MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

3.スタンドアロンパッケージによる SP2 インストール方法

 Windows Vista Service Pack 2( SP2 )インストール方法。 SP2 をインストールする前に大切なデータのバックアップをして下さい。 もし、既に正常の様に見えて、故障している Windows Vista を使っている場合は、SP2 の適用により起動不可能になる可能性が無いとも言えません。 そうなった場合、Windows Vista の再インストール作業をする必要があるので、個人的なデータのバックアップをしてから、SP2 のインストールに挑みましょう。


[ページ数: 3 / 6] 1 2 3 4 5 6

1.ダウンロードするSP2ファイルが、利用しているWindows Vistaにより異なります。以下の方法でWindows Vistaのビット数を確認します。

自分が使っているOS(Windows)を確認する方法

確認する所は、システムの概要です。右は 32 ビット オペレーション システムとあるので、ダウンロードするファイルは、「x86 Windows Server 2008 および Windows Vista x86」となります。もし、64ビット ビット オペレーション システムと表示されていれば、「x64 Windows Server 2008 および Windows Vista x64」をクリックします。

Windows Server 2008 Service Pack 2 および Windows Vista Service Pack 2



2.説明は、x86 Windows Server 2008 および Windows Vista x86 をダウンロードする事にします。「ダウンロード」ボタンを左クリックします。



3.セキュリティの警告が表示されます。「保存(S)」ボタンを左クリックします。



4.ファイルをデスクトップにダウンロードします。左メニューで「デスクトップ」を左クリックして、さらに、「保存(S)」ボタンを左クリックします。



5.ダウンロードが開始されます。ダウンロードに要する時間は、通信環境により異なります。ダウンロードが完了したら、「閉じる」ボタンを左クリックします。



6.デスクトップに「Windows6.0-KB948465-X86.exe」ファイルがダウンロードできました。この名称は 32 ビット版ですが、64 ビット版では異なります。 また、Windows Vista インストール初期状態では、拡張子「.exe」は表示されませんが、今回のインストール作業に支障はありません。 ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。ここからは共通作業となるので、以下へ進んで下さい。

Windows Vista SP2 インストール共通作業




戻る 一覧表示 次へ


[ページ数: 3 / 6] 1 2 3 4 5 6

BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項