MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

PhotoJoy(フォトジョイ)はデスクトップを楽しくするアプリ


なにやらデジカメで撮影した写真を、デスクトップの背景(「Collages」として)やスクリーンセーバーが楽しめるとの事で、軽い気持ちでインストールしてみたのですが、もの凄いアプリケーションかも知れません。



PhotoJoy で可能な事は、自分のコンピューターに保管された写真の管理、閲覧。これに関しては、Windows Live フォトギャラリーの方が便利と思われます。しかし、PhotoJoy では WEB 上から写真を引っ張れます。 それは、Flicker ‘s Best Photosで検索ワードにより写真を絞り込め、Professional Photos(おそらく PhotoJoy に関連する写真公開ページ)からダウンロードできます。 管理人は Flicker を使った事はありませんが、Flicker で公開されている写真をデスクトップの背景に利用するアプリケーションは、前から存在していました。

背景を自動で変更するアプリケーション



「Collages(コラージュ)」は、コンピューター、または、WEB 上の写真を元に、デスクトップの背景を作成可能です。単純に背景として写真を使うのではなく、コラージュに選択した写真が挿入されます。コラージュはアプリケーションから選択して、インストール初期状態ではダウンロードが必要になりますが、サムネイルが表示されるので無駄なダウンロードは避けられます。



一度に表示できる写真の数はコラージュにより異なり、その写真は時間を指定して切り換える事ができます。 さらに、コラージュ自体も時間で切り換える事ができます。簡単に言ってしまえば、特定のフォルダーを指定すれば、そのフォルダー内の写真を順番に表示できます。



切り換える写真は右のプロパティで指定でき、このやり方はスクリーンセーバー、「PhotoToys」でも同じです。 「My Computer Photos(マイコンピューター)」を指定すると、デフォルトでログインしているユーザーの「ピクチャ」フォルダーが指定されます(それ以外にもディレクトリを細かく指定可能)。 「Flicker Photos」は検索ワードを指定でき、それを元に WEB 上から写真を取得します。「Online Gallery Photos」はホームページで公開されている写真を選択できます。 「Flicker Photos」を使った場合、デジカメを利用していないユーザーでも楽しむ事ができますし、自動更新なので飽きやすいユーザーにも満足できると思います。 「From This Specific folder」は、コンピューターの写真が保管されたフォルダーを指定できます。これが最もシンプルな使い方かも知れません。



「PhotoToys」は、Windows Vista のデスクトップガジェットと併用できます。デスクトップガジェットを使った事があるユーザーなら、すぐに理解できると思います。「PhotoToys」もテンプレートが数種類あり、同じ、または、異なるテンプレートの PhotoToys をいくつもデスクトップの好きな所に貼り付けられます。ドラッグアンドドロップにより移動でき、コラージュとも併用できます。



PhotoToys は通常は背景が透明ですが、ポインターをのせると左にメニューが表示されます。閉じる事も、拡大する事も、表示する写真を変更するのも簡単で、通常はテンプレート毎に決められた切り換え効果を楽しめます。



PhotoToys はクリックにより写真をめくる事も可能で、拡大してデスクトップ上で閲覧する事もできます。



最後はスクリーンセーバーです。デスクトップの背景で切り換える写真と同じく、選択した内部、外部の写真をスクリーンセーバーで使用します。こちらもテンプレートが用意されていて、実際にプレビューする事ができます。



右はテンプレートの一つ、スクリーンセーバーのプレビュー画面です。サムネイルも動くので、おおまかなイメージは分かりますが、プレビューにより実際に指定した写真を元にスクリーンセーバーが動作します。



また、自分が撮影した写真を一切使わないスクリーンセーバーも存在します。テンプレートは、デスクトップの背景、PhotoToys 、スクリーンセーバー共にカテゴリ毎に分けて表示できます。



共通する動作は、インストール初期状態ではテンプレートは最小しか存在しないものの、サムネイルは表示されます。サムネイルに「Download」と表示されているものを選択するとダウンロードが開始されます。



右のスクリーンショットでは、左のテンプレートは既にダウンロード済みで、右のテンプレートをダウンロードしています。



ダウンロードが完了すると、サムネイルにポインターを移動して下にボタンが表示されます。適用せずに「Preview(プレビュー)」するか、「Set as Wallpaper(壁紙に設定する)」となりますが、これは、「Collages」「PhotoToys」「Screensavers」の選択により異なります。いずれも、プレビューするか、適用するかの違いです。



右は「雲」のテンプレートに、管理人がディスニーシーで撮影した写真が保管されたフォルダーを指定した状態です。 右の3枚の写真が時間指定で切り替わります。時間指定で「雲」のテンプレート自体も変更可能。PhotoJoy は全て英語メニューとなりますが、指定する内容は共通しているので扱うのは簡単です。PhotoJoy を起動して「Collages(デストップの背景)」「PhotoToys(ガジェットみたいなもの)」「Screensavers(スクリーンセーバー)」「Photo Library(写真の閲覧)」の何をするかは、上部のタブで切り替えます。

「Add(アド)」は追加する意味で、写真を指定する時にクリックします。左メニューはテンプレートのカテゴリで、選択するとそのカテゴリに存在するテンプレートが右に表示されます。



「Shuffle(シャッフル)」ボタンをクリックして、切り換える時間を指定します。「Shuffle collage and photos within collage」は、「Collage」(右上の写真では「雲」の部分)を切り換える場合にチェックを入れ、時間をプダウンメニューで選択します。「Shuffle only photos within collage」は、「Collage」はそのままで写真だけを切り換えます。 まずはムービーを視聴して下さい。インストールする前に、どんな事ができるのか確認する事ができます。




インストール方法





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項