MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

 カテゴリ:
 

MB-Support - サイト内検索 -

検索ワード:

検索内容を破棄する

#以下のフォームで絞り込めます

サブサイト:↓詳細

企画:↓詳細

カテゴリ:↓詳細

サブカテゴリ:↓詳細


[ 現在のページ 2 / 18] 

12345678910

戻る次へ最終

 表示:[ 新しい順 / 古い順 / 登録順 ]  画像/詳細:[ 画像あり / 画像なし ]

SandyBridge-E プロセッサー単品販売と搭載 BTO パソコンが登場

Intel(インテル)社 のマイクロアーキクチャ SandyBridge-E(サンディブリッジ イー) のプロセッサーと、それに対応したマザーボードが登場しました。Nehalem(ネハーレム)の後継、SandyBridge は第二世代の Core プロセッサーで、ソケット LGA 2011 をサポートする 32ナノメートルプロセスルールを採用した SandyBridge-E の 6コアの最上級とされる Core i7 3960X(エクストリーム・エディション)と、同じく6コアの Core i7 3930K が発売されました。 登録日: 2011 年 11 月 14 日[タグを表示する]


販売ショップ : Amazon.co.jp エレクトロニクス

ショップリンク : このショップの商品を掲載した数(186)

カテゴリ : 221B Baker Street / デスクトップ

コメント : 0 件 - 投稿、または、参照する / Guid


86.自作PC:インテル第二世代CPU Core i7 2600K + Z68 後編

86.自作PC:インテル第二世代CPU Core i7 2600K + Z68 後編

前編の購入したパーツの紹介の続きです。既に当サイトで自作パソコンの作業風景を掲載しているので、今回は詳細を省いて組み立て作業の流れを掲載しました。この後は、パーツ単位で紹介するかも知れません。ASUS マザーボードの CMOS ユーティリティを見て、前回製作したパソコンとは時代が異なる事を痛感しました。CMOSユーティリティはBIOSの設定をする画面ですが、今はマウスで操作できブートデバイスの指定もドラッグ&ドロップで可能になりました。 登録日: 2011 年 8 月 1 日[タグを表示する]


カテゴリ : ホームズ備忘録 / パソコン製作日記 自作PC編

コメント : 2 件 - 投稿、または、参照する / Guid


85.自作PC:インテル第二世代CPU Core i7 2600K + Z68  前編

85.自作PC:インテル第二世代CPU Core i7 2600K + Z68 前編

急に思い立ってパソコンを自作する事になりました。予算は13万円、ソフトウェアはOSのみ、液晶ディスプレイ必須。実は、私は日頃からパソコンパーツに注目しておらず、必要な時だけ調べて一時的に知識を得ています。今回の様に、急に思い立った場合は、何もこだわりがありません。故に、買い得なのかどうかも分からず、適当に作る事になりました。前編では購入したパーツの紹介、後編は製作日記になります。 登録日: 2011 年 8 月 1 日[タグを表示する]


カテゴリ : ホームズ備忘録 / パソコン製作日記 自作PC編

コメント : 0 件 - 投稿、または、参照する / Guid


FRONTIER のBTOパソコン おすすめ構成:FRGAS175/CST GA:FRGAX177/23LCST GA

FRONTIER のBTOパソコン おすすめ構成:FRGAS175/CST GA:FRGAX177/23LCST GA

今回、最近よく目にする 第2世代インテルCoreプロセッサーの中でも一番人気のインテル(R) Core(TM) i7-2600K プロセッサー (3.40GHz / 8MB)を登載したFRONTIER(フロンティア)のBTOパソコンを分かりやすい定型文(初の試み)と管理人なりの解釈で紹介してみたいと思います。 登録日: 2011 年 1 月 26 日[タグを表示する]


カテゴリ : 221B Baker Street / デスクトップ

コメント : 0 件 - 投稿、または、参照する / Guid


HP Directplus -HP公式オンラインストア-

HP Pavilion Desktop PC / Omni / TouchSmart 2011年 春モデル

第2世代インテルCoreプロセッサー・ファミリーを搭載したヒューレット・パッカード社のデスクトップパソコン 春モデル。液晶一体型とマルチタッチ対応液晶搭載モデルも健在です。ゲーマーに人気のHP Pavilion Desktop PC HPE 590jp/CTは、LGA1366 ソケットの Intel Core i7 を採用しています。Sandy Bridge にこだわるのであれば、590jp/CTのワンランク下の HPE 580jp/CT が最も人気があると予想します。 登録日: 2011 年 1 月 14 日[タグを表示する]


販売ショップ : HP Directplus -HP公式オンラインストア-icon

ショップリンク : このショップの商品を掲載した数(56)

カテゴリ : 221B Baker Street / デスクトップ

コメント : 0 件 - 投稿、または、参照する / Guid


Endeavor MR6900:Sandy Bridge 対応 エプソンのBTOパソコン

Endeavor MR6900:Sandy Bridge 対応 エプソンのBTOパソコン

今後続々登場しますが、エプソンダイレクトのBTOパソコンが紹介しやすいので「Endeavor(エンデバー) MR6900」を取り上げます。チップセットはCPU内蔵グラフィックス機能が利用できる、インテル H67 Express チップセット固定で、BTOでグラフィックスカードも選択できます。 登録日: 2011 年 1 月 14 日[タグを表示する]


カテゴリ : 221B Baker Street / デスクトップ

コメント : 0 件 - 投稿、または、参照する / Guid


第二世代のインテル(R) Core(TM) iシリーズ Sandy Bridge(サンディブリッジ)

既にコンピューター系のニュースサイトで話題になっていますが、Intel(インテル)の新しいプロセッサー群が登場しました。いわゆる、Core i7(コア アイ セブン)、Core i5(コア アイ ファイブ)、Core i3(コア アイ スリー)ですが、今までの同シリーズはグラフィックス機能が同じダイにのっているものの、完全な統合はされていませんでした。第二世代の Sandy Bridge(サンディ ブリッジ)が登場した事で、すでに古いプロセッサーを選択する必要はありません。これからパソコンを購入するなら、新しい Core i シリーズを選択しましょう。 登録日: 2011 年 1 月 12 日[タグを表示する]


カテゴリ : 221B Baker Street / パソコン本体

コメント : 3 件 - 投稿、または、参照する / Guid






[ 現在のページ 2 / 18] 

12345678910

戻る次へ最終

Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項