MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

最近開いたプログラムの一覧を保管、消去、表示数の変更方法


Windows Vista(ウインドウズ ビスタ)から、スタートメニューが動的に変化する仕組みになりました。スタートメニューは左右に分けられ、左の上部には任意で指定したアプリケーションを登録で、これは固定されます。右のスクリーンショットでは、「インターネット Internet Explorer」と「電子メール Windowsメール」がそれになります。

その下にもアプリケーションへのリンクを表示できますが、こちらは最近使ったプログラムの一覧となり、利用状況によって変化します。「Windows Media エンコーダ」がそれになります。最近開いたプログラムの一覧表示のメリットは、再びスタートメニューの全てのプログラムから起動するアプリケーションを探す手間が省ける事です。頻繁に利用するアプリケーションであるならば、ここに常に表示されます。自分で登録したい場合は上を、コンピューターが自動で判断して表示するのなら、下のメニューを使います。ここに表示可能なプログラムの数は変更でき、なおかつ動的に変化するのが困るのであれば、固定リンクに登録して、なおかつ、最近開いたプログラムの一覧を保管しない設定も可能です。



最近開いたプログラムの一覧を保管しない

スタートボタン(またはタスクバー)にポインターを移動して右クリックします。コンテキストメニューの「プロパティ(R)」をクリックします。



「スタート[メニュー]」タブをクリックして、プライバシーの「最近開いたプログラムの一覧を保管し表示する(P)」をクリックしてチェックを外します。再びプログラムの一覧を保管する場合、この項目をクリックしてチェックを入れます。最後に「OK」ボタンをクリックします。



Windows7(ウインドウズ セブン) でも、最近使ったプログラムの一覧を保管と表示は同じです。



最近開いたプログラムの一覧の表示数を変更する

スタートボタン(またはタスクバー)にポインターを移動して右クリックします。コンテキストメニューの「プロパティ(R)」をクリックします。「スタート[メニュー]」タブをクリックして、プライバシーの「最近開いたプログラムの一覧を保管し表示する(P)」にチェックをしたまま、「カスタマイズ(C)」ボタンをクリックします。このプロパティに関しては、Windows 7 もほぼ同じです。



スタートメニューのサイズで、「最近使ったプログラムの表示数(N)」を変更します。右のスクリーンショットでは、[3]を指定しました。つまり、最近使ったプログラムは最高で3つ表示され、プログラムを開く度に更新されるので、3つ以上のプログラムを頻繁に開くユーザーは、あまり役に立たないかも知れません。最後に「OK」ボタンをクリックします。



Windows 7 では、右のスクリーンショットの赤枠部分の数を変更します。Windows 7 から最近使ったファイルの履歴がスタートメニューからタスクバーのジャンプリストに変更されたので、数字を指定する場所が二つ表示されていますが、「最近使ったプログラムの表示数(N)」の右の数字を変更します。また、いずれの OS であっても、「規定の設定を使用(D)」ボタンをクリックすると、初期状態に戻せます。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項