MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

サウンドドライバのインストール方法

 PCIサウンドカードを購入して増設した時に実行するドライバインストール作業です。Windowsを再インストールした時も実行しましょう。


オンボードサウンドを利用する場合、ドライバは マザーボード CD-ROM に収納されています。 マザーボードドライバインストール方法 をご覧下さい。 このページでは、PCI サウンドカードを増設した時、たまは、その環境で Windows を再インストールした時の作業をご紹介します。



PCIサウンドカードを使用する場合、カードに付属されたドライバーCD-ROMを挿入します。 ドライバやそれをコントロールするアプリケーション、または、ユーティリティのインストール方法はメーカーや機器の型番により異なります。 しかし、Windows 上でインストールするものなので、普段実行しているアプリケーションのインストールとほぼ同じ種順で可能です。 CREATVE社 [Sound BLASTER PCI Digital] を例にして、インストール方法をご紹介します。



1.サウンドカードに付属する CD-ROM をドライブに挿入します。 CD-ROM の内容が読み込まれ、自動でメニューが表示されるのを待ちます。 もし、メニューが表示されなければ、エクスプローラを起動して、光学式ドライブを指定します。

メニューが起動したら、ドライバのインストールを実行します。右上の例では、メニュー起動状態で「Sound Blaster Live!」にチェックが入っています。 この状態では「OK」を左クリックするだけになります。これは、ドライバというよりもアプリケーションも含まれるインストール画面です。 本来はドライバだけをインストールしたいのですが、それを指定するのはウィザードが起動してからになります。 メーカーや型番によっては、ユーティリティとドライバが明確に分けられているものあります。その場合はドライバのインストールを実行しましょう。



2.「次へ(N)」を左クリックします。英語版の場合は「Next」を左クリックします。



3.ユーザー登録に関してはご自身で判断して下さい。 ドライバのインストールなので、情報を入力しなければインストールができない事はありません。 現在では通信速度の向上により、メーカーサイトから新しいドライバやアプリケーションを入手可能です。 これが必要か否かの判断はユーザーに依存します。もし、英語版で個人情報を求められた場合は、何も入力しない方が無難です。 送られてくるメールも英語でしょうし、全く理解できないので無駄になります。 「次へ(N)」を左クリックします。



4.ソフトウェア使用許諾契約書に関しては、日本語版であろうと英語版であろうと、同意しなくてはインストールを実行できません。 「はい(Y)」を左クリックします。



5.インストールフォルダを指定します。これはアプリケーションのインストール先を指します。 最初から指定されいるので、特に変更する必要はありません。「次へ(N)」を左クリックします。



6.セットアップする内容を選択します。一般的にはすべてのプログラムをインストールするを推奨しますが、ドライバのインストールと題したページなので、「ドライバのみをインストール」を左クリックします。 これにより、余計なものがインストールされません。

余計か否かは利用してみなくては判断できません。 ここでは Windows の再インストールを実行した後の作業としてご紹介しているので、必要か否かの判断が可能と思われます。 Windows を再インストールした場合は、全てのデータが破棄されるので( ハードディスクドライブ をフォーマットした場合)、以前利用していて必要のないものは、極力インストールしないように心がけましょう。



7.このウィザードで、ユーザーが指定してきた内容が表示されます。この内容でよければ、インストールを実行します。 「次へ(N)」を左クリックします。



8.インストール中です。しばらくお待ちください。 また、今回はドライバだけをインストールする指定をしたので、プログラムフォルダに新しいフォルダが作成されるものの、システムファイルのインストールのみとなります。



9.インストールが完了しました。デバイスを有効にするためにはコンピュータの再起動が必要です。 「はい、直ちにコンピュータを再起動します」にチェックを入れ、「完了」を左クリックします。

この例では Windows ME にインストールしていますが、ドライバを適用した場合は、 Windows XP などの NT 系 OS でも再起動が必要です。



サウンドカード 一覧

マザーボードにオンボードされているサウンドが主流ですが、予算と空きスロットがあるならば、ぜひ搭載したいデバイスです。Windows Media Player で CD を再生させながら、 Microsoft Office System(マイクロソフトオフィスシステム) 等で作業をした場合に、 雑音が入る事があります。これらは、オンボードVGAとオンボード SOUND の負担による症状です。AGP/PCI VGAカードと PCI サウンドカードを増設すれば、 システムの安定を確保できます。 また、PCI サウンドカードに接続する、5 インチベイ前面ユニットが付属するタイプがあります。 これは、前面イヤホン端子/ボリューム/光端子等を扱える便利なシステムです。



パソコンの音が出ないトラブル対処法:トラブルシューティング

パソコンとスピーカー、ヘッドホンの接続方法が分からない

smax4pnp.exe がセキュリティの警告





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項