MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

4.ユーザーアカウントの設定方法 WindowsXP

 1台のパソコンで家族全員がそれぞれ別の環境で利用したい場合、ユーザーアカウントを登録する事で、メールの送受信、ブラウザのお気に入り設定、デスクトップのデザインなど、アカウント毎に異なる環境を構築する事が可能です。


[ページ数: 4 / 5] 戻る 1 2 3 4 5 次へ

前回 は、 Windows XP でも Windows 2000 と同じく、コントロールパネルの管理ツールであるコンピュータの管理からユーザーアカウントを登録する方法を説明しました。 しかし、Windows XP にはもう一つのユーザーアカウント設定画面が存在します。

ここでは、アカウントを作成する時にグループを選択可能で、「Alt」+「Ctrl」+「Delete」キーを押さないとクラシックログオンプロンプトを表示しない設定をしたり、パソコンの電源を入れた時に特定のアカウントで自動ログオンする設定が可能となります。



control userpasswords2の起動方法

1.「スタート」→「ファィル名を指定して実行」をクリックします。



2.「control userpasswords2」と入力して「OK」を左クリックします。



3.「このコンピュータを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要(E)」左のチェックが入った状態では、アカウントの追加や削除が可能になります。



ユーザーアカウントを追加する方法

1.「追加(D)」を左クリックします。



2.「ユーザー名」「フルネーム」「説明」を入力して「次へ(N)」左クリックします。 ユーザー名以外は任意です。



3.Windows XP スタイルのユーザーアカウントとは異なり、ユーザーを登録する時にパスワードを指定可能です。 パスワードを必要としない場合は、空白のまま「次へ(N)」を左クリックします。



4.Windows XP スタイルのユーザーアカウントでは「コンピュータの管理者」と「制限付きアカウント」になりますが、ここでは「標準ユーザー」と「制限ユーザー」の他に、「その他」として前のページで説明したグループを選択する事ができます。 「コンピュータの管理者」として登録したいのであれば、「その他」にチェックを入れ、ドロップダウンリストで「Administrators(アドミニストレータズ)を選択します。


ちなみに、ここでは制限ユーザーで作成してみます。


5.グループ「Users」に属する「ハンター」と名前の付いたユーザーアカウントが作成できました。



6.Windows XP の「コントロールパネル」→「ユーザーアカウント」で表示すると、「バイオレットハンター 制限付きアカウント」が表示されています。



セキュリティで保護されたログオン

「詳細設定」タブを左クリックすると、トロイの木馬に感染した時、活動防止に役立つ「セキュリティで保護されたログオン」を設定できます。 この設定をオンにすると、クラシカルログオンプロンプトを表示する前に「Ctrl」+「Alt」+「Delete」キーを押す必要があります。



実際に設定した場合のログオン画面。「ようこそ画面」を解除すると、通常はクラシカルログオンプロンプトが表示されますが、その前にキー入力を求める画面を表示させる事で、プログラム的に操作する事が難しくなります。

Windows ( ウインドウズ ) の起動方法 - ワトソンのパソコン教室



Windows XP で自動ログオン設定方法

複数のユーザーアカウントを登録して利用する場合は、「ようこそ画面」を利用してログオン方法が便利です。しかし、アカウントが複数あったとしても、自分1人でアカウントを切り替えて利用しているのであれば、パソコンの電源を入れたら常用するユーザーアカウントで自動ログインさせるのも便利です。

WindowsXPで自動ログオン設定方法 - ワトソンのパソコン教室




戻る 一覧表示 次へ


[ページ数: 4 / 5] 戻る 1 2 3 4 5 次へ

BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項