MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

トラブル体験記:ATOKとOffice IME 2010の日本語入力環境で、フォーム入力や漢字変換ができなくなる


管理人は、Justsystem(ジャストシステム)社の日本語入力ソフト ATOK 2008(エートック)と、Microsoft Office System(マイクロソフト オフィス システム)2007に付属する Microsoft IME 2007 を 2010 にアップグレードして利用しています。主に利用しているのは ATOK です。

時々、ATOKで日本語入力、漢字変換、辞書機能を利用する事ができなくなります。



もう一つ、似たような現象で、アドレスフォームや投稿フォームへの入力、コピー&ペーストができなくなります。これらの現象が発生する時は、「Alt」キーを誤って押してしまい、メニューが表示された時、または、フォーカスが入力できる範囲から離れた時に発生している様です。もちろん、そうなった時は、再び「Alt」キーを押してフォーカスを戻しますが、すでにトラブル突入状態です。これは、特定のブラウザで発生するのではなく、全てのブラウザで発生します。



この現象が発生した場合、日本語入力ソフトを切り替えると改善します。切り替え方法は設定可能で、例えば管理人は左「Alt」キー+「Shift」キーを押して、ATOKからOffice IME 2010 に切り替えています。ATOKで日本語入力ができなくなった場合、Office IME 2010 に切り替えれば、当然ながら変換可能です。さらに、左「Alt」キー+「Shift」キーを押せば、ATOKに切り替わり、入力や変換機能が復活します。つまり、トラブルに遭遇したら、左「Alt」キー+「Shift」キーを二回押すと、正常に戻ります。



日本語入力システムが二つインストールされているのが問題なのか? いえいえ、シングルの場合でお同様の問題は発生します。その時は、日本語に限らず、入力を一切受け付けなくなります。この場合、ブラウザのアドレスフォームを一度クリックすると、直ったりします。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項