MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Microsoft Office ナビ 2007 と年賀状作成


2007 Office System をより便利に使いこなすためのアドイン。公式サイトからダウンロードしてコンピューターにインストールすると、これから 2007 Office System を使い始めるユーザー向けに、頼りになるメニューが表示されます。



また、Microsoft Office Word 2007 、Microsoft Office Excel 2007 、Microsoft Office Outlook 2007 、Microsoft Office PowerPoint 2007 では、リボンにナビが埋め込まれ、いつでもヘルプやお役立ち情報に、すみやかにアクセスできます。

Microsoft Office ナビ 2007 - ダウンロードページ



2007 Office System は、Windows と同じく直感的に操作が可能であるため、マニュアルを読まずともある程度は利用可能なアプリケーションです。しかし、初めて使うのであれば、さすがに説明を読む必要はあり、それらの情報は Microsoft Office Online ホーム ページに掲載されています。

Microsoft Office Online ホーム ページ



製品説明も含まれるサイトになりますが、上部メニューの「ヘルプと使い方」をクリックすれば、活用ヒントと便利なツールが表示され、無料で利用できるテンプレートも無数に存在します。また、これから始めるのであれば、若葉マークの右に表示された「はじめの一歩」から読み進めるのも良いでしょう。2007 Office System で可能な作業は広範囲であるものの、オペレーティングシステムの Windows よりは目的が絞られるため、Microsoft Office Online ホーム ページは Windows の使い方よりも、内容を把握しやすいサイトとなっていると思われます。



人によって同じ作業をするのにも利用するアプリケーションは異なりますが、管理人は今まで Access で年賀状を作成していました。データベースに住所録と文面を入力して、レポート機能で印刷。しかし、今回は、Microsoft Office ナビ 2007 をインストールして(しなくてもサイトにアクセスすれば良いのですが)、「Office で年賀状を作ろう」のテーマにそって作成してみました。文面を全て変更するのであれば、面倒ではありますが、使い方を学ぶには都合が良いと思います。無料で公開されているテンプレートの威力は大きく、そこへ個人で撮影した写真などを加工していくと、より学べるかと思われます。もちろん、基本的にはこれらのテンプレートを使わずに、一から作成できるのが 2007 Office System となります。

活用しよう ! Office ナビ - 製品 - Microsoft Office Online

本音は・・・メッセンジャーで新年のごあいさつをすれば・・紙代、輸送コスト(二つを含めてはがきと呼ぶ)、インク代を節約できて良いのですが。年賀状のあり方は、変わるべきだと感じます。



また、長年使っていたプリンターが、毎回印刷する度にヘッドクリーニングを2〜3回実行しないと、まともに印刷できなくなりました。ヘッドクリーニングはヘッドを消耗しますが、印刷できなのならやるしかありません。これは、トラブルではなく寿命です。撮りためたフィルムをパソコンに移動するため、新しく複合機を購入しましたが、こちらは印刷スピードが速い。もちろん、これは比べているプリンターが古いからであって、今のプリンターの性能が一般的なのでしょう。

年賀状の季節、プリンターを購入する事に



しかし、どんなに Office System やプリンターの性能が向上しても、それを使う人間が向上していない証拠が右。Word 上であれば、元に戻すとか、削除できますが、物理的な物に加工してしまうと個人では難しい(個人で紙を再生できるのなら、修正できますが)。Word はデザインと文章を作成できますが、年賀状の作業はそれだけではなく、例えば、住所録から昨年出したのに来なかった人を排除したり、喪中を排除したり、年間を通してデータベースに入力する作業が年末の作業を少なくします。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項