MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

読み方の分からない漢字を入力する IME パッド


ホームページ上で分からない漢字、または、読めない漢字を見つけたら、 コピー&ペースト(コピーと貼り付け) で検索する、または、Internet Explorer 8(インターネット エクスプローラー エイト 以下 IE8)を利用している場合はアクセラレータで辞書をインストールしてあれば、右クリックで調べる事ができますが、本を読んでいる時に読み方の分からない漢字に遭遇すると、検索フォームに入力する手段がありません。読み方が分からない漢字を入力するには、IMEパッドを利用すると、 漢字辞典 と同じく総画数、部首の画数で漢字を特定して入力する事ができます。さらに、パソコンらしく実際に漢字を書いて認識させる事もできます。



IME パッドの起動方法は、言語バーのIMEパッドのアイコンを左クリックします。左メニューの「画」が総画数、「部」は部首の画数から、読めない漢字を絞り込みます。



例えば、「煽(あお)」という漢字が読めないとします。これを「部首」で調べるには、左メニューの「部」をクリックして、部首である「火」の画数「4画」で「火」をクリックします。



部首「ひへん」の漢字の一覧が右に表示されるので、ここから「煽」を探します。該当の漢字にポインターをのせると、読み方が表示されます。この読み方をブラウザの検索フォームに入力して変換すれば、この文字をインターネットで検索できます。



メモ帳や Word を開いて入力したい位置にカーソルを移動して、IMEパッドの「煽」をクリックすれば、それらのアプリケーションに入力する事ができます。



総画数で検索する場合は、左メニュー「画」をクリックして、「煽」の画数「14」を選択します。総画数の場合、右に膨大な数の漢字が表示されますが、部首が「火 ひへん」と分かっているの、火が含まれる漢字の一覧を探せばよいでしょう(並んでいるから当てずっぽうに探す必要はありません)。



最もパソコンらしい検索方法は、「手書き」です。左メニューの一番上にある鉛筆を持った手のアイコンをクリックすると、「ここにマウスで文字を書いてください」とあります。



ペンタブレット があれば使いやすいのですが、マウスでは汚い漢字が書けるかも知れません。しかし、そんな事は気にせず、大切なのは認識精度を上げるため、重なるところが内容に正しく入力する事です。


バランスがおかしくても、空間がある部分は正しく識別させるためにわざと離しても良いでしょう。人間は塗りつぶされている部分も想像して認識できますが、コンピューターを相手にしているので、全体的な美しさより、正しく書き写す方が認識率を高めます。また、詳細が分からなければ、分かる部分だけ入力しましょう。右の一覧は絞り込み検索されるので、そこから該当する漢字を探す事もできます。



ATOK エートック

ATOK の場合は「手書き文字入力」が、IMEパッドに相当しますが、総画数と部首による絞り込み検索は「ATOK 文字パット」になり、「手書き文字入力」とは別になります。



「手書き文字入力」は IME パッドとほぼ同じです。



総画数と部首による絞り込み検索は「ATOK 文字パット」を開きます。



「漢字検索」タブをクリックして、部首の「?」マークをクリックします。



部首の手書き画面が表示されますが、あくまでも画数で検索したいのなら、「画数一覧」タブを左クリックします。



画数を入力してキーボードの「Enter」を押し、一覧から部首を探します。今回は「ひへん」を探しているので「火」をクリックして、「OK」ボタンを左クリックします。



「ひへん」の一覧が表示されますが、全画数を入力して絞り込めます。さらに、画数の範囲指定も可能です。



ATOK は、購入した辞書の状況により利便性が異なりますが、明鏡国語辞典を購入すれば(またはセット品を購入すれば)、インターネットで検索する手間が省けます。



さらに、ジーニアス英和辞典があれば、検索した漢字の英語を表示できます。

明鏡国語辞典・ジーニアス英和/和英辞典



全ての単語を制覇していませんが、スピーカーのボタンをクリックすると発音も分かります。有料の文字入力ソフトと辞書なので、MS-IEM とは比べものにならない性能です。

ATOK(エートック)icon

漢字の書き順を知りたい場合は、Googleなどで検索すればいいでしょう。例えば、「煽 書き順」で検索すればいいでしょう。書き順を調べたい漢字と「書き順」の間に半角スペースを挿入します。



補足:IE8 のアクセラレータに関しては以下のページを参照して下さい。ただし、これらは辞書サイトへの集客率を高める目的があるため、全ての内容をアクセラレータで補うものではありません。 詳解が長い語句では、全てを表示する事ができず、配信サイトへ移動して全文を読む事になります。詳解が短い語句は、ブラウザの辞書ツールとしてまともに機能します。

Internet Explorer 8 アクセラレータ





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項