MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windowsロゴが出た後にストップする場合

 もう少しのところで止まりますね。確認するべき事は周辺機器の接続と、グラフィックスカード、セーフモードによる起動の試み、Windowsが故障したかハードディスクドライブが故障したかです。


Windows のロゴが出てその後に進めない場合の原因は 3 つ事が考えられます。 1 つは、ハードウェアを増設して対応していないか接続不良の場合。 2 つ目は、Windows が起動できないほど壊れた場合。3 つ目は対応していないグラフィックスドライバをインストールしたため、描画する事ができない場合です。



接続されているハードウェアを確認する

パソコンの電源を投入した状態で抜き差しできないデバイスとして、PS/2 接続の入力機器を疑ってみましょう。 パソコンの電源を切り、キーボードやマウスを挿し直してみて下さい。



対応していないグラフィックスドライバをインストールした場合、もしくは、対応していないグラフィックスカードを増設した場合

パソコンの電源を入れ、一番最初にアクセスするのがグラフィックスカードに搭載された BIOS です。 それを通過してWindowsのロゴまで表示できたのであれば、グラフィックスカードは認識されている事になります。 しかし、対応していないカードや、 マザーボード やその他のデバイスに搭載されたチップセットと相性が悪い場合は、描画する事ができずに動作を停止します。 その状態の写真を掲載できればよいのですが、撮り忘れました。 場合によっては真っ黒の画面のままの状態もあります。本来、出力するものが無ければ、もしくは、パソコンから出力が確認できない場合は、ディスプレイ側でエラーメッセージを表示します。 それが確認できず、真っ黒の画面のままという状態は、何かしらの情報をディスプレイに送っているが、描画ができない状態です。増設したグラフィックスカードを元に戻してみましょう。 またはドライバをインストールした後にこの状態になったのであれば、次の事を実行して下さい。



Windows が壊れている場合

電源を投入して「F8」キーを押し続けます。すると、真っ黒な画面に白文字でメニューが表示されます。まずはメニュ−から「前回正常起動・・・」を選択して通常の起動を試みて下さい。 これは 2 〜 3 回繰り返す事で上手く起動する事もあります。駄目ならば「セーフモード」を選択して起動を試みてください。 セーフモードで Windows が起動できるのであれば、そこからインストールしたドライバを元に戻せます。

セーフモードで起動してパソコンが正常に起動していた状態に戻す方法

また、Windows のロゴが表示された後にかならず止まるとは限りませんが、Windows が起動できない理由としてメモリが故障した事も考えられます。 とりあえず、メモリを挿し直してみる事をおすすめします。

トラブルに遭遇した時のデバイスの挿し直しによる効果とは?

OSインストール作業の流れ

それでも駄目な場合は OS 再インストールを実行しましょう。 ハードディスクドライブ の故障も考えられますが、再インストールが完了できなれば、その答えが出ます。

OSインストール作業の流れ




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項