味します。 「DVD-RW」なら、書き換え可能な DVD です。一度記録したデータを追記したり、削除したりできます。 この二つは、CD 、DVD 、BD に共通して使いますが、この他に「DVD-RAM(ラム)」と呼ばれるメディアがあります。 DVD-RAM は書き換え可能で、その作業内容が、フラッシュメモリや ハードディスクドライブ を扱う方法に類似しており、パソコンのデータを扱うのに便利な記録メディアです。

今回、地デジ関連とBlu-Rayは省くので、最低限の知識だけでメディアに記録する方法を紹介します。 この場合、メディアが、CPRM( Content Protection for Recordable Media )に対応しているかは関係ありません。 パソコンでアナログ放送を録画して、Windows Live ムービー メーカーなどで CM をカット。 そのビデオを家電 DVD プレイヤーや他のパソコンで再生する場合も関係ありません。 最低限の知るべき事は、メディアの「R」と「RW」と、CD / DVD 形式の選択のページに掲載された、各メディアの記憶容量になります。



聞かれる事が多いのは、「何曲入るの?」と言う質問です。 これは、「この箱にチョコレートが何個入るの?」と聞いている様なものです。 チロルチョコなら小さいので沢山入るかも知れませんが、普通サイズの板チョコなら、チロルチョコよりは入りません。 しかし、箱の面積は変りません。これが、そのメディアの記録できる容量となります。



音楽、または、ビデオは、家電のプレイヤーで再生するための記録方法と、ドキュメントやフォルダーなどと同じで、データとして記録する方法があります。 家電プレイヤーでの再生を意識するならば、音楽、または、ビデオは、容量=時間となります。 データとして記録する場合は、時間で見積もるのは不可能です。その音楽やビデオが、どれくらいの品質で作成されているかにより異なります。 高画質、高音質であれば、容量が大きくなり、低画質、低音質であれば、容量が小さくなります。 つまり、データとして記録する場合は、時間で見積もる事はできません。



ライティング機能は、データをメディアに書き込む、または、削除するためのソフトウェアですが、 Windows7(ウインドウズ セブン) には標準付属となります( Windows Vista も同じ )。 ライティングソフトで保管する場合は、メーカーにより異なるので説明しきれません。 今回は、Windows 7 Professional 64bit に付属するライティング機能を利用してみます( 個人的には、市販、OEM のライティングソフトばかり使っていたので、標準機能の使い方を知りませんでした )。



空のメディアを挿入した時のアクション

Windows 7 には、「自動再生」機能が搭載されており、メディアを挿入すると自動で認識して、次のアクションを問われます。 空のメディアを挿入した場合、「ファイルをディスクに書き込む」「DVDビデオディスクの書き込み( DVD の場合 )」「オーディオCDの書き込み( CD の場合 )」が表示されます。 もし、次に説明するデータとして書き込む場合は、「ファイルをディスクに書き込む」をクリックしますが、次に説明する作成するディスクの種類を理解してから選択した方が無難です。 次回からは、この選択画面で DVD を作成するのか、オーディオ CD を作成するのか、データを書き込むディスクを作成するのか選択します(良く分からない場合は、右上の「×」ボタンをクリックして閉じます)。

この表示が出ない場合でも、エクスプローラーや個々のアプリケーションから、ディスクに書き込めます。 この表示は、Windows の「自動再生」であり、この設定方法は以下のページに説明してあります。

自動再生の変更方法:Windows 7



空のディスクに関係する項目は、右のスクリーンショットの赤枠になります。



エクスプローラーでドライブを確認する

光学式ドライブは、エクスプローラーで確認できます。「スタート」ボタンをクリックして、「コンピューター」をクリックします。



右のスクリーンショットで、光学式ドライブにメディアが挿入されていない場合が上です。 ドライブやコンピューターにより、ドライブ名やドライブ文字は異なります。メディアを挿入した場合が下です。 メディアや記録方式によりアイコンが異なります。また、空き領域、合計サイズが表示されます。 スクリーンショットでは、アイコンに「DVD-RW」と表示されているので、挿入されているメディアは書き換え可能な「DVD-RW」だと判断できます。 このメディアに付けられた名前は「3 18 2010」だとも分かります。 このメディアの記憶容量は、4.37 GB で、現在の空き容量は 4.10 GB となっています。 つまり、単純な計算では、4.37 GB - 4.10 GB = 0.27 GB、270 MB ほどのデータが記録されている事が分かります。


音楽CD 記録可能なCD-R 書き換え可能なCD-RW ビデオDVD 記録可能なDVD-R 書き換え可能なDVD-RW 書き換え可能なDVD-RAM


記録したメディアが DVD でも、ハイビジョン画質のビデオを記録すると、BD 、つまり、ブルーレイと認識されます。 これを再生するには、ブルーレイドライブと対応したプレイヤーソフトが必要になります。 また、この形式で書き込むのも、対応したソフトやドライブが必要になります。 少なからず、ケースから取り出したメディアの種類が判別できないのであれば、ドライブに挿入してコンピューターを参照すれば判断できる訳です。



詳細ペインより詳しい情報を確認したい場合は、ドライブを右クリックして表示されたコンテキストメニューの「プロパティ(R)」をクリックします。




戻る 一覧表示 次へ


[ページ数: 1 / 4] 1 2 3 4 次へ

Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項