MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ENERMAX電源ユニットを保証期間内の修理に出してみました


3 TB のハードディスクドライブを増設する際、電源ユニットの I/O スイッチを「O」に倒したのが最後、再び電源が入ることはありませんでした。故障した電源ユニットは 2010 年 12 月 16 日に購入した ENERMAX(エナーマックス)社の MODU87+ EMG600AWTで、急遽購入したのが同社の REVOLUTION87+ 650W(ERV650AWT-G/B)です。現在、電源ユニットを交換したので、パソコンは正常に動作しています。


90.3TB ハードディスクドライブを増設Western Digital WD30EZRX-1TBP

91.電源ユニット交換:ENERMAX REVOLUTION87+ 650W (ERV650AWT-G/B)



今回は、この一連の作業の後日談となります。右が取り外した MODU87+ EMG600AWT で、捨てる準備に取り掛かりました。しかし、私はゲーマーでは無いし、グラフィックカードは補助電源無しのファンレスを好んで利用しているので、電源ユニットに負荷を掛けているつもりはありません。それなのに、購入して 2 年 10 ヶ月で壊れるのは如何なものかと、多少の未練はありました。



全部捨てようと付属品を引っ張り出したところ、箱に「5 YEARS WARRANTY(5 年保証)」の文字を見つけました。2 年 10 ヶ月なので、5 年保証が利用できます。ということで、早速 ENERMAX のWEBサイトのサポートページを探しました。



問い合わせ

製品マニュアルや FAQ を見て、それでも解決しない場合は、ENERMAX の修理受付ページにアクセスします。保証を受けるには、故障した製品が保証期間内である事が確認できる、保証書、レシート、購入明細書など、あるいは、通販で購入した場合は、ショップが作成した納品書、代金引換で購入した場合は、運送会社の領収書などのコピーが必要になります。このページに掲載されている内容を全て読み、「修理受付フォーム(メール形式)はこちらをクリックしてください。」をクリックします。

ENERMAX 修理受付



「お問い合わせの区分・ご購入証明書又はレシートの有無」には、「修理依頼」と「ご購入明細書又はレシート(有り)」にチェックを入れます。「お問い合わせの製品の型番」には、本体、あるいは、箱に記載された製品の型番を入力します。私の場合は「MODU87+ EMG600AWT」と入力しました。後は、名前、住所、連絡先の電話番号、メールアドレス、お問い合わせ内容を入力します。お問い合わせ内容には、現在の症状、製品のシリアルナンバー(製品に記載あり)、ご使用のシステム構成、ご購入店、お買い上げ日も入力します。私の場合が入力した内容は以下です。


「症状」
購入して2年10ヶ月後、電源が入らなくなりました(電源ユニットのファンも回転しません)。試したことは、必要最低限のドライブ(ハードディスク、光学式ドライブ)、マザーボード24P、補助電源8P、だけに絞って電源を投入してみましたが、症状は改善されませんでした。保護機能が作動した事を考慮して、CMOSクリア(マザーボードのジャンパーピンによる)、半日時間をあけて再度電力投入を試みましたが、やはり電源が入りませんでした。

「製品のシリアルナンバー」
*************

「システム構成」
マザーボード:ASUS P5B Premium Vista Edition Intel P965
CPU:Core 2 Quad Q6600(クワッドコア)
メモリ:1GB×4 DDR2 800MHz
グラフィックスカード:ZOTAC GeForce GT430 1GB GDDR3 PCIE 2slot heatsink Zone Editio
ハードディスクドライブ:500GB×1 / 1TB×1 / 2TB×1 / 3TB×1 SATA
OS:Windows 7 Professional 64bit

「購入店」
********************

「注文日付」
2010年12月14日

「購入日付」
2010年12月16日(代引き)

通販で購入したため、レシートがありません。販売店の商品パッキングリスト、納品書、ヤマトファイナンシャル株式会社(運送屋)による代引きの領収書はあります(納品書の店名、商品名、日付の記載あり)。また、楽天ポイントを使ったため、代金引換で支払った額は、購入価格より低いです(納品書に購入価格は記載されています)。

入力が完了したら、「確認画面へ」をクリックします。内容を確認したら、「投稿する」をクリックして、メールの返信を待ちます。



翌日、メールの返信を受け取りました。右のスクリーンショットでは、送り先を伏せていますが、このメールに送り先が掲載されています(メールの内容は定型文だと思います)。



梱包作業

さて、荷物を送る準備をします。納品書と代金引換の領収書のコピーを作成します。住所、氏名、購入日付、製品型番が記載されているので、購入した証明書になります。



電源ユニットだけ送っても問題無いと思いますが、ケーブルの故障も考えられます。面倒なので同梱物を全て送りました。



購入した時の箱があったので、それに入れて直しました。



さらに、一回り大きな箱に、梱包材(緩衝材)と共に収納して、メールにあった住所に送りました。



修理完了

9 月 4 日に送り、9 月 13 日に修理から戻りました。3 週間ほど掛かるとありましたが、時期や故障内容により前後するのだと思います。



茶封筒に修理前検査、修理内容、修理後検査の報告書がありました。修理前検査で、電源の起動試験と電圧の試験が「NG」となっていました。修理内容は「一次側ライン上の抵抗を交換しました」。この RMA(Return Merchandise Authorization:返品確認)レポートは、今回の修理に対する保証書となるので、大切に保管するとのこと。



付属する AC コードを必ず使うようにと注意がありました。付属の AC コードは、ワット数(出力)に会わせ余裕を持たせた仕様となっており、以前、使用していた AC コードの A(アンペア)が会わない場合、事故の起きる可能性があるとのことです。


2013 年 9 月 2 日(月) 修理依頼メールをWEBページのメールフォームから送信
2013 年 9 月 3 日(火) メールの返信を受信。壊れた電源ユニットを梱包。
2013 年 9 月 4 日(水) 電源ユニットを宅配便に出す。
2013 年 9 月 13 日(金) 修理から戻る。


今回、電源ユニットが故障したため、現役を引退した電源ユニット(iGreen Power EMI 500W RS-500-ASAA-EMI)に交換、新しい電源ユニット(REVOLUTION87+ 650W(ERV650AWT-G/B))を注文して、新品と交換するまでを凌ぎました。電源ユニットを購入せず、修理の 10 日間を待つのは厳しい環境でした。今度は、今回修理した電源ユニットを予備として保管でき、今使っている REVOLUTION87+ 650W(ERV650AWT-G/B)が故障しても慌てずに対処できます。

このページに関するビデオを YouTube にアップロードしました。JavaScript とFlash Player が利用できる環境なら、以下の「ビデオを見る(Watch Video」をクリックするとプレイヤーが表示されます。そうでない場合は、動画への直リンクをクリックすると、YouTube サイトで動画を視聴できます。



ENERMAX 電源ユニットを修理に出してみた - YouTube





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項