MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

プロセッサー識別ツール Intel Processor ID Utility 使ってみました


Intel(インテル)プロセッサーを搭載したパソコンで、プロセッサーを識別するツールが提供されています。 CPU-Z をインストールすれば、型番やクロック数、FSB などをリアルタイムで把握できますが、今回は Windows 7 RC の Virtual Windows XP Mode が利用できる条件として、CPU が Virtualization Technology に対応しているかを知る必要があります( CPU だけではなく、BIOS も対応している必要があります)。



Virtual Windows XP Mode のページ で(現実的にはまだ Windows XP Mode は試していませんが)、メーカーサイトやウィキペディアを探す事でも調べられると書きましたが、面倒であればプロセッサー識別ツールをインストールするのが簡単です。アンインストールラーも付属するので、確認したら削除すれば良いでしょう。



ダウンロード方法

1.Intel® Processor Identification Utility ダウンロードサイトにアクセスして、「Download the Windows version」を左クリックします。

Intel® Processor Identification Utility



2.「日本語」ボタンを左クリックします。



3.「Intel® Processor Identification Utility - Windows* Version」を左クリックします。



4.情報バーが表示されるので、バーを左クリックして、さらに「ファイルのダウンロード(D)」を左クリックします。



5.セキュリティの警告が表示されます。「保存(S)」ボタンを左クリックします。



6.デスクトップに保存します。左メニューで「デスクトップ」を左クリックして、さらに「保存(S)」ボタンを左クリックします。 Windows のバージョンにより、画面は多少異なるかも知れません。



7.ダウンロードが完了したら、「閉じる」ボタンを左クリックします。



インストール方法

1.デスクトップにダウンロードした「pidjpn21.msi」をダブルクリックします(または、右クリックして「インストール」を左クリック)。 Windows インストール初期状態では、拡張子「.msi」は表示されませんが、今回のインストールに支障はありません。



2.「セキュリティの警告」が表示されます。「実行(R)」ボタンを左クリックします。



3.インストールウィザードが表示されます。「次へ(N)」ボタンを左クリックします。



4.使用許諾契約を読み、納得したならば「使用許諾契約の条項に同意します(A)」にチェックを入れ(左クリック)、「次へ(N)」ボタンを左クリックします。同意できない場合は、インストールする事ができません。



5.「次へ(N)」ボタンを左クリックします。



6.「インストール(I)」ボタンを左クリックします。



7.インストールが終了しました。「完了」ボタンを左クリックします。



起動方法

1.「スタートボタン」→「すべてのプログラム」→「インテル(R) プロセッサー識別ユーティリティ」→「インテル(R) プロセッサー識別ユーティリティ」を左クリックします。 削除する場合は、同一ディレクトリにある「インテル(R) プロセッサー識別ユーティリティのアンインストール」を左クリックします。



2.「はい」ボタンを左クリックします。



3.「CPUテクノロジー」タブを左クリックします。



4.インテル(R)バーチャライゼーション・テクノロジーが「有」ならば、対応しているプロセッサーです。 以上の作業内容を以下の動画で確認できます。






BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項