MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

システム予約済みパーティションをエクスプローラーで非表示にする方法


BIOSモードで Windows 7 や Windows 8.1 をインストールした場合、Windows 本体がインストールされるパーティションの他に、「システム予約済み」パーティションが自動で作成されます。通常の、このパーティションはドライブ文字が割当てられておらず、エクスプローラーには表示されません。しかし、ブートセクタのトラブルを改善した結果、エクスプローラーで表示可能になってしまいました。今回はこれを元に戻します。まずは、「エクスプローラー」の「コンピューター」で、「システム予約済み」のドライブ文字を確認します。右上のスクリーンショットでは、「(F:)」になっています。



1.スタートボタンをクリックして、「コントロール パネル」をクリックします。



2.「システムとセキュリティ」をクリックします。



3.「管理ツール」をクリックします。



4.「コンピューターの管理」をダブルクリックします。



5.左枠の「記憶域」「ディスクの管理」を順番にクリックします。「システムで予約済み」のパーティションを右クリックして、「ドライブ文字とパスの変更(C)」をクリックします。



Windows 8、Windows 8.1 の場合は、左下にポインターを移動して右クリック、「ディスクの管理(K)」をクリックします。「システムで予約済み」のパーティションを右クリックして、「ドライブ文字とパスの変更(C)」をクリックします。



6.「システムで予約済み」のパーティションに割当てられたドライブ文字をクリックして、「削除(R)」ボタンをクリックします。



7.「ドライブ文字に依存する一部のプログラムが正しく動作しなくなる場合があります。このドライブ文字を削除しますか?」の問いに「はい(Y)」をクリックします。



8.エクスプローラーで「システムで予約済み」のドライブが表示されなくなりました。



逆に表示するには?

1.もちろん、逆に表示させたければ、「コンピューターの管理」、あるいは、「ディスクの管理」にて、「システムで予約済み」を右クリック、さらに「ドライブ文字とパスの変更(C)」をクリックします。「追加」ボタンをクリックして、「次のドライブ文字を割り当てます(A)」をクリックしてチェックを入れ、ドライブ文字を指定して「OK」ボタンをクリックします。



2.「フォルダー オプション」にて「ファイルとフォルダーの表示」を「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」に設定して、「保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外した状態で、「システムで予約済み」のドライブをエクスプローラーで参照したのが右のスクリーンショットです。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項