MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

撮りためた写真があるなら PhotoJoy を使って見よう!


このページは、 前回 紹介した「PhotoJoy(フォトジョイ)」のインストール方法、初期設定、自動起動の停止方法、アンインストール方法を紹介します。




ダウンロード方法

1.公式サイトにアクセスして「Download PhotoJoy」ボタンを左クリックします。

PhotoJoy – Amazing Photo Widgets, 3D Screensavers & Collages that display your personal photos!



2.セキュリティの警告が表示されます。「保存(S)」ボタンを左クリックします。



3.ダウンロードする場所を指定します。左メニューの「デスクトップ」を左クリックして、さらに「保存(S)」ボタンを左クリックします。



4.ダウンロードが完了したら「閉じる」ボタンを左クリックします。



インストール方法

1.デスクトップにダウンロードした「PhotoJoy_Install.exe」をダブルクリックします。Windowsインストール初期状態では拡張子「.exe」は表示されませんが、今回のインストール作業に支障はありません。



2.セキュリティの警告が表示されます。インストールしたいので「実行(R)」ボタンを左クリックします。



3.使用許諾契約書を読み、納得したならば、「I Accept(同意する)」ボタンを左クリックします。同意できない場合は、残念ながらインストールする事ができません。



4.インストールが開始されますが、どうやら先にインストールしたファイルは、このインストーラーのみだった様です。まずはダウンロードが開始されます。



5.ダウンロードが完了すると、自動でインストールへと進みます。



6.PhotoJoy のインストーラーは、一般的な完了ボタンは存在しませんでした。 既に「PhotoJoy」は起動しており、次の画面はWelcome(ようこそ)と表示されます。「Next」ボタンを左クリックします。



7.PhotoJoy で利用する写真が存在すると思われるディレクトリやフォルダーを指定しますが、とりあえずこの作業は後から可能です。まずは試して見ようと思うのであれば、全てのチェックを外して読み込まなければ良いでしょう。例えば、写真が存在するフォルダーをテストで用意する、適当なフォルダーを単体で後から登録してテストするなどします。「Next」ボタンを左クリックします。



8.7で、初期状態でチェックされているフォルダーをそのまま読み込む場合、もし、そのフォルダーに沢山の写真が存在する場合、読み込むのに時間がかかるかも知れません。



9.準備が完了しました。このスタートメニューは最初だけ表示されます。「Collages(デスクトップの背景に関する設定)」「PhotoToys(ガジェットみたいなもの)」「Screensavers(スクリーンセーバー)」のいずれかを選択しますが、まずは「Go to Collages」ボタンを左クリックしてみましょう。



インストール後の補足

インストール後、PhotoJoy は起動していますが、次回は Windows と共に起動します。PhotoJoy はアプリケーションの性質上、常駐するタスクです。ただし、それは設定で解除する事ができます。終了する場合は、右下のタスクバーの「PhotoJoy」を右クリックして、「Exit」を左クリックします。これで、PhotoJoy は機能が停止しますが、スクリーンセーバーなどを設定した場合、その設定は Windows に適用されたままとなります。ただし、PhotoJoy が停止しているため、指定した写真をシャッフルして表示する事はできません。その解除方法は後にして、まずは Windows と同時に起動するのを停止する方法を説明します。右下のタスクバーの「PhotoJoy」を右クリックして、「Options(オプション)」を左クリックします。



「Advance」タブの「Run PhotoJoy on startup」のチェックを外して「OK」ボタンを左クリックすると、次回から自動で起動しなくなります。



手動で起動する場合は、デスクトップに作成されたショートカットアイコンをダブルクリックします。これを削除しても大丈夫です。



スタートボタン→「すべてのプログラム」→「PhotoJoy」→「PhotoJoy」でも起動できます。



とりあえず、いろいろ試して見て下さい。切り換えるタイミングは、「Shuffle On」ボタンを左クリックします。とりあえず、「Collage」タブで右に表示されたコラージュをクリックすることで反応を楽しむ事ができます。サムネイルに「Download」と表示されている場合は、ダウンロードが必要なコラージュです。サムネイルを左クリックすれば、自動でダウンロードが開始され、終了すればプレビューと適用を選択できます。



「Collage」「PhotoToys」「Screensavers」共に、写真が保管された特定のフォルダーを指定するには、「Add & Manage Photos」ボタンを左クリックします。テストするなら、From this specific Folder だけにチェックを入れ、「Change」ボタンを左クリックします。



写真が保管されたフォルダーを指定して「OK」ボタンを左クリックすれば、そその写真を利用した「Collage」「PhotoToys」「Screensavers」を作成できます。



もし、デスクトップの背景やスクリーンセーバーを変更して、PhotoJoy を終了したならば、Windows の設定も変更する必要があります。



このアプリケーションで関係する変更箇所は、デスクトップで右クリックして「個人設定(R)」を左クリックします。デスクトップの背景を元に戻して、スクリーンセーバーを設定したのであれば、「なし」、あるいは、最初から設定されていたスクリーンセーバーに戻せば良いでしょう。



最後に、このアプリケーションが必要無いと感じたならば、コントロールパネルを開き、「プログラムの機能」をダブルクリックします。「PhotoJoy」を左クリックして、さらに「アンインストール」を左クリックします。


← 撮りためた写真があるならPhotoJoyと使って見よう!





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項