MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Media Center のデコーダー エラー


Windows 7 を再インストールして、録画して放置した番組データは失いましたが、再びシリーズ録画を開始しました。しかし、録画したデータをクリックすると・・・



「デコーダー エラー」が発生しました。再インストールにより、このエラーが自然に発生する事はありませんが、コーデックパックをインストールした時の設定が原因です。

デックパックのインストール方法( Windows 7 対応版 )



64 bit 版の Windows 7 で、事情により 32 bit 版と64 bit 版の「K-Lite Codec Pack」をインストールしていますが、さらに事情があって、Windows 7 に付属する 64 bit 版の H.264 コーデック だけを無効にしています。これは、Windows 7 にはじめから搭載されている H.264 コーデックを使いたく無い事情があるからです。例えば、Windows 7 64 bit 版ならば、エクスプローラーや Windows Media Center は、64 bit 版を使用します。サムネイル生成の時も、64 bit 版が使われます。これらの変更は、「スタート」→「K-Lite Codec Pack x64」→「Tools」→「Win7DSFilterTweaker」で設定します。



64 bit Decoder(デコーダーはエンコーダーの反対でエンコードされたものを読みます)で H.264 を「ffdshow」に設定すれば、エクスプローラーで表示できなかったサムネイルを、ffdshow を使って読み込んで表示できます。一方、32 bit は、Windows 7 標準を維持します( Windows Media Player は 64 ビット版と 32 ビット版が付属するため )。



次の次の画面で、Disable Microsoft DTV-DVD Video Decoder(64-bit)にチェックを入れてしまうと、録画(エンコード)さらたデータをデコードできなくなります。つまり、チェックを外す必要があります。もちろん、「K-Lite Codec Pack x64」をインストールした時、初期状態ではチェックは入っていません。何かしらの目的で外したのであれば、Windows Media Center で録画した番組を再生できなくなります。



チェックを外して「Apply」ボタンをクリックして、「はい(Y)」をクリックすれば、Windows Media Center で録画した番組が再生できます。もちろん、再インストールした場合は、別のコンピューターとして認識されるので、その前に録画したデータは視聴できません。

Windows 7 Windows Media Center 設定方法




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項