MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

トラブル体験記:Bing バーでサインインができない


Bing バーは事実上、MSN ツールバー、Windows Live ツールバーの後継で、Silverlight を使った格好いいブラウザ用ツールバーです。管理人は英語版の時から使っていましたが、Windows Live Essentials をインストールしてからボロボロになってしまいました。Bing バーは MSN 関連をよく利用するユーザーはもちろん、Bing 検索、Windows Live サービスを利用するユーザーにも重宝します。 管理人は、Windows Live サービスを利用するので、Bing バーの方が都合良いのですが、Windows Live ツールバー、Bing バーは、サインイン、サインアウトの機能が搭載され、トラブルが発生しやすいと思います。



ブラウザトラブルのほとんどは、アドオンに関係して、アドドン管理も存在しますが、個別に確認する必要があり、面倒な作業となりました。アドオンの管理や IE 8 の初期化機能を使ってみましたが、どうにもこうにも解決できそうにありません。



今回のトラブルの症状

Windows Live Essentials をインストールしてからのトラブルは、まず、Windows Live Messenger を起動してサインインします。管理人は、特定の時間だけサインインしているので、サイトやツールバーの連携機能は使いません。



次に、サインインアウトします。チャットが終わった時や、誰もサインインしていなかった時など。



すると、再びサインイン画面が表示されます。これの意味は不明ですが、Windows Live Essentials の Messengerは、サインイン機能が分離している事に関係すると思います。連携して常にサインインしているユーザーにとっては便利でも、必要な時だけサインインして利用するユーザーにとっては、非常に使い勝手が悪くなってしまったと思います。



もちろん、サインイン画面が表示されるだけなら、大した我慢できます。問題は、Windows Live Messenger でサインアウトすると、Bing バーは 100% 使えなくなる事です。「Bingバーを最新バージョンに更新しています。しばらくお待ち下さい」の表記は、前のバージョンでも目にしましたが、今回のトラブルは、いくらまっても更新される事はありません。これにより、ツールバーからサインインする術を失います。さらに、これは再起動しないと元に戻りません。



再起動しないで元に戻す方法は、「コントロールパネル」→「プログラム」→「プログラムと機能」で、「Bing バー」を選択して「変更」ボタンをクリックします。



Bing バー インストーラーが起動するので、指示に従い修復します。



早い話が、インストール初期状態に戻り、Bingバーの構成を経て元に戻ります。この時、Windows Live Messenger が自動起動して自動ログインします(メッセンジャーでその機能を無効にしているにも関わらず)。この意味不明な動作から、次第にBingバーの問題ではなく、Windows Live Messenger Betaに問題がある事に気がつきます。



アクセスしたサイトにより自動サインインを阻止するには、アドオンの「Windows Live」を無効にすれば解決しましたが、新しい Windows Live Essentials では、「Windows Live Mail and Messenger」に置き換わっています。これを無効にすれば、連携を阻止できます。

Windows Live Messenger が勝手に起動してしまう

コンピューターを起動した時、または、インターネットに接続した時の自動起動とは話が別です。こちらを制御するのは、Windows Live Messengerのオプションパネルとなります。

Windows起動時にWindows Live Messengerを起動させない方法

新しいWindows Live Messenger のサインインパネル(プロセスでは「wlcomm.exe (Windows Live Communications Platform)」となっています)で、IDとパスの保存、さらに、Windows Live Messenger を起動したら自動的にサインインするかを設定でき、自動サインインはチェックしていません。この状況で、Bing バーを修復したら自動サインインしたため、どうやら Windows Live Messenger が怪しいと思います。



今回のトラブルは、Windows Live Messenger が正常終了できない事に起因していると思われます。Windows Live Messenger でサインアウト、または、終了を実行すると、アプリケーションはデスクトップから消え、サインインパネルが表示されます。サインインパネルは、プロセス「 wlcomm.exe ( Windows Live Communications Platform ) 」で、パネルを閉じれば、このプロセスは正常に終了します。しかし、Windows Live Messenger プロセス「msnmsgr.exe」は終了される事はありませんでした。さらに、Windows Live Messenger を起動してサインインすると、このプロセスが二つ表示されます。デスクトップで Windows Live Messenger を終了しているにも関わらず、プロセスが解放されない状態で Bing バーでサインインしようとすると、Bing バーが確実に落ちます。この場合、タスクマネージャのプロセスで「msnmsgr.exe」を右クリック「プロセスを終了」を実行すると、Bing バーが復活します。一方、Windows Live Messenger を起動したサインイン状態では、Bing バーのサインインも上手くいきます(これは通常状態)。



Wave 4 の Windows Live Messenger だけアンインストールして、再びインストールを試みましたが、単体でインストールする方法が見つかりません(Betaゆえにか?)。そこで、Windows Live Essentials をアンインストールして、コンピューターを再起動。再び Windows Live Essentials をインストールしても問題は解決されませんでした。再び アンインストールして、今度は Wave 3 をインストールしてみました。古いバージョンであっても、プロセス「msnmsgr.exe」が終了できない症状は同じでした。つまり、管理人が使っていて気がつかなかったとも言えますが、Bing バーのトラブルは発生していませんでした。



管理ツールのイベントビューアで確認したところ(管理人のレベルでは見たところで対処方法は分からないです)、次の二つが頻繁に警告されています。


次のエラーのため、セッション "WindowsLiveMessenger_RTMDebug" を開始できませんでした: 0xC0000022
次のエラーのため、セッション "WindowsLiveMessenger_MediaStackETW" を開始できませんでした: 0xC0000022

これが何を意味するのか不明で、検索しても見つけられませんでした。ただし、これが発生しだした日付を遡ると、Windows Live Essentials にアップデートした日と一致します(ホームページで日記を掲載しているので確認できました)。Windows 7 64bit 版がインストールされた他のパソコンで、Wave 3 の Windows Live Messenger の動作をタスクマネージャのプロセスで確認したところ、メッセンジャーを終了すれば、確実にプロセス「msnmsgr.exe」は終了されていました。Bing バーでサインインできない原因は、ほぼ間違いなく「msnmsgr.exe」が終了されず、プロセスに居座る事だと思われます。



再び、Windows Live Essentials にアップグレードしましたが、問題は解決されませんでした。結局、Windows 7 が壊れたと判断しました。Windows Live Messenger をアンインストールして使わない、または、使った後にタスクマネージャからプロセスを終了すれば、利用し続ける事は可能です。Bing バーを使わない手もありますが、Windows Live Messenger が終了できないトラブルは継続するため意味はありません。しかし、Windows Live 側に問題があると言うより、OS の方に問題があると考えられます。この場合、SP1 などが登場してアップデートすると、それが引き金となり OS が完全に壊れるかも知れません。SP1 が登場して適用する場合は、バックアップが必須です。



再び Windows Live Essentials を全て削除して、レジストリ「MSNMessenger」を丸ごと削除してインストールし直しましたが、改善される事はありませんでした。現時点で管理人のスキルでは、OS を再インストールしないと駄目かも知れません。解決できずに残念です・・・

続:最新の Beta 版をインストールしたら解決しました




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項