MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ファイル、フォルダーの保存(新規、上書き、統合)


「保存」には、「新規」と「上書き」があります。「新規」は、文字通り新しく保存しますが、例えば、Wordやメモ帳などを起動して、何か文章を入力したとします。この時点では、まだファイルとして保存されている訳ではありません。アプリケーションである「Word」や「メモ帳」を閉じてからも、今回入力した文章を呼び出したい時は、ファイルを保存する必要があります。



例えば、右はメモ帳を起動して、ファイルとして保存する場合です。「ファイル」→「名前を付けて保存(A)」をクリックします。もちろん、文章が入力されていても、されていなくても、ファイルとして保存できます。



保存する場所と名前を指定します。今回は、デスクトップに保存してみます。デスクトップを指定して、「ファイル名」を入力して(今回は「新規テキスト」と入力してみました)、「保存(S)」ボタンをクリックします。



デスクトップに、新しいファイル「新規テキスト」が保存されました。これは、「新規」に保存したファイルです。今回は、メモ帳を起動して文章を何も入力しませんでした。



文章が入力されていない、とりあえずファイルを新規作成するには、デスクトップで右クリックして「新規作成(X)」→「テキスト ドキュメント」をクリックするのと同じです。



名前は勝手に付けられてしまいますが、作成してから変更すれば良いでしょう。アプリケーションを先に起動して新規保存するか、アプリケーションを指定してファイルを新規保存するかの違いです。



次は、「上書き」を試してみます。アプリケーション「メモ帳」を起動して、まだファイルとして保管されていない状況だとします。この状態で、「ファイル」→「上書き保存(S)」をクリックします。



アプリケーションを起動しただけで、ファイルが保管されていない状態で「上書き保存」はできません。が、特にエラーになる事もなく、単純に「名前を付けて保存」と同じ動作になります。



次は、ファイルが保管された状態で、「上書き」を実行してみます。上書きは、ファイル名が同一(ここでは「新規テキスト」)です。文章が入力されていても、されていなくても、元の状態のファイルを、新しい状態のファイルに保存します。文章に変化があれば、それを保存します。



文章に変更を来たすので、確認が表示されます。今回実行した変更を保存しないのであれば「いいえ(N)」ボタンをクリックします。これは、「上書き」されませんし、今回の変更を保存できません。「はい(Y)」ボタンをクリックすると、今回の変更が元のファイルに保存されます。これが「上書き」の保存方法です。



例えば、元の文章に「MB-Support」と入力されていて、新しく「パソコン初心者のサポートページ」と入力したとします。この状態で上書きすると、元のファイルの文章「MB-Support」に、新しい文章である「パソコン初心者のサポートページ」が書き足された事になります。



結果は同じですが、この新しい部分だけを付け足す行為が「上書き」ではありません。全ての文章(つまり、「MB-Support」の部分も)を書き換えています。新しく、文章「MB-Support」を削除して上書き保存したならば、当然、文章「MB-Support」は消されて保管されます。



フォルダーの上書きの確認「統合」

フォルダーは、同一フォルダー内、同一ドライブ内直下に、同じ名称を付けられます(ファイルも同条件で、さらに「拡張子」も判別対象となる)。例えば、デスクトップに二つの「新しいフォルダー」と名前の付いたフォルダーを作成できません。作成はできないものの、どこかのフォルダーやドライブからドラッグ&ドロップで移動、コピーされる場合があります。この時、フォルダーの「統合」が実行されます。統合は、「何もしない」「上書き保存」「新しい保存」の3つに分けられます。結局、先に話したメモ帳と同じ理屈です。



フォルダーは、同一フォルダー内、同一ドライブ内直下に、同じ名称を付けられます(ファイルも同条件で、さらに「拡張子」も判別対象となる)。例えば、デスクトップに二つの「新しいフォルダー」と名前の付いたフォルダーを作成できません。作成はできないものの、どこかのフォルダーやドライブからドラッグ&ドロップで移動、コピーされる場合があります。この時、フォルダーの「統合」が実行されます。統合は、「何もしない」「上書き保存」「新しい保存」の3つに分けられます。結局、先に話したメモ帳と同じ理屈です。



Aフォルダーには、3枚の画像ファイル「img1」「img3」「img4」(拡張子は表示されていませんが、いずれも .jpg)が保管されています。Bフォルダーには、Aフォルダーと全く同じ「img1」「img3」「img4」ファイルに加え、「img2」ファイルが存在します。



BフォルダーをAフォルダーにドラッグ&ドロップしてコピーしてみます。通常、同一ドライブ内のドラッグ&ドロップは「移動」になりますが、「Ctrl」キーを押しながらドラッグ&ドロップすると、「コピー」になります。



ここで、「統合」と呼ばれる作業が発生します。なぜならば、同一フォルダー内に、同じ名前のフォルダーを作成できないからです。「はい(Y)」ボタンをクリックします。



次に表示されるのが、「統合」の作業内容になります。「コピーして置き換える」「コピーしない」「コピーするが両方のファイルを保持する」の3つで、これはフォルダー内に保管されているファイル単位で実行します。しかし、全てのファイルに同じ作業を実行したいと分かっているならば、「同じ処理を次の○個の競合に適用(D)」にチェックを入れ、上の選択肢をクリックすれば、その作業が全てに適用されます。



選択肢の中の「コピーしない」は説明は不要ですね。そのファイルはコピーされません。つまり、保存もされませんし、移動もされません。「コピーして置き換える」を実行したのが右です。これは、「上書き」になります。同一ファイルである「img1」「img3」「img4」が上書きされ、存在しない「img2」は新規作成され、ファイル数は3つから4つになりました。「img1」「img3」「img4」は同じファイルであるものの、上書き保存されているのがポイントです。



例えば、Aフォルダーに「img1」「img3」「img4」があり、Bフォルダーに「img1」「img2」「img3」「img4」が保管されていたとします。AとBの違いは、BにはAにない「「img2」」が存在している事。さらに、今回はAにある「img3」とBにある「img3」が異なる画像だったとします。これを、BからAにドラッグ&ドロップして、コピーを実行して統合(「コピーして置き換える」)してみます。



「コピーして置き換える」を選択する訳ですが、「同じ処理を次の○個の競合に適用(D)」にチェックを入れた場合、「img3」に関する画面が表示されません。あえて個別に設定した場合は、右の画面が表示されます。もちろん、「コピーして置き換える」を選択してみます。



右は統合を実行した後のAフォルダーです。見た目では「img3」がBフォルダーの「img3」に上書きされていますが、基本的には「img1」「img3」「img4」が上書きされ、「img2」が新規作成された事になります。



「コピーして置き換える」のではなく、「コピーするが両方のファイルを保持する」を選択した場合。



「img1」「img4」が重複して、異なるファイルの「img3」が2つ保管され、「img2」が新規作成されました。同一フォルダー内に、同じ名前で同じ形式のファイルは作成できないため、ファイル名が自動であてがわれています。



「同じ処理を次の○個の競合に適用(D)」を選択せず、個別に対処するならば、同じファイル名と形式、異なる内容のファイルだけ、「コピーするが両方のファイルを保持する」を選択するのが無難です。ただし、ファイル数が多い場合は面倒かも知れません。



同じファイル名と形式、異なる内容のファイル「img3」だけが、新しい名前で保管されました。



なお、統合はファイルの削除は実行されません。例えば、Aフォルダーに「img1」「img2」「img3」「img4」ファイルが保管され、Bフォルダーに全く同じ「img1」「img3」「img4」が保管されていた場合、BフォルダーをAフォルダーにドラッグ&ドロップして、上書きを実行してみます。ここでのポイントは、Bフォルダーに「img2」が存在しない事です。



これを実行しても、Aフォルダーの「img2」に変化はありません。Bフォルダーに存在しなくても、結合すると「img2」が削除されるわけではありません。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項