MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

内蔵ハードディスクの故障で
 eSATA接続 外付けHDDを増設
      - 東芝 REGZA 42H7000 -

 東芝 REGZA 42H7000の内蔵ハードディスクが故障のため、新しい2.5インチ ハードディスク 1 TB(MQ01ABD100)を購入して THH-30U5の換装を試みるも失敗に終わりました。eSATA 接続に対応した外付けケース(25EU3BK6G)と、電力を安定供給するためにUSB充電器(MPA-ACUAN007BK)を購入して、外付けハードディスクを増設した記録です。動画あり!


2008 年 12 月に購入した東芝 42 型テレビ REGZA 42H7000 の内蔵ハードディスクが故障しました。交換用ハードディスクはユニットになっており、品名は東芝テレビ内蔵用ハードディスクユニット、型名は THH-30U5 とあります。テレビを購入して9年ほど経過した今、交換用ユニットを販売するお店が見つかりませんでした。


ケース内のハードディスクドライブだけを交換できないものかと思い、ユニットのカバーを開けることになりました。ヘックスローブネジ4本で固定されているので、ヘックスローブレンチのT5が必要でした。


免震材でドライブが保護され、一箇所だけテープを剥がす必要がありました。ハードディスク本体はネジで固定されていません。


壊れたハードディスクドライブは、TOSHIBA MK3052GSX(容量:300GB / キャシュ:8MB / 回転数:5400 rpm / インターフェイス:SATA / サイズ:2.5インチ 9.5mm厚)でした。ネットで検索したところ、新品を販売するお店が見つかりませんでした。


選択肢は二つで、一つは東芝の有料出張修理サービスに依頼して、内蔵ハードディスクを交換してもらいます。サポートページに液晶テレビ(デジタル機種)出張修理概算料金の目安が掲載されており、ハードディスクの予想交換部品(作業)だと¥18,000 〜 ¥54,000とあります(2018年3月1日現在)。

東芝 液晶テレビ(デジタル機種)出張修理概算料金

もう一つは、外付けハードディスクを購入して、REGZA 42H7000に増設します。自分で作業できて安上がりなので、私はこちらを選択しました。


eSATA 接続 外付けハードディスクのパーツを購入

ハードディスクドライブは純正品に近い製品を選びました。TOSHIBA MQ01ABD100(2.5inch / SATA 3Gb/s / 1TB / 5400rpm / 8MB / 9.5mm / 4Kセクター)。MQ01ABDxxx シリーズで一番お買い得な容量 1 TB を選びました。右写真の左が REGZA 42H7000 に内蔵された MK3052GSX、右が今回購入した MQ01ABD100 です。

プレスリリース:記憶容量1TBを実現した2.5型HDDの商品化について


REGZA 42H7000 には USB 端子がなく、eSATA で接続する必要があります。そこで、eSATA 接続に対応した 2.5 インチドライブケースを購入しました。製品名はシンプルBOX2.5 USB3.0+eSATA SATA6G 、型番は 25EU3BK6G、メーカーは CENTURY(株式会社センチュリー)です。専用 eSATA ケーブル(70 〜 100 cmくらい)、専用 USB3.0 ケーブル、USB 電源ケーブル(約 30 cm)が付属しています。eSATA ケーブルが長いので、ケースの設置場所の選択肢が増えます。

株式会社センチュリー 製品情報


最後は、電力を安定供給する USB 充電器を購入しました。メーカーは ELECOM(エレコム)、製品名はキューブ型AC充電器(スマホ用・1.0A)、型番は MPA-ACUAN007BK です。

ELECOM 製品情報


外付けハードディスクを組み立てる

ケースのロックを解除して、蓋をスライドさせて開けます。新しく購入したハードディスクドライブをセットして、蓋を元に戻します。最後にケースをロックするのを忘れずに。


付属の eSATA ケーブルと USB 電源ケーブルを接続します。電源ケーブルは本体の DC コネクターに接続します。


USB電源ケーブルをUSB充電器に接続して準備完了です。


外付けハードディスクをREGZA に接続する

外付けハードディスク接続する前に、REGZA 42H7000 の電源をオフにします。テレビの背面にある eSATA 端子に、外付けハードディスクの eSATA ケーブルを接続します。しっかり奥まで差し込みます。


USB電源ケーブルを接続したUSB充電器をコンセントに差し込みます。


PCケースのLEDランプが点灯します。壊れた内蔵ハードディスクユニットは取り外したままにします。もちろん、内蔵ハードディスクが正常で、外付けドライブを増設する場合は、セットしたまま作業します。


外付けハードディスクをREGZA に登録する

テレビの電源をオンにします。しばらくすると、画面の左下に「増設ハードディスクの登録」が表示されます。「未登録の増設ハードディスクを検出しました。増設ハードディスクの登録を行いますか?」と問われるので、リモコンの矢印キーで「はい」を選択して、決定ボタンを押します。


初めて増設した外付けハードディスクの場合、登録を行うために初期化する必要があります。「この増設ハードディスクの内容は全て消去されます。よろしいですか?」の問いに、「はい」を選択して「決定」ボタンを押します。


なお、登録に失敗して 2 回目からの作業は、初期化の選択肢が表示されず、「増設ハードディスクの登録中です。しばらくお待ちください」と表示されます。


増設ハードディスクの登録名を決定します。「登録名:○○○○ 登録名を変更しますか?」と問われるので、「いいえ」を選択して「決定」ボタンをクリックします。この○○○○は任意で変更可能で、初期状態に入る名前は「ハードディスク〇」になります。〇の中には数字が入り、環境によって異なります。私の環境では、「ハードディスク1」と表示されたので、この登録名を変更せずに使います。


私の環境では、外付けハードディスクが1基だけ接続された状態なので、右のイメージ画像のような表示になりました。登録番号「増設1」、登録名「ハードディスク1」が、今回増設した外付けハードディスクです。


無事、外付けハードディスクが認識され、録画可能になりました。故障した内蔵ハードディスク TOSHIBA MK3052GSX の容量は 300 GB で、録画可能時間は最高画質で約 29 時間でしたが、増設した TOSHIBA MQ01ABD100 の容量は 1 TB なので、録画可能時間が最高画質で約 92 時間になりました。


外付けハードディスクの省エネ設定

推奨するわけではありませんが、私は省エネ設定にしています。省エネモードにするには、リモコン下部のふたを開けて、「設定メニュー」ボタンを押します。左下にメニューが表示されたら、「レグザリンク設定」を選択して「決定」ボタンを押します。


「増設ハードディスク設定」を選択して「決定」ボタンを押します。


「省エネ設定」を選択して「決定」ボタンを押します。


「省エネモード」を選択して「決定」ボタンを押します。これで設定完了です。


外付けハードディスクを増設して・・・

  • 最初の一回だけですが、外付けハードディスクの登録が完了してテレビの電源オフにした2時間後、ハードディスクが認識されない状況に遭遇しました。再び登録作業を試みた結果、一回目に行った初期化の作業が省略されました。その後、連ドラ予約録画を組み合わせて毎日テレビ番組を録画していますが、今のところ、特に問題はありません。省エネモードでも特に不便を感じません。
  • それまで使っていた連ドラ予約は、壊れた内蔵ハードディスクに録画する設定のため動きません。一つずつ予約を削除して、録画先を外付けハードディスクに変更する必要があります。
  • 「今すぐニュース」は内蔵ハードディスクだけに録画できます。内蔵ハードディスクが壊れた私の環境では「今すぐニュース」は機能しませんが、この機能の存在を今知った私には関係ありません。
  • 外付けハードディスクケース 25EU3BK6G の LED(緑)が常に点灯しています。寝室のテレビに設置する場合、睡眠の邪魔になるかも知れません。私はリビングのテレビだったので問題ありません。
  • REGZA 42H7000 の取扱説明書(準備編)の52ページに、「本機が対応している増設ハードディスクの容量は 2 TB(公称値)までです」とありますが、1.5 TB でも認識できない物もあるようです。今回、静穏性とサイズと価格を考慮して、東芝製 2.5 インチ 1 TB のハードディスクを増設しましたが、全てのハードディスクが対応しているわけでは無いようです。

終わりに

できないと知りつつ、内蔵ハードディスクユニット(THH-30U5)の中身を新規購入した TOSHIBA MQ01ABD100(2.5inch / SATA 3Gb/s / 1TB / 5400rpm / 8MB / 9.5mm / 4Kセクター)に交換して、REGZA 42H7000 を起動してみました。すると、「正しい内蔵ハードディスクが取り付けられていません。」と表示され、使用できませんでした。故障した内蔵ハードディスクの登録を解除して、内蔵ハードディスクの再検出を実行しましたが、やはり使用できませんでした。


動画

このページで説明した作業を動画で確認できます。


今回購入した物

東芝 2.5インチ ハードディスク MQ01ABD100

東芝 MQ01ABDxxxシリーズ ( 2.5inch / SATA 3Gb/s / 1TB / 5400rpm / 8MB / 9.5mm / 4Kセクター ) MQ01ABD100



センチュリー シンプルBOX2.5 USB3.0+eSATA SATA6G CSS25EU3BK6G

USB3.0とeSATAのコンボインターフェイスを搭載した2.5インチHDDケース。2.5インチSATA HDD/SSD対応のHDDケース。USB3.0+eSATAのコンボインターフェイスを搭載。SATA6GとUASPモード対応で高速データ転送が可能。工具不要の簡単組込み!3ステップでセットが完了。USB電源ケーブル付属で、eSATA接続時も外部電源いらず!



エレコム 充電器 ACアダプター MPA-ACUAN007BK

3万時間使用できる長寿命設計!コンパクトなキューブ型で、家庭用コンセントからスマートフォンやmicroUSBコネクタ搭載機器を気軽に充電できるAC充電器。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項