MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Update にトラブル発生

 Microsoft Update または Windows Update が終了しない


Windows Update は、Windows が発売されてから提供されたセキュリティ更新プログラムや、追加機能をダウンロード&インストールできる機能ですが、Office に関するアップデートも可能な Microsoft Update に移行している場合もあります。 自動更新機能を有効にしていれば、ダウンロード&インストールが自動で行われるのですが、まれにトラブル場合があり、そこで手動で Windows Update を実行すると、正しく適用したにも関わらず、自動更新機能が稼動する場合もありました。

しかし、 5月の月例 Windows Update ( アップデートを1ヶ月に1回とする事で、管理者の手間を省く、まれに、緊急アップデートが公開される時もある ) では、Microsoft Windows XP 、Microsoft Windows Server 2003 、Microsoft Windows 2000 の環境で自動更新を実行すると、エラーが表示されアップデートが完了できなかったり、CPU使用率が上昇して更新が終了しないトラブルが発生しました。



このトラブルを解決するには、2 つのプログラムをインストールする必要があります ( Windows 2000 の場合は 1つ ) 。 詳細は以下。


Microsoft Update または Windows Update が終了しない(リンク切れ)



まず、Windows 2000 以外を利用しているユーザーは、更新プログラム 927891 を手動でダウンロードしてインストールします。



修正プログラム パッケージ 916089 の適用後、Windows Update から更新プログラムをインストールすると、アクセス違反が発生する

自分のパソコンにインストールされた OS に適したものをダウンロードします。 Windows Server 2003 用が 3 つと、Windows XP 用が 2 つあります。 Windows Server 2003 を利用するユーザーが、私のページを参照しているとは思えない、もしくは、自分が利用しているOSが分からないとは思えないので省きます。 また、Windows XP ×64 Edition を利用している場合も、分からないとは思えないので省きます。つまり、Windows XP を利用するユーザーは、64ビットエディション以外は Windows XP 用の更新プログラム (927891) パッケージ を左クリックします。



更新プログラム 927891 をダウンロードするには、Windows Genuine Advantage を実行する必要があります。 簡単に言ってしまえば、利用している Windows が海賊版であるか否かを検出するプログラムを実行して、正規の Windows であればダウンロードできる仕組みです。 「続行」を左クリックします。



正規の Windows が確認されると、今度は「ダウンロード」ボタンが表示されます。 これを左クリックします。



セキュリティの警告が表示されます。「保存(S)」を左クリックします。



ダウンロード場所は、分かりやすいデスクトップにしましょう。左メニューの「デスクトップ」を左クリックして、さらに「保存(S)」を左クリックします。



ダウンロードが完了したら、「閉じる」を左クリックします。



デスクトップにダウンロードしたファイルをダブルクリックすればインストールウィザードが開始されますが、このプログラムの適用を完了するにはコンピュータの再起動が必要になります。 そこで、面倒なので次にインストールする必要がある「Windows Update Agent 3.0」も、同じくデスクトップにダウンロードしてしまいましょう。



上のテキストリンクを左クリックして、ダウンロードサイトを開きます。 ページ中段にダウンロードテキストリンクが表示されています。 Windows Update Agent 3.0 は、Windows 2000 ユーザーも必要です。 64ビット版、もしくは、プロセッサ Itanium 版の Windows を利用していないユーザーは、Windows XP 、Windows Server 2003 および Windows 2000 用 を左クリックします。

ダウンロード方法は上と一緒で、こちらは Windows Genuine Advantage を必要としません。 同じくデスクトップにダウンロードしましょう。




これで二つのファイルがデスクトップにダウンロードできました( Windws 2000 の場合は windowsupdateagent30-x86.exe だけ)。 次はインストールします。Windows XP または、Windows Server 2003 ユーザーは、先にダウンロードしたファイルをダブルクリックします(ファイル名に 30 の文字が無い方)。 また、このインストール作業にはコンピュータの再起動が必要です。



セキュリティの警告が表示されます。「実行(R)」を左クリックします。



ソフトウェア更新のインストールウィザードが表示されます。「次へ(N)」を左クリックします。



使用許諾契約が表示さます。内容を読み納得した上で「同意します(A)」を左クリックして、さらに「次へ(N)」を左クリックします。



インストール中です。しばらくお待ちください。



インストールが完了しました。「完了」を左クリックすると、自動でコンピュータの再起動が開始されます。



コンピュータの再起動後、Windows Update Agent 3.0 をインストールします。このインストールは再起動を必要としません。 Windows 2000 ユーザーはこのファイルだけインストールすれば完了です。インストール方法はこのファイルをダブルクリックします。 あとは以下のサイトに掲載されています。基本的に上に掲載した内容とほぼ一緒です。



その他、Windows アップデート関連

Windowsアップデート

便利な自動アップデート

Windowsアップデート更新履歴を調べる方法

セキュリティ情報一覧からアップデートする

Windows Update - 管理人の独り言




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項