MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

 カテゴリ:
 

MB-Support - カテゴリ -

サブサイト:↓詳細
 - Let's Try

企画:↓詳細
 - OS 再インストール方法/関連情報

カテゴリ:↓詳細
 - 再インストールする前に

サブカテゴリ:↓詳細


[ 現在のページ 1 / 8] 

12345678

次へ

 表示:[ 新しい順 / 古い順 / 登録順 ]  画像/詳細:[ 画像あり / 画像なし ]

製品版とOEM版のWindows(ウインドウズ)をインストール/再インストールするために必要な情報を掲載しています。インストール前のハードディスクドライブのフォーマットやインストール後のドライバ適用、OS自体のインストール作業は、バージョンが新しいWindowsほど簡単になっています。




Outlook で差出人、件名、受信日付などの文字をメイリオフォントに変更する方法

Outlook で差出人、件名、受信日付などの文字をメイリオフォントに変更する方法

管理人は メーラー(メール送受信ソフト)にMicrosoft Office Outlook 2007(マイクロソフト オフィス アウトルック)を使っています。最新の Outlook 2010 も同じか不明ですが、初期状態ではメールの差出人、件名、受信日付などが、MS UI Gothic(ゴシック), 9pt(フォントサイズ)に設定されています。これを「メイリオ」フォントに変更してみたいと思います。 登録日: 2010 年 10 月 26 日[タグを表示する]


カテゴリ : Let's Try / Microsoft Outlook

コメント : 0 件 - 投稿、または、参照する / Guid


Outlook のアカウントのバックアップと復元方法

Outlook のアカウントのバックアップと復元方法

Microsoft Office Outlook 2007 と Windows 7 の環境で、メールデータとアカウントのバックアップと復元方法です。Outlook 2010 で同じやり方が通用するかは確認していません。メールデータはメニューからエクスポートできますが、メールアカウントは少し癖があります。しかし、Windows 転送ツールを使えば、アカウントも移行できるため、バックアップと復元方法は存在するのは確かです。 登録日: 2010 年 7 月 24 日[タグを表示する]


カテゴリ : Let's Try / Microsoft Outlook

コメント : 0 件 - 投稿、または、参照する / Guid


Windows Live Hotmail を Outlook で送受信する設定( POP3 )

Windows Live Hotmail を Outlook で送受信する設定( POP3 )

Microsoft Office Outlook 2007 での登録方法です。Outlook は既に Microsoft Office Outlook Connector で Windows Live Hotmail を送受信可能ですが、メールフォルダーがアカウント毎に存在して、メールアドレスが丸見えの状況となります(後に表示される名称を変更可能になりました)。これが、都合が良いのか否かは利用方法により異なります。POP3でアカウントを登録すると、受信トレイにまとめて便利な場合もあります。 登録日: 2010 年 7 月 23 日[タグを表示する]


カテゴリ : Let's Try / Microsoft Outlook

コメント : 4 件 - 投稿、または、参照する / Guid


7.Windows 7 転送ツールのダウンロード

7.Windows 7 転送ツールのダウンロード

DSP (またはOEM)版では、ビット数を指定して購入するので、例えば、Windows 7 64ビット版を購入した場合、古いコンピューターにインストールされた32ビット版Windowsで、Windows 7 の転送ツールを利用できません。そこで、適切なビット数とOSを指定して、転送ツールをサイトからダウンロードして、古いコンピューターのファイルや設定情報をイメージ化します。 登録日: 2010 年 2 月 24 日[タグを表示する]


カテゴリ : Let's Try / Windows転送ウィザード Windows 7

コメント : 0 件 - 投稿、または、参照する / Guid


6.Windows 7 転送ツール(復元)

6.Windows 7 転送ツール(復元)

既存のコンピューター(Windows XP、Windows Vista、Windows 7)でWindows転送ツールを使いイメージ化したデータを、新しいコンピューター(再インストールやWindowsのバージョンアップも含む)で転送ツールを使ってイメージ化したファイルを読み込む方法。ドライブ文字、古いパソコンにインストールしていたソフトウェアをインストールしてから、Windows転送ツールを実行します。 登録日: 2009 年 12 月 20 日[タグを表示する]


カテゴリ : Let's Try / Windows転送ウィザード Windows 7

コメント : 0 件 - 投稿、または、参照する / Guid


5.通常のバックアップ

5.通常のバックアップ

ファイル転送ツールは環境移行に便利ですが、バックアップとは微妙に異なります。転送できるデータは、ほぼすべてのデータですが、ソフトウェアはライセンスの問題でそのまま移行できません(移行しても動かない)。設定情報や個人が作成したデータは移行できます。しかし、このツールだけに頼るのは間違いで、常日頃のバックアップが重要であり、OSを再インストール、バージョンアップ、アップグレードをする際には必ず個別のバックアップも実行しましょう。 登録日: 2009 年 12 月 20 日[タグを表示する]


カテゴリ : Let's Try / Windows転送ウィザード Windows 7

コメント : 0 件 - 投稿、または、参照する / Guid


4.Windows 7 からWindows 7 転送ツール(保管)

4.Windows 7 からWindows 7 転送ツール(保管)

Windows 7(ウインドウズ セブン)のインストールDVDに付属する、ファイルと設定情報を転送するツールを使って、Windows 7 からWindows 7 へ、つまり再インストールする時にファイルや設定情報を転送する方法。 登録日: 2009 年 12 月 20 日[タグを表示する]


カテゴリ : Let's Try / Windows転送ウィザード Windows 7

コメント : 0 件 - 投稿、または、参照する / Guid






[ 現在のページ 1 / 8] 

12345678

次へ

Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項