MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

トラブル体験記:Windows XP Mode がシャットダウンできない


Windows 7 Professional の Windows XP Mode で作業した後、シャットダウンを実行しても右のスクリーンショットの状態から進まなくなりました。



シャットダウンや再起動を試みるも、「仮想マシンをシャットダウンしています。操作が完了するまでお待ち下さい。」と表示され、一向にシャットダウンされる気配がありません。



仕方ないので、タスク マネージャーを起動して、そこから「Windows Virtual PC」を強制終了します。タスクバーを右クリックして、「タスク マネージャーの起動(K)」をクリックします。



「アプリケーション」タブで「Windows XP Mode - Windows Virtual PC」をクリックして、「タスクの終了(E)」ボタンをクリックしてみました。



「すぐに終了(E)」ボタンをクリックしました。



しかし、この方法では、エクスプローラーで「C:\Users\ユーザー名\Virtual Machines」を開くと、「Windows XP Mode.vmcx」が「実行中」あるいは「休止状態」になっています。つまり、シャットダウンが完了していません。



これをダブルクリックして起動しても、自動ログインまでは可能ですが、再び青い画面でストップして、デスクトップが表示されません。これだと、強制終了、デスクトップが表示できないの繰り返しなので、今回はこれの修復を試みました。



バックアップ

1.まずは、既存の環境をバックアップします。スタートボタン →「すべてのプログラム」→「Windows Virtual PC」→「Windows Virtual PC」をクリックします。



2.「Windows XP Mode.vmcx」をクリックして、さらに「設定」をクリックします。拡張子「.vmcx」が表示されない場合は、フォルダー オプションで拡張子が表示されるように変更して下さい。

フォルダー オプション - 隠されたフォルダー、ファイル、ドライブ、拡張子を表示する



3.「ハードディスク1」をクリックして、「仮想ハード ディスク ファイル(V)」の「参照(R)」ボタンをクリックします。表示された「仮想ハード ディスクの選択」で、アドレスフォームを反転させコピーします。コピーするには、アドレスフォームをクリックして反転させ、キーボードの「Ctrl」キーと「C」キーを押します。



4.エクスプローラーを開き、アドレスフォームをクリックして、キーボードの「Ctrl」キーと「V」キーを押すと、先ほどコピーしたアドレスが貼り付けられます。最後にキーボードの「Enter」キーを押します。すると、Windows XP Modeで使われるファイル群が表示されます。Windows XP Mode をセットアップするとき、初期状態であれば、以下の場所に保管されていると思います(ユーザー名は自分のアカウントに変更)。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows Virtual PC

しかし、任意でインストール先を変更している可能性もあり、私の場合はDドライブの「My Virtual Machines」フォルダーの「Windows XP Mode」フォルダーに変更してありました。



5.デスクトップで新規フォルダーを作ります。デスクトップの何も表示されていない場所で右クリックして、「新規作成(X)」→「フォルダー(F)」をクリックします。



6.とりあえず、フォルダー名を「backup」とします。



7.「backup」フォルダーをダブルクリックしてエクスプローラーで開き、「このフォルダーは空です。」を表示された場所に、Windows XP Modeで使われるファイル群をドラッグ&ドロップします。



既存ファイルを削除

1.バックアップが完了したら、元のフォルダー内の Windows XP Mode に関する「.vhd」「.vmc」「.vpcbakcup」「.vsc」などを削除します(全てのファイルが保管されているとは限りません)。同一ドライブ内でのドラッグ&ドロップは、コピー&ペーストではなく移動になります。



2.スタートボタン →「すべてのプログラム」→「Windows Virtual PC」→「Windows Virtual PC」をクリックして、仮想マシンを表示します。「Windows XP Mode.vmcx」を右クリックして、「削除(D)」をクリックします。



3.「このファイルをゴミ箱に移動しますか?」と問われるので、「はい(Y)」ボタンをクリックします。しかし、エラーで終了できず、実行中の私の環境では、これを削除することはできませんでした。



4.コンピューターを再起動しても状況が変わらないので、セーフモードで起動します。スタートボタンをクリックして、検索フォームに「msconfig」と入力してキーボードの「Enter」キーを押します。



5.「ブート」タブをクリックして、「セーフブート」と「最小」にチェックを入れて、「OK」ボタンをクリックします。



6.「再起動(R)」ボタンをクリックして、コンピューターを再起動します。



7.セーフモードで起動しました。スタートボタン →「すべてのプログラム」→「Windows Virtual PC」→「Windows Virtual PC」をクリックして、仮想マシンを表示します。「Windows XP Mode.vmcx」を右クリックして、「削除(D)」をクリックします。相変わらず休止状態であるものの、セーフモードでなら削除可能です。



8.スタートボタンをクリックして、検索フォームに「msconfig」と入力、キーボードの「Enter」キーを押します。「ブート」タブでセーフモードのチェックをはずして、「OK」ボタンをクリックします(つまり、次回は通常起動)。「再起動(R)」ボタンをクリックして、コンピューターを再起動します。



新しい Windows XP 環境を作成

1.スタートボタンをクリックして「すべてのプログラム」→「Windows Virtual PC」→「Windows XP Mode」をクリックします。



2.「Windows XP Mode を開始できません。1 つ以上の必要なファイルがみつからないか、無効です。新しい Windows XP 環境を作成しますか?」と問われるので、「新規作成(C)」ボタンをクリックします。



3.「Windows XP Mode 使用許諾契約書」を読み、同意できる場合は「ライセンス条項に同意する(A)」をクリックしてチェックを入れ、「次へ(N)」ボタンをクリックします。



4.インストールフォルダーを指定します。私は C ドライブ以外に作成するので、前回インストールしていたフォルダーを指定しました。初期状態では、以下アドレスになります。以下のアドレスをコピー&ペーストして、ユーザー名の部分を自分のアカウントに切り替えれば良いでしょう。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows Virtual PC\仮想マシン

フォルダーを順番に追っていき表示させる場合は、フォルダー オプションで隠しフォルダーを表示させる設定をします。パスワードとパスワードの確認を入力して、「資格情報を記憶する(推奨)(R)」をクリックしてチェックを入れ、「次へ(N)」ボタンをクリックします。

フォルダー オプション - 隠されたフォルダー、ファイル、ドライブ、拡張子を表示する



5.「コンピューターを保護します」は、「後で設定する(O)」をクリックして、「次へ(N)」ボタンをクリックします。なぜならば、元のハードディスクドライブに入れ替える可能性があるからです。そのつもりがなく、単純に Windows XP Mode を再インストールするならば、「自動更新をオンにして、コンピューターを保護する(推奨)(H)」を選択します。



6.「セットアップの開始(S)」ボタンをクリックします。



7.インストール中です。しばらくお待ちください。



8.無事に Windows XP Mode を起動できました。これをシャットダウンします。



バックアップした仮想ハードディスクからデータの抽出

バックアップした仮想ハードディスクからデータを抜き出すには、スタートボタン →「すべてのプログラム」→「Windows Virtual PC」→「Windows Virtual PC」をクリックして、仮想マシンを表示します。さらに「Windows XP Mode.vmcx」をクリックして、「設定」をクリックします。



左枠で「ハードディスク2」をクリックします。右枠で「仮想ハード ディスク ファイル(V)」をクリックしてチェックを入れ、「参照(R)」ボタンをクリックして、バックアップした「.vhd」ファイルを指定します。これにより、Windows XP Mode を起動して、エクスプローラーでバックアップした仮想ハードディスクドライブを読む事ができ、必要なデータを新しい Windows XP Mode がインストールされたCドライブに移動できます。



バックアップした仮想ハードディスクと入れ替える

私は、データを抽出するのではなく、「ハードディスク1」の「仮想ハード ディスク ファイル」の「参照(R)」ボタンをクリックして、バックアップした仮想ハードディスク「.vhd」ファイルを指定しました。もし、前の仮想ハードディスクに問題があるならば、今回も起動しないでしょう。その場合、「ハードディスク1」の「仮想ハード ディスク ファイル」を元に戻せば良いのですが、シャットダウンできなくなった場合、ここを変更することが出来ませんから、再び同じ作業をする事になります。



私の環境では、これで元通り起動できました。そこで、今回新しく作成した仮想ハードディスク「.vhd」のファイル名をコピーして、バックアップした仮想ハードディスク「.vhd」のファイル名に貼り付けて名前を同じにしました。さらに、新しく作成した「.vhd」を削除して、バックアップして名前を変更した「.vhd」ファイルをドラッグ&ドロップで移動しました。ファイルを置き換えるときは、Windows XP Mode が電源切断の状態であることを確認して下さい(シャットダウン状態)。



今回、「.vhd」ファイルを置き換えて修復できたので、電源が切れないトラブルの原因は分かりませんでした。通常の OS インストール作業よりも、Windows XP Mode のインストール作業は速くて簡単なので、気軽に実行できる内容でした。ただし、仮想ハードディスク「.vhd」に問題が発生している場合は、先の方法で「ハードディスク2」にバックアップした仮想ハードディスクを指定して、エクスプローラーで必要なデータだけを移動する必要があります。この場合、インストールしたアプリケーションなどは、再インストールする必要があります。

Windows 7 Windows XP Mode インストール方法 No1

Virtual PC の情報のバックアップと復元





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項