MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

セーフモードで起動する方法


セーフモードで起動するには、デスクトップ左下のスタートボタン、または、Windows ボタンを左クリックして、検索の開始の欄に「msconfig」と入力して、検索結果の「msconfig.exe」を左クリックします。



Windows Vista(ウインドウズビスタ)の場合はスタートパネルで検索できますが、 Windows XP では「ファイル名を指定して実行」で、名前に「msconfig」と入力して「OK」ボタンを左クリックしても同じです。



また、このプログラムは「C:\Windows\System32」の中にあります。 Windows インストール初期状態では拡張子「.exe」が表示されませんが、「msconfig.exe」をダブルクリックしても同じ事です。



「システムの構成」パネルが開いたら、上部の「ブート」タブを左クリックします。 さらに、「ブートオプション」で「セーフブート」をチェック(左クリック)して「OK」ボタンを左クリックします。



「再起動(R)」ボタンを左クリックします。



再起動すると、セーフモードで起動します。セーフモードでは、必要最低限のプログラムが動きません。 Windows Vista の場合は、Windows Aero が無効になります。画面の四方に「セーフモード」と表示され、解像度も低いため、デスクトップのアイコンが通常起動時よりも大きく、殺風景かもしれませんが、再び通常起動すれば、アイコンの位置に変化はありません。 ここで、通常起動時に削除できないファイルや、ドライバーの変更を実行します。



作業が完了したら、再び「msconfig」を実行します。今度は、通常起動に戻すので、「システムの構成」パネルが開いたら、上部の「ブート」タブを左クリックします。 さらに、「ブートオプション」で「セーフブート」のチェックを外し(左クリック)「OK」ボタンを左クリックします。



「再起動(R)」ボタンを左クリックします。以上で再起動が実行され、普段利用する通常状態の Windows が起動します。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項