MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

BootDisk Failer Insert System Disk And Enter と表示される

 フロッピーディスクが挿入されていないか?Boot Device の設定でハードディスクドライブが指定されているかの確認が優先です。それでも駄目なら Windows が故障したか、ハードディスクドライブが故障した可能性があります。


パソコンの電源を入れて Windows のロゴが表示される前に BootDisk Failer Insert System Disk And Enter が表示される場合は、起動すべきシステムが無い事を意味します。 パソコンを組立てた段階で、 マザーボード 、電源ユニット、 ハードディスクドライブ (空)、メモリ、プロセッサ、グラフィックスカード、ディスプレイを接続して、パワースイッチをショートさせて起動した場合でこの表示が出れば、とりあえず正常に各パーツが稼働した事になります。

ところが、前回起動した時、Windows を利用していたならば、この表示は何かしらのトラブルが発生した事になります。 これはハードディスクドライブの故障が考えられますが、とりあえずハードディスクが認識されているか否かは不明です。 少なからず、ハードディスクドライブにインストールした Windows が起動できない状況ですが、Windows に問題があり起動できないのか、ハードディスクドライブが認識できずに起動できないのか判断できません(故障、接触不良)。 順番に確認していきましょう。



1.フロッピーディスクドライブが設置されている場合

起動ディスク以外のフロッピーが挿入されている場合。フロッピーディスクを取り出して下さい。 再インストールする場合は起動ディスクを挿入して下さい。



2.Boot Device(ブートデバイス)の確認

BIOS(バイオス)の BOOT(起動)設定でハードディスクドライブが設定されていない可能性があります。 BOOT 設定を確認しましょう。一般的に起動するデバイスの順番を選択できる仕様です。 この設定でハードディスクドライブが選択されていなければ、永遠にアクセスされない事になります。 もちろん、Windows や、他の OS がインストールされない場合のこのエラーは正常を意味します(ハードディスクドライブの中にシステムが存在しないため)。

前回は正常に Windows を起動できていた場合でも、このエラーが発生する場合があります。 これは、Boot Device 情報を保存する CMOS(シーモス)のデータがアプリケーションのインストールにより変更された、もしくは、消滅した場合に発生します。 CMOS Setup Utillty( または BIOS 画面 )を表示して、ハードディスクドライブを設定、最後に SAVE to CMOS and EXIT を実行すると正常に起動できる可能性があります。 下記のリンク先に変更方法を掲載しています。 本来 OS 再インストールのために作成されたページでありますが、Boot Device の変更方法は同じなので実行して見て下さい。

CD-ROMから起動(BOOT)するBIOSの設定方法



3.それでも起動できない場合はハードディスクドライブが怪しいです

Boot Device でハードディスクが設定されている場合、もはやハードディスク自体の故障か、インストールされた Windows が故障した可能性があります。 前者はハードディスクドライブを交換するしかありませんが、後者はデータを失うものの再インストールする事で解決できます。 Primary Master HDD Fail と表示されているわけでは無いので、ハードディスクドライブは認識されていると思われます。

IDE ケーブル、SATAケーブルの接触不良の可能性もあります。 電源を抜き IDE ケーブル、電源ケーブルを挿し直してみます。 ハードディスク増設後に表示された場合は、ジャンパ設定が間違っている可能性があります( ATA 接続の場合のみ )。



特殊な状況と思われますが、次のようなトラブルを経験しています。データ用に増設しているハードディスクドライブが、あるときエクスプローラーに表示されていないことに気が付きました。テレビ録画でスリープを常用をする環境で、復帰後に認識されない症状が稀にあります。今回もそうかと思いコンピューターを再起動してみましたが、BIOSレベルでハードディスクドライブを認識していない事が分かりました。

トラブル体験記:ハードディスクドライブ BIOSで認識不良



それでもこのエラーが発生する場合は、Window を再インストールしてみましょう。 インストールの過程で、ハードディスクドライブが故障している事が分かるかも知れません。 その場合は、ハードディスクドライブを交換する必要があります。 ハードディスクドライブに問題が無い場合は、Window を再インストールする事で正常に起動できるはずです。

OSインストール方法



ハードディスクドライブの故障にもいろいろあります。 ハードディスクドライブの中に入っているプラッタが異音を発している場合は一発で故障を判断できますが、フォーマットの途中で止まる場合や、100 % フォーマットが完了後に 、また 0 からフォーマットを繰り返す現象もあります。 いずれにせよ、ハードディスクは永久に使えるものではなく消耗品です。 そのため、データのバックアップは常日ごろ心がける必要があるのです。 ちなみに・・・・ ハードディスクは単品で購入可能で、1 万円ほどで販売されています(記憶容量により違う)。また、一般的な電器屋さんで購入する場合、バックアップソフトなどある意味便利ですが、ある意味必要無い物が付属されているケースが多く割高です。 パソコンショップで購入した方がお得でしょう。もちろん初めて購入するのであれば、マニュアルも親切なので割高の物を選択するのも賢いと思います。 もちろん、メーカーに修理に出しても、ハードディスクの金額に交換作業の手数料が加わる程度で済みます。 しかし・・・・ 問題は OS の再インストール作業です。これが別料金で高く付く場合があります。 OS をインストールするハードディスクドライブが消耗品である以上、一生 OS 再インストール 経験しないということは、かなりお金がかかる事になります。 MB-Support では、一般的な OS のインストール方法を画像付きで公開しているので、そちらを参考に挑戦してみるのも良いかも知れません。 OS のインストール作業は、バージョンが新しいほど簡単です。 つまり、Windows XP の場合は、初心者でも画面の指示に従えば可能だと思いますよ。 (思います・・・・)




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項