MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

 カテゴリ:
 

MB-Support - サイト内検索 -

検索ワード:

検索内容を破棄する

#以下のフォームで絞り込めます

サブサイト:↓詳細

企画:↓詳細

カテゴリ:↓詳細

サブカテゴリ:↓詳細


[ 現在のページ 6 / 9] 

123456789

戻る次へ

 表示:[ 新しい順 / 古い順 / 登録順 ]  画像/詳細:[ 画像あり / 画像なし ]
ハードディスクの状態を診断するソフト HDDlife

ハードディスクの状態を診断するソフト HDDlife

CPUなどが故障した場合、交換するための金銭的打撃を受けますが、個人のデータには問題はありません。しかし、ハードディスクの故障は金銭的には1万円程度で済みますが、 お金に変えられないデータを失うので、パソコンユーザーにとって最も怖いトラブルでしょう。 「HDDlife」はハードディスクのS.M.A.R.T.情報をリアルタイムで解析して、状態を監視するフリーソフト(ベータ版)です。 登録日: 2005 年 3 月 1 日[タグを表示する]


カテゴリ : ワトソンのパソコン教室 / 便利なアプリケーションを使う

コメント : 0 件 - 投稿、または、参照する / Guid


4.WindowsNT系OS上で、Windows9x系 起動ディスクを作る方法

4.WindowsNT系OS上で、Windows9x系 起動ディスクを作る方法

Windows2000、Windows XP、Windows Vista、Windows 7上で、Windows95、Windows98、Windows MEの起動ディスクを作成する方法です。しかし、Windows98からは、パソコンに搭載されたマザーボードが光学式ドライブからの起動をサポートしていれば、インストールCD-ROMだけでセットアップを実行できます。 登録日: 2004 年 7 月 16 日[タグを表示する]


カテゴリ : Let's Try / 起動ディスクの作り方

コメント : 4 件 - 投稿、または、参照する / Guid


「WINE」をインストール中にハードディスクから異音

「WINE」をインストール中にハードディスクから異音

Windows のアプリケーションを Linux 上で稼動させる「wine」を make 中に、ハードディスクから異音・・・・(-_-;) キーボードもマウスも動かないので、電源を落とすしか無い状況に遭遇。。。 登録日: 2004 年 7 月 12 日[タグを表示する]


カテゴリ : ホームズ備忘録 / WINE

コメント : 0 件 - 投稿、または、参照する / Guid


PassMark DiskCheckupを実行する

PassMark DiskCheckupを実行する

常用しているパソコンの電源を入れると、真っ黒い画面に白文字で「Secondary slave HDD Fail」と表示され、かなりへこみました(-_-;) セカンダリ スレーブと言えば、ラトック内蔵リムーバブルケースに接続しているハードディスクで、購入して2〜3ヶ月です。 IDE ケーブルの接触関係であって欲しいと、再起動を試みるとハードディスクから、継続的な異音が発せられました。ブラッタにヘッドが当たっている音? この時点で99%、ハードディスクが完全に飛んでしまったと確信しました。 登録日: 2004 年 5 月 25 日[タグを表示する]


カテゴリ : トラブルシューティング / トラブル体験記

コメント : 0 件 - 投稿、または、参照する / Guid


ハードディスクドライブ(HDD)

ハードディスクドライブ(HDD)

Maxtor製6Y160P0 (160GB)。U-ATA133 / 7200rpm / キャッシュ8MB / 流体軸受け。 例えば、現在買い得な160GBのハードディスクドライブの価格を比較したところ、1万円前後で販売するショップが多い中、 1万6千円で販売するショップもあります。ちなみに、回転速度7200rpmと5400rpm、キャッシュ8MBと2MBでは、金額的 に変わりません。ATA133とシリアルATAでは千円程度の違いです。 登録日: 2004 年 4 月 12 日[タグを表示する]


カテゴリ : 221B Baker Street / ハードディスクドライブ

コメント : 0 件 - 投稿、または、参照する / Guid


リムーバブルケースを3台搭載

リムーバブルケースを3台搭載

使用環境は OS を頻繁に切り替えて使用する事と、データ用に D.E ドライブを使用している場合です。 メリットは2つあり、1つはデータ用ハードディスクを新規のハードディスクにコピーして、バックアップを取る事が可能です。 例えば D ドライブのデータをバックアップする場合は、E ドライブを一度はずして、バックアップ用ハードディスクと切り替えます。 あとはマイコンピュータの画面でドラッグ&ドロップでハードディスクを丸々バックアップします。E ドライブの場合はこの逆です。 バックアップ用ハードディスクとトレイを新規に購入する事になりますが、ハードディスクを丸々バックアップが取れるのは便利です。 もう1つは、OS を切り替える場合で、その OS にあったデータ用ハードディスクを使用できる事です。例えば Windows では D.E ドライブの データを使用していますが、検証用の Linux では D.E ドライブを必要としない場合。必要の無い D.E ドライブは、キーで電源を遮断するか、 トレイを二つ取り出してしまえば、C ドライブのみで PC を稼動できます。頻繁に再インストールする検証用 OS の場合、誤って D.E ドライブの データを破壊しなくて済みます。 登録日: 2004 年 1 月 19 日[タグを表示する]


カテゴリ : ホームズ備忘録 / ハードディスクの容量不足を解決しよう

コメント : 9 件 - 投稿、または、参照する / Guid


予想を上回る使いやすさ

予想を上回る使いやすさ

先日から引続きまして、もう少しこのネタで引っぱりたいと思います。理由は、今の私の使用環境ではたいした事で はありませんが、使い方を考えるとバリエーション豊富だからです。 登録日: 2004 年 1 月 18 日[タグを表示する]


カテゴリ : ホームズ備忘録 / ハードディスクの容量不足を解決しよう

コメント : 0 件 - 投稿、または、参照する / Guid






[ 現在のページ 6 / 9] 

123456789

戻る次へ

Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項