MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

トラブル体験記:Windows Update を実行したら、ビデオのサムネイルが表示できなくなった


今月の Windows Update(ウインドウズ アップデート)は数が多いです。毎度お馴染みのアップデートを実行してから、Windows Media Player(ウインドウズ メディア プレイヤー)を起動すると、「Windows Media Player へようこそ」画面が表示されました。



Windows Media Player は、Windows に付属する動画再生アプリケーションで、初めて起動する場合は「ようこそ」画面が表示されます。しかし、それまで利用していて、Windows Update 後にこの画面が表示されたという事は、何かしらの設定が初期化した可能性があります。いつも通り、「カスタム設定」でこの画面をクリアしました。しかし、それまでエクスプローラーでビデオファイルを参照した時、サムネイルが表示されていたのに、これがファイルによっては表示できなくなりました。

サムネイルが表示できないビデオファイルは、Windows 標準で再生できるファイルに支障はありません。問題は、何かしらのコーデックを任意でインストールして再生するビデオファイルです。サムネイルが表示できなくても、再生する事はできます(コーデックがインストールされていれば)。管理人はコーデックパックをインストールしていますが、これにより、ほとんどのビデオファイルのサムネイルを表示する事が可能になりますが、DivX などの個別のコーデックのアップデートを実行すると、サムネイルが表示できなくなります。これの対処方法は、以下のページに掲載しています。

DivX をアップデート後、今まで表示されていたサムネイルが表示できなくなった

FLV ファイルのサムネイルが表示されない

コーデックパックのインストール方法( Windows 7 対応版 )



今回、管理人の環境でサムネイルが表示できないファイルは、.mp4 コンテナのファイルです(サムネイルが表示されるものと、さらないものがありました)。いつも通り、レジストリ エディタ(regedit)を起動して、.mp4 の「Shellex」に、新しい値が生成されていたの、これを削除しました。さらに、値を変更しました。これらの変更方法は、上のリンク先に掲載しています。今回、これを実行してもサムネイルが表示されませでした。



管理人は、「Media Player Classic」の 64 ビット版と 32 ビット版を使っていますが、Direct show ビデオの設定を「EVR カスタムプレゼンタ」に設定しています。これでビデオファイルを開いた時、DirectX に関するエラーが表示されました。



という事で、DirectX エンド ユーザー ランタイム をインストールすると、無事サムネイルが表示されました。もちろん、レジストリ エディタで該当する拡張子の変更は必須です。

DirectX エンド ユーザー ランタイム Web インストーラ





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項