MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Canvas for OneNote(キャンバス フォー ワンノート)


Microsoft Office OneNote の拡張機能「canvas for OneNote(キャンバス フォー ワンノート)」。OneNote は Microsoft Office System の市販製品で、画像、動画、音声、文章などを貼り付け、ドラッグアンドドロップで自由に移動でき、アイデアを書きとめるノート代わりに利用できるアプリケーションです。

OneNote は、ノートブックの中にセッションを作成でき、さらにサブノートを作成して管理します。上部タブと右のタブを操作する事で、複雑に散らばるメモを効率良く探せ、ノート内の文章を検索する事もできます。



今回登場したエクステンション「canvas for OneNote」をインストールすると、ノートブックのセッションとサブノートを一覧表示できます。操作はマウスのスクロールボタンで拡大縮小、ドラッグアンドドロップで上下左右に移動できます。



一覧表示のメリットは、それまでタブによるセッションやサブノートの切り換えが、より直感的に探す事ができます。もちろn、一覧表示の時点では、そこに書かれている内容を把握する事はできません。



マウスのスクロールボタンでズームすると、そこに書かれている内容を把握できます。



ダブルクリックすると、通常の OneNote と同じく編集できます。今回は OneNote の拡張機能として提供されましたが、これ以外にも「DeepZoom」や「Photosynth(フォトシンス)」に似ている部分があり、操作感としては Windows Live Maps で地球から特定の国、地域にズームイン、ズームアウトするのに似ています。

古くは階層構造を展開していくエクスプローラみたいな表示から、タブを使って画面を切り換えるのが一般的となりましたが、canvas for OneNote はタブに代わる新しい画面表示だと思います。操作している様子を以下のビデオで視聴できます。




インストール方法

Microsoft Office Labs のページにアクセスして、「TRY IT」をクリックします。なお、canvas for OneNote はWindows Vista 以降の OS が対応しています。

Canvas for OneNote - Microsoft Office Labs



セキュリティの警告が表示されたら、「保存(S)」ボタンを左クリックします。



分かりやすくデスクトップにダウンロードします。左メニューで「デスクトップ」をクリックして、さらに、「保存(S)」ボタンを左クリックします。



ダウンロードが完了したら、「閉じる」ボタンを左クリックします。なお、スクリーンショットは Internet Explorer 8 RC1 でダウンロードしています。利用しているブラウザやバージョンにより、表示が異なるかも知れません。



デスクトップにダウンロードした「CanvasForOneNoteSetup.msi」をダブルクリックします。Windows 初期状態では拡張子「.msi」は表示されませんが、今回のインストールに支障はありません。



セキュリティの警告が表示されます。「実行(R)」ボタンを左クリックします。



Canvas for OneNote は開発段階のソフトであり、フィードバックを必要として、その情報を Microsoft Office Labs に送る内容。 「I Want to participate in Microsoft Office Labs Usage Metrics & Auto Update」にチェックを入れるとそれに同意します。同意しないとインストールする事ができません。申し訳ありませんが、契約に関してはこちらで指示する事ができず、本人の意志で判断して下さい。



使用許諾契約書を読み、同意する場合は「I accept the terms of this agreement」にチェックを入れ、「Install」ボタンを左クリックします。同意しない場合はインストールする事ができません。



インストール中です。しばらくお待ち下さい。



インストールが完了しました。「Finish」ボタンを左クリックします。



インストール後は自動起動します。「Let’s Do It!」ボタンを左クリックします。



canvas for OneNote で表示したいノートブックを選択します。



キャンパスを構築中です。しばらくお待ち下さい。



さらに待ちます。この作業には10以上かかる場合もあります。それは、ノートブックのデータ量とコンピューターの性能に依存します。



キャンパスが表示されました。マウス操作でノートブックを参照できます。



次回、起動する時は「全てのプログラム」→「canvas for OneNote」→「canvas for OneNote」をクリックします。OneNote は「Microsoft Office」にありますが、「canvas for OneNote」は独立しています。



削除するには、コントロールパネルのプログラムの機能でアンインストールを実行できます。



例えば、今回は「開発」と名前の付いたノートブックを「canvas for OneNote」で生成しましたが、初期状態で OneNote のデータはユーザー毎に作成されるドキュメントの「OneNote ノートブック」に保管されます。変換した「開発」ノートは「Canvas Notebook」に新しく作成され、それまでの「開発」ノートとは別に存在します。つまり、「canvas for OneNote」をテストして何か変更下としても、元データは保持されているので安心です。「canvas for OneNote」フォルダを削除して「canvas for OneNote」を起動すると、再び初期画面が表示されます。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項