MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

体験記:停電でパソコンがシャットダウン


パソコンを突然シャットダウンすると、ハードディスクドライブにダメージを与える可能性が高く、これは古いハードディスクドライブほどトラブルに発展する確率が高いかも知れません。ハードウェア以外にも、それまで作成したデータを保持する事ができず、もう一度最初からやり直し・・の流れが一般的でした。

先ほど、Windows Vista にして初めてパソコン稼働中に停電に遭遇したのですが、まずノートパソコンは AC アダプターからの電力は遮断されるものの、バッテリーが搭載されているので停電時でも突然シャットダウンする心配はありません。これらの装置をデスクトップパソコンでも搭載する事はできますが、それを搭載していないパソコンだったため、突然のシャットダウンとなりました。ブレーカーを確認したところ問題はなかったので、ここら一帯の地域が停電したと思われます。



停電は数分で回復しました。パソコンの電源を入れると Windows Vista が起動する前に右の画面が表示されます。 これは、停電の後だけではなく、何かしらの強制終了を実行した時にお馴染みの画面です。 今回は明らかにドライバーやアプリケーションをインストールした直後でないため、実行した何かを改善する目的はありません。「Windows を通常起動する」を選択します。



まず、Windows Vista の環境に IE 8 RC1 を利用していたので、直前のセッションを回復できます。



これで、停電による突然のシャットダウンに遭遇する前にアクセスしていたページが回復されます。 これは、複数のタブを開いている状態でも有効です。 もちろん、YouTube にアップロードしている途中で停電に遭遇したならば、レジューム機能が存在しないので最初からやり直しとなりますが、セッションの復元は意外と便利です。



次は、Microsoft Office Word 2007 を起動していみます。Word は多くのアプリケーションと同じく、上書き保存を頻繁に実行する事でデータを保持できます。 つまり、何かしらの問題が発生した場合に備え、全ての作業が完了する前に、こまめに上書き保存を実行する癖があります。 しかし、それでも突然のシャットダウンには対処できない場合もあります。



Microsoft Office OneNote 2007 は特殊で、上書き保存の概念が無く、アプリケーション任せで状況を保存してくれます。 しかし、Microsoft Office Word 2007 はそうではありません。停電から復帰後、Microsoft Office Word 2007 を起動すると、任意で上書き保存したデータと、Microsoft Office Word 2007 が自動でバックアップしたデータを選択する事ができます。



左が、データが回復されていない状態で、右が停電前にバックアップされたデータです。 バックアップされたデータが必要であるならば、それ以外の Word を閉じ、バックアップデータを上書き保存して回復できます。

今回の停電で失ったものは停電中のパソコン作業にかけられる時間であり、データは回復する事ができました。ハードディスクドライブに致命的なダメージがある場合、起動する事ができませんが、起動したからと言って全く問題無いとも限らず。しかし、それはしばらく様子を見る必要があります。データ保持に関してソフトウェアが進化したおかげで、失ったものはありませんでした。便利な時代になりました。



一方、ホームページを制作しているアプリケーションは Microsoft Office FrontPage 2003 を使っていて、これは Office 2007 よりも利用している期間が長いので何回か停電に遭遇しています。 復元された試しはありません。やはり、その時代に合ったアプリケーションやハードウェアを利用する事で、安定性は増すと思われます。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項