MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Vista でウインドウだけを透明化する AeroPeek


Windows7(ウインドウズ セブン) では右下にポインターを移動すると、デスクトップに開かれた全てのウインドウが透明になり、クリックすると「Windows」キー+「D」キーを押した状態に近く、再びクリックするとウインドウが元に戻ります。 なぜタスクバーの右下の認識に苦しむ場所にこれが存在するかと言えば、目で認識する必要は無く、単純にマウスを左下に移動すればポインターがそこへ移動するからであると思われます。これに関しては以下の日記に掲載しました(日記を書いた時点で、機能を理解していませんでしたが)。

Windows7 ベータのウインドウ操作 ガラス風の何かが動く Aero Peek



これに似た機能を、Windows Vista でも可能にするのが、AeroPeek と名付けられたアプリケーションです( .net framework 3.5 が必須)。いつの時代も、新しい OS が登場するか、その前に、新しい OS の機能を無理からに使おうとするアプリケーションが人気を集めますが、AeroPeek もその一つと思います。昨年から使っていましたが、日記で取り上げなかったのは、理解できなかったからです。AeroPeek をデスクトップにダウンロードして解凍後、実行ファイルをダブルクリックしてインストールします。すると、常駐アイコンが表示され、そのアイコンをクリックすると、Windows Vista でもデスクトップに開かれた全てのウインドウが透明になります。再びクリックすると、元に戻ります。



Windows キー + D キーで良いと思うのですが、他のアプリケーションと組み合わせると、これの意味が分かります。例えば、Windows キー+ D キーだとガジェットも隠れてしまいますが、ウインドウだけを透明にした場合、ウインドウの下に存在するガジェットの情報を確認する事ができます(アプリケーションによっては、ガジェット以外でも使えると思います)。



ウインドウに隠れてしまったガジェットを前面に表示させる「Windows」キー+「スペース」キーがありますが、これだと前面に移動したガジェットを元の状態に戻す方法が分かりません。Windows7では、サイドバーが消滅してガジェットは常にデスクトップに設置する事になり、そういう意味ではウインドウの透明化は必要な機能になるのかと思われます。



Windows Vista では、デスクトップガジェットを利用するのにサイドバーが必須となりますが、同じ様にデスクトップにガジェットを配置する事は可能です。サイドバーから切り離した状態で利用しているのであれば、Windows Vistaでも利用する価値は十分にあると思われます。ただし、左クリックにより透明化、再びクリックすることで元に戻せますが、透明化されたウインドウだけを最小化する機能はありません。つまり、もの凄く重要な機能が無いと言えます。透明化して見るだけで十分なガジェットでは役に立ちますが、それをコントロールしようとすると、やはり「Windows」キー+「スペース」キーを利用するしかありません。



このアプリケーションの作者が不明で、どこが本家なのか不明でしたが、それらしいサイトを見つけました。 ここで、バージョンアップしている事に気がつき、2008 年に日記に掲載しなくて良かったと思いました。 新しくなった機能は右の一番下に書かれています。



例えば、右は2つのブラウザと電卓といくつかのガジェットがデスクトップに存在します。 この状態でタスクバーのアイコンを左クリックすると、2つのブラウザと電卓だけが透明化されます。これは従来と同じです。今回は、ウインドウの一つを省き、透明化する機能が加わりました。「Ctrl」キー+「Shift」キーを押しながら、手前のブラウザのフレームにポインターを移動して左クリックすると・・・



左クリックしている間だけ、他のウインドウを透明化できます。 これは、その背面にあるガジェットや何かと、選択したウインドウを見比べる時に役立ちますが、利便性があるとは感じませんでした。この機能は、Windows 7 ではタスクメニューから展開されたサムネイルにポインターを移動した状況に似ています。Windows7のタスクバーに関しては、似せたアプリケーションは存在しますが、あの機能を実現するにはWindows7を購入するしか無いと思います。しかし、一つのウインドウを省いて、残るウインドウを透明化できるのであれば、このアプリケーションは今後に期待できます。今のAeroPeekは、AeroSnapやAeroShakeとは異なり利便性は少ないと思われますが、Windows7の透明化の雰囲気を楽しめるアプリケーションになっています。



RocketDock を併用するなら注意が必要です。照準を「常に手前に表示」に設定しないと、RocketDock だけ動作が停止します。照準の変更方法は RocketDock にポインターを移動して右クリック、「Dockの設定」を左クリックします。



「Dockの設定」の「位置」で「照準」が「常に手前に表示」になっている必要があります。以下のビデオでは、実際に、「常に手前に表示」以外を設定して応答停止に追い込んでいます。直す方法は RocketDock にポインターを移動して右クリックして「終了」を左クリックします(たまにそれさえも出来ない状況になります。その時は、一度ログアウトするしかありません)。これ以外にも組み合わせにより致命的なダメージを与える可能性もあります。




ダウンロード方法

1.今回は AeroPeek Ver0.2.2 をインストールしてみます。以下のサイトにアクセスして、「Here」を左クリックします。また、この機能を利用するには、.net framework 3.5 もインストールする必要があります。

AeroPeek WinMatrix



2.セキュリティの警告が表示されます。「保存(S)」ボタンを左クリックします。



3.左メニューで「デスクトップ」を左クリックして、さらに、「保存(S)」ボタンを左クリックします。



4.ダウンロードが完了したら「閉じる」ボタンを左クリックします。



インストール方法

1.ダウンロードしたファイルは圧縮されているので、右クリック→「すべて展開(T)」を左クリックします。



2.「展開(E)」ボタンを左クリックします。



3.解凍したフォルダー内の「Setup.msi」をダブルクリックします。



4.セキュリティの警告が表示されるので、「実行(R)」ボタンを左クリックします。



5.インストールウィザードが起動します。「Next」ボタンを左クリックします。



6.インストールするディレクトリを指定しますが、特に変更する必要は無いでしょう。このアプリケーションを使用するユーザーを選択します。自分だけが利用するのであれば、「Just me」、全てのユーザー(今ログインしている以外にユーザーが存在するなら)が利用するなら、「Everyone」をチェックして、「Next」ボタンを左クリックします。



7.「Next」ボタンを左クリックします。



8.インストールが始まります。しばらくお待ち下さい。



9.インストール完了です。「Close」ボタンを左クリックします。



起動方法

AeroPeek は自動で起動しません。デスクトップのショートカットアイコンか、「スタート」→「すべてのプログラム」から「AeroPeek」をクリックして起動します。 使って見て問題無いと判断したならば、スタートアップに登録して Windows と同時起動が便利かと思われます。



この状態になれば、AeroPeek を利用できます。ウインドウを透明化するには、このアイコンを左クリックして、元に戻すには再びこのアイコンを左クリックします。 終了させたい場合は、このアイコンを右クリックして「Exit」を左クリックします。



アンインストール方法は、コントロールパネルの「プログラムと機能」から「AeroPeek」を選択して「アンインストール」ボタンを左クリックします。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項