MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ハードディスク ジャンパ設定方法

 まだまだ現役の IDE ハードディスクを接続するには、ジャンパ設定が必要です。このページではジャンパ設定方法を掲載しています。


ハードディスクに限らず、 IED ケーブル に接続するドライブ( CD-ROMドライブ / DVD-ROM ドライブなど・・)は、 ジャンパスイッチを挿して、「マスタ」「スレーブ」「ケーブルセレクト」の設定をする必要があります。右画像の赤枠が、 ジャンパ設定の部分で、白い物体がジャンパスイッチです。一般的にはドライブの後ろで、IDE ケーブルを接続する隣にあります。



IDE ケーブルとドライブの接続は、右画像を左クリックして下さい。





マザーボード には、「プライマリIDEケーブル」と「セカンダリIDEケーブル」の 2 本を接続する事ができます。 1 本の IDE ケーブルにはドライブを接続するコネクタが付いていて「マスタ」と「スレーブ」があります。 つまり 1 本の IDE ケーブルには 2 つまでのドライブを接続する事が可能で(そのためにジャンパの設定が必要)、プライマリIDEケーブルとセカンダリIDEケーブル合計で4つまでのドライブを接続可能です。 上画像の「マスタ」と「スレーブ」の位置は、ドライブで設定するジャンパスイッチにより決定します。 つまり、上のドライブを「スレーブ」に設定した場合、下のドライブを「マスタ」に設定すれば、マザーボードは認識してくれます。



ドライブ側で「ケーブルセレクト」に設定した場合、自動的に上画像の設定になります。

つまり、IDE ケーブルに接続する全てのドライブを「ケーブルセレクト」に設定すると、マザーボード側から1番目に接続されたドライブを「スレーブ」と認識して、IDE ケーブルの先に接続されたドライブを「マスタ」と認識します。



ジャンパの設定方法はドライブにより異なります。 同じ容量のハードディスクドライブでもメーカー、型番により異なり、設定方法はドライブに書かれているはずです。

例えば右写真のハードディスク(拡大可能)は、上下5ピンずつ、合計 10 ピンからなるジャンパ設定です。 ピンの番号は、電源ケーブルの左上が「1」で、「1」の下が「2」です。 「ケーブルセレクト」に設定する場合は、「1」と「2」ピンに、1つのジャンパスイッチを接続します。 「マスタ」に設定する場合は、ジャンパスイッチをつけない状態で、「スレーブ」に設定する場合は「3」「4」ピンにジャンパスイッチを接続します。

つまり、IDE ケーブルに接続する全てのドライブを「ケーブルセレクト」に設定すると、マザーボード側から 1 番目に接続されたドライブを「スレーブ」と認識して、IDE ケーブルの先に接続されたドライブを「マスタ」と認識します。



右の写真は CD-ROM ドライブです(拡大可能)。 こちらは上下 3 ピンで合計 6 ピンになっています。「マスタ」「スレーブ」「ケーブルセレクト」は右から縦にジャンパスイッチを接続するだけで、いたって簡単です(すべてこうなっていて欲しい物です)。 ちなみに画像では「スレーブ」に設定されています(スイッチの色が黒なので分かりずらいですが・・・)。



SAMUSUNG 特殊

ジャンパ設定が基盤に埋め込まれている例。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項