MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

体験記:熱暴走?でWEBサーバーがダウン / ノートPCを分解してみました


本日、お昼頃から2時間ほど、MB-Support の WEB サーバーがダウンしました。 この間、アクセスして頂いた方には、大変申し訳ありませんでした。今回のトラブルの原因を探ってみました。

まず、トラブルに気がついたのは、ホームページを更新しようとして、ローカルからアクセスした時です。 WEB サーバーにアクセスできない状態になっている事に気がつきました。 またネットワークの不調かと思いましたが、ルーターやモデムを再起動しても直らず。

もの凄いミスを犯している事に気がついたのはしばらく悩んでからです。 WEB サーバーがシャットダウンしているではありませんか!! しかし、なぜ電源が落ちているのか? ここで、今朝の出来事を思い起します。 まず、WEB サーバーで利用しているノートパソコンが、最近はうるさいなと感じていた事。 おそらく、ホームページを作成しているパソコンの CPU クーラー&ファンを交換 したあたりから、騒音に過剰反応していると思われます。 そこで、本来やってはいけない、電源を入れっぱなしでファンに掃除機の吸引口を押し当てて、埃を除去しました。 これが、間違いだらけの推理のはじまりです。シャットダウンされたノートパソコンは非常に熱かったです。 つまり、今朝の作業でファンを壊してしまった可能性があると考えました。



パソコンの買い換えに発展するため、ホームページの配信を止め、ファンを掃除してみました。見た感じは問題なさそうです。



電源を落としてあるので、掃除機でしっかり埃を吸い取ります。 これで、再び電源を入れてみました。すると、最初はファンが回転するのですが、すぐに止まってしまいます。 ファンを交換する必要があるのだろうか?その前にノートパソコンのファンは単品で販売されているのか?



再び電源を落として、内部からファンを掃除しようと思いました。 きっとケーブルか埃の固まりが詰まっているのだろうと。 ノートパソコンの分解は面倒で、このモデルは下部からアクセスします(危うくキーボードをはがすところでした)。 下部のカバーと上部のカバーを止めるネジが 15 本。ハードディスクドライブカバーのネジが 2 本、さらに、ハードディスクドライブを撤去してネジが 1 本。 メモリーカバーのネジが 2 本、無線 LAN カードカバーのネジが 1 本。 バッテリーを取り外してネジが 5 本。合計 26 本のネジを外す必要がありました。



こうして見えたのがCPUファンです。



問題が発生するほど埃が詰まっているとも思えませんが、とりあえず掃除機で埃を吸い取りました。



ファンが回転しなくなる原因は、マザーボードと接続するファンケーブルにあるのでしょう。 マザーボードのそこだけが故障したとか。とりあえず、ファンを取り外すのに、2 本のネジをゆるめます。



取り外した状態で、再び掃除機による吸引です。



掃除機だと、全ての埃を除去できません。 CPU ファンを取り付けた後に、奥から巨大な埃が顔を出しました。 ピンセットで除去したものの、これがファンを止めるほどの威力があるとも思えません。 やはり、電気的な故障なのか・・・ とりあえず、ファンケーブルも差し直しました。

再びネジを 26 本、ファンも含めると 28 本を締め直して起動した結果、やはり、最初は勢いよくファンが回転するものの、再び止まってしまいます。 このままでは、熱暴走で再び強制シャットダウンになるだろうと考えました。 しかし、よく考えると、ノートパソコンのファンは常に回転しているのだろうか?

パソコンを裏返してファンの通気口をのぞき込むと、回転したり、止まったりしているのを確認しました。 ここ数日、ノートパソコンのファンの音がうるさかったので、今朝、掃除機で吸引したわけですが、その後、静かになったため、ファンが回転しているのが分かりませんでした。 もちろん、分解して掃除した事と、メインマシンの電源ユニットの騒音でかき消され、ノートパソコンのファンの騒音が聞こえなかっただけみたいです。 そして、常にファンが回転している訳でもないのが普通です。てっきり熱暴走でシャットダウンしたと思い、勘違いしていました。



しかし、しばらくすると再びシャットダウンされていました。もちろん、OS のスリープや休止状態への移行は変更していません。 となると、原因は何なのか?やはり、熱暴走か? ここで全てが解決されました。ACアダプターのケーブルが抜けていました。私はアフォなのか?

ノートパソコンにはバッテリーが内蔵されていて、購入時点よりはバッテリーは消耗しているものの、AC アダプターケーブルを引っこ抜いても多少は稼働し続けられます。 そして、しばらくするとバッテリーが無くなり、シャットダウンされるわけです。 よく考えると、今朝、やってはいけない電源を入れたまま、ファンに掃除機の吸引口を当てたとき、パソコンを持ち上げながら作業をしました。 なぜならば、ノートパソコンのファンは下に設置されているからです。 これにより、AC アダプターケーブルが完全ではありませんが、抜けていたのです。この完全に抜けていなかった事も、間違った推理へと導きました。

強制シャットダウンしたノートパソコンを分解した時、非常に熱かったです。 しかし、このパソコンを分解するには、ハードディスクドライブを取り出す必要があります。 このハードディスクドライブに触れた印象が、熱暴走を連想させたと思います。 しかし、ノートパソコンだろうと、デスクトップパソコンであろうと、ハードディスクドライブは非常に高温なのです。 さらに、ファン一つで熱を処理している、このノートパソコンは、もともと熱いのです。 また、ファンの埃を除去した事で、騒音が気にならなくなったのも逆効果でした。ファンが回転している事を察知できないほど、メインマシンの電源ユニットがうるさいからです。



なぜ、今まで遭遇しなかったACアダプターのケーブルが抜けやすくなったのか? この原因は、先日の配線をまとめる作業にあります。 パソコン周りのケーブルが床に置いてあると、掃除するのが面倒なので、ケーブルを机の下に隠して、配線をまとめました。 ノートパソコンの設置場所に合わせて、AC アダプターのケーブルも調整したわけです(電源ケーブルは結束バンドを利用してはいけません)。 これにより、少し持ち上げただけでも、調整されたケーブルの長さの許容範囲を超え、ケーブルが抜けてしまうのです。

パソコン周りの配線を何とかしたい!

パソコン周りのケーブルを結束する便利グッズ



結果的に、分解してファンを掃除したことで、あの大きな埃の固まりも除去でき、静かなノートパソコンになりました。 てっきり、パソコンが壊れたと思って、3 万円くらいの BTO パソコンを注文するところでした・・・

個人の WEB サーバーなら、デュアルコア Atom を使ってみたいところ。 ION も関係無いので、OS 無しでメモリをー 2 GB に変更、ハードディスクドライブ 500 GB と DVD スーパーマルチ、マルチカードリーダーで見積もると、33,100 円とお買い得。 24 時間稼働するパソコンなので、消費電力が低いファン無しにメリットがあると思います。ただ、電源ユニットがどうなのか・・・・ 64 ビットにも対応。サーバー OS が高いです。

WEBサーバーのメモリを増設しました

ノートパソコンの 2.5 インチハードディスクをデスクトップで利用する方法




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項