MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows XP でもタスクバーのサムネイル表示:Visual Task Tips


Windows7(ウインドウズ セブン) や Vista では、Windows Aero(エアロ)が有効な環境のみ、タスク バーの上にサムネイルが表示され、最小化されたタスクが何を表示しているのか一目瞭然になります。これを、Windows XP でも実現できるのが、Visual Task Tips と呼ばれるツールです(メーカー公式では無いので、インストールは自己責任となります)。 Windows7 のタスクバーは大きく改善されたので比較はできませんが、Windows Vista と比較するのが妥当かと思われます。どちらか優れているかと言えば、やはり OS に付属する機能が使える Windows Vista になりますが、そもそも Windows XP にはこの機能が存在しないので、複数のタスクを起動して作業するユーザーにとって、重宝される機能かと思われます。



インストールすると、タスク バーに常駐します。アイコンを右クックして、「Exit」を押すと停止する事もできます。「Customize」をクリックすると、サムネイルのサイズを変更できます。



Visual Task Tips は常に起動させておく必要があります。もし、Windows の起動と同時に、Visual Task Tips を起動させたく無い場合は、「スタート」ボタンをクリックして、「ファイル名を指定して実行」をクリックします。「名前(O):」に「msconfig」と入力して「OK」ボタンを押し、「システム構成ユーティリティ」が起動したら、「スタートアップ」タブをクリックして、「Visual Task Tips」のチェックを外します。最後に「OK」ボタンをクリックして、コンピューターを再起動すると、Visual Task Tips は自動起動しなくなります。



自動起動を解除した場合、または、常駐アイコンを右クリックして「EXIT」で終了してから、Visual Task Tips を起動する方法は、「スタート」ボタン→「すべてのプログラム(P)」→「Visual Task Tips」を順番にクリックします。



常駐アイコンを右クリックして「Customize」をクリックして、「Settings」タブをクリックします。「Thumbnail size」のスライダーバーを「Small(小)」または、「Large(大)」にドラッグ&ドロップして、サムネイルのサイズを変更できます。「Popup delay」は、タスクバーにポインターをのせてから表示されるまでの時間を調節します。「0ms」は瞬時にサムネイルを表示します。単位の ms はミリ秒で、1000 分 1 秒を意味します。「500ms」は 1 秒の半分の時間が経過した後にサムネイルが表示されます。1sec は 1 秒後に表示されます。



「Refresh rate(リフレッシュレート)」は、サムネイルを書き換える頻度を指定します。通常は、「Slow」で問題ありません。例えば、ブラウザで動画を視聴する場合、「Slow」だとサムネイルに表示される動画はなめらかに再生できません。「Fast」にすると、サムネイルが頻繁に書き換えられるので、動画もなめらかに再生されます。ただし、サムネイルなのでそれを必要とするかは不明です。また、「Fast」に近づけるほど、コンピューターの処理能力を必要とします。これらの変更をして「適用(A)」ボタンをクリックします。もしくは、「OK」ボタンをクリックします。



このツールを微調整するのは難しく、設定を反映させるには、タスクを開き直す必要があります。例えば、右のスクリーンショットでは、今開いているブラウザを一度閉じて、再びIEを起動すると設定が反映されます。「適用」ボタンをクリックすれば、設定パネルは開いたまま調整できますが、反映はタスクを再起動する必要があるので面倒です。



このツールが不必要だと思うなら、「スタート」ボタンをクリックして、「コントロールパネル」を開きます。「プログラムの追加と削除」をクリックして、左メニューの「プログラムの変更と削除(H)」をクリックします。右に表示されるプログラムから、「Visual Task Tips」をクリックして、さらに、「変更と削除」ボタンをクリックすると、アンインストールできます。再起動後、エクスプローラーを開き、C ドライブの Program Files の VisualTask Tip フォルダーを探します。存在していれば、それをフォルダーごと削除して完了です。




インストール方法

1.公式サイトにアクセスして、Download 以下にあるプログラムをクリックします。32 ビット OS なら「Installer〜」を、64 ビット版 OS なら、「x64 Beta〜」をクリックします。セキュリティの警告が表示されたら、「保存(S)」ボタンをクリックします。

Visual Task Tips



2.「名前を付けて保存」が表示されるので、「デスクトップ」を選択して「保存(S)」ボタンをクリックします。ダウンロードが完了したら、「閉じる」ボタンをクリックします。



3.デスクトップにダウンロードしたファイルをダブルクリックします。名称はバージョンにより異なっているかも知れません。



4.セキュリティの警告が表示されたら「実行(R)」ボタンをクリックします。



5.セットアップウィザードが起動します。「Next」ボタンをクリックします。



6.使用許諾契約書が表示されます。内容を読み、納得したならば、「I accept the terms in the License Agreement」をクリックして、さらに、「Next」ボタンをクリックします。同意しない場合は、インストールする事ができません。



7.インストール先を指定します。自動で入力されるので、変更する必要はありません。そのまま「Install」ボタンをクリックします。



8.インストール完了です。「Auto-start Visual Task at Windows logon」をクリックすると、Windowsが起動した時に、VisualTask Tipも自動起動します。「Run Visual Task Tips now」をクリックすると、このウィザードの終了と同時に VisualTask Tip が起動します。「Finish」ボタンをクリックすれば完了です。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項