MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

4.OS に標準で組み込まれるコーデック一覧

 AVIファィルが見られない、または動画が見られない場合の対処方法。



Windows Vista では、インストール初期状態で Windows Media Center により市販の DVD を再生可能になりました。 Windows 7 では、初期状態で MPEG-4 AVC/H.264 に対応しているため、DivX や MP4 などのビデオを再生できます(拡張子より、コーデックに何が使われているかが重要)。 もちろん、初期状態で再生できなくても、コーデックパックなどをインストールすれば再生可能になります。


Windows 7 / Windows Vista

Windows Vista や Windows 7 では、それまでの Windows と同じくデバイスマネージャでコーデックを確認する事ができません。



Windows Media Player 11 、または、Windows Media Player 12 を起動して、キーボードの「Alt」キーを押すと表示される上部メニューの「ヘルプ(H)」→「バージョン情報(A)」を左クリックします。



「テクニカルサポート情報」を左クリックします。



IE7 、または、IE8 で開く場合は、情報バーが表示されます。それを左クリックして、さらに「ブロックされているコンテンツの許可(A)」を左クリックします(デフォルトブラウザが他のブラウザになっていれば、そのブラウザの指示に従いますが、Safari では表示されませんでした)。



このページにインストールされているオーディオコーデックとビデオコーデックが表示されます。 残念ながら右のスクリーンショットでは、Windows Vista をインストールした後に複数のコーデックをインストールしました。 OS をインストールした段階で標準付属するコーデックが把握できません。



このファイルが保管されている場所は、以下。


C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Temp\wmpsupport.htm


WindowsXP インストールで標準に入る codec

「コントロールパネル」→「システム」→「ハードウェア」→「デバイスマネージャー」→「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラ」→「ビデオCODEC」もしくは「オーディオCODEC」のプロパティで、自分のパソコンに適用されているコーデックを確認できます。 下画像は左クリックで拡大可能です。Media Editon だとまた違います。


ビデオコーデック オーディオコーデック


Windows2000 インストールで標準に入る codec

「コントロールパネル」→「システム」→「ハードウェア」→「デバイスマネージャー」→「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラ」→「ビデオCODEC」もしくは「オーディオCODEC」のプロパティで、自分のパソコンに適用されているコーデックを確認できます。 下画像は左クリックで拡大可能です。


ビデオコーデック オーディオコーデック


WindowsME インストールで標準に入る codec

「コントロールパネル」→「マルチメディア」→「デバイス」→「ビデオ圧縮 CODEC」もしくは 「オーディオ圧縮 CODEC」で、自分のパソコンに適用されているコーデックを確認できます。下画像は左クリックで拡大可能です。


ビデオコーデック オーディオコーデック


Windows98 インストールで標準に入る codec

「コントロールパネル」→「マルチメディア」→「デバイス」→「ビデオ圧縮 CODEC」もしくは 「オーディオ圧縮 CODEC」で、自分のパソコンに適用されているコーデックを確認できます。下画像は左クリックで拡大可能です。


ビデオコーデック オーディオコーデック




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項