MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

5.Windows 95 英語版のシステム起動ディスクの操作方法

 Windows 95 の起動ディスクを Windows NT 系 OS 上で作成して代用するものの、中身は英語版でした。 「setup」を実行するためにインストールディスクへ変更する時、フォーマットのドライブを指定する時に「:(コロン)」を入力する必要がありますが、入力方法が日本語版とは異なります。 このページでは、その OS 上の正規のやり方で作成していない、特殊な起動ディスクを使って、Windows 95 インストールディスクのセットアップ画面に辿りつくまでを掲載します。FDISK を必要とする Windows 98 、Windows ME もほぼ同じです。


[ページ数: 5 / 5] 戻る 1 2 3 4 5

前回 、BootDisks.com からダウンロードしてシステム起動ディスクを作成しました。このディスクは Windows NT 系 OS 上で、Windows 9X 系 OS の起動ディスクを作成できますが英語版となります。 実行する作業はハードディスクドライブの領域削除と作成の FDISK と、領域をフォーマットする FORMAT コマンドの実行、ドライブをインストール CD が挿入された光学式ドライブに移動して、「SetUp」を実行する 3 点です。 日本語でこれらの作業を実行していたのなら、英語版でも苦しむ事はありませんが、いくつか面倒な所もあります( format 、setup は日本語版でも英語で入力するので同じ )。 ここでは、このサイトではインストール方法しか掲載していなかった Windows 95 を、英語版の起動ディスクを使ってインストールを実行したいと思います。



1.CMOS セットアップユーティリティーを起動して、ブートデバイスの順番を変更します。 最初にフロッピーにアクセスする設定にして下さい。2 番目は光学式ドライブ、または、ハードディスクドライブを指定します。 2 番目は光学式ドライブ、または、ハードディスクドライブを指定します。 3 番目は、2 番目にハードディスクドライブを指定したなら、「Disabled」を、「光学式ドライブ」を指定したならハードディスクドライブを指定します。 この画面の設定では、システムをフロッピーディスクドライブ→光学式ドライブ→ハードディスクドライブの順に探しに行きます。 起動ディスクを使うのであれば、ハードディスクドライブより前にフロッピーディスクドライブにアクセスさせる必要があります。 CMOS セットアップユーティリティの起動方法は、BIOS によって異なるので、パソコンやマザーボードの説明書を参照して下さい。 以下のページには、光学式ドライブから起動する方法をいくつか掲載しています。 参考にする所は、CMOS セットアップユーティリティ、または、BIOS の起動方法までで、今回は起動ディスクから起動するので、一番目をフロッピーディスクにしています。確実な方法を知るには、パソコンに付属されていた説明書となります。

CD-ROM、DVD-ROMから起動(BOOT)するBIOSの設定方法

以下のページの下の方に、SONY VAIO での「BIOSセットアップユーティリティーの起動」を説明しています。 ただし、Windows 95 は古い OS なので、今のパソコンにインストールできるかは不明です(その逆に古いパソコンに新しい OS をインストールできない場合もあります)。 今回は Windows 95 が付属したパソコンを引っ張り出してきて、インストールを試みています。

ハードディスクドライブに保管されたデータからリカバリーディスクの作成



2.ブート設定が完了したら、その内容を保存して CMOS セットアップユーティリティを抜けます。 CMOS セットアップユーティリティの画面で、Windows 95 のインストールディスクを光学式ドライブに、起動ディスクをフロッピーディスクドライブに挿入します。



3.コンピューターが再起動します。光学式ドライブとは異なり、フロッピーディスクからの起動は自動になります。



4.BootDisks.com からダウンロードした Windows 95 の起動ディスクは、右の画面が表示されました。 おそらく、ドライブ文字「R」が CD-ROM かと思われます。Windows 上で設定した、もしくは、設定されたドライブ文字は、そのアカウントでしか通用しません。 まして、Windows が起動していないこの画面では、光学式ドライブが Windows を起動した時にエクスプローラーで表示されたドライブ文字とは限りません。



5.まずは、ハードディスクドライブの領域を設定します。今回実行する事は、既存の OS がインストールされた領域を削除して、新規に領域を作成します。 その領域をフォーマットして、Windows 95 をクリーンな環境にインストールする事を目的とします。 もちろん、ハードディスクドライブのデータは全て消えます。[A:/]の後に「fdisk」と入力して「Enter」キーを押します。



6.FDISK が起動しました。FDISK はパーティション(領域)を操作するツールです。BootDisks.com からダウンロードした Windows 95 の起動ディスクは英語版ですが(左)、Windows 95 で作成した日本語版を右に掲載します。比較すれば何が書かれているのか分かるでしょう。


英語版の起動ディスク Windows 95で作成した起動ディスク

まずは既存の領域をチェックしてみます。



7.「Display Partition information(パーティション情報を表示する)」したいので、キーボードの [ 4 ] を押して「Enter」キーを押します。



8.すいません。写真がぼけてます。とりあえず、パーティションが1つ存在する事が分かります。これを削除します。 Type が NTFS になっていますが、気にしないで下さい。Windows 95 は FAT になります。この画面から抜けるため、「ESC」キーを一回押します。



9.「Delete Partition or Logical DOS Drive(領域または論理 MS-DOS ドライブを削除)」を選択するので、キーボードの「3」を押して、「Enter」キーを押します。



10.削除する領域を選択しますが、先に情報を参照した時、NTFS になっていました。 つまり、[4]を選択すればいいのですが、これは環境により異なります。そこで、[1]から順番に実行してみるのも良いでしょう。 左が BootDisks.com からダウンロードした Windows 95 の起動ディスクは英語版、右が Windows 95 で作成した日本語版。 まずはキーボードの[1]を押して、「Enter」キーを押します。


英語版の起動ディスク Windows 95で作成した起動ディスク


11.ここからは例えばでしか説明できませんが、右の画面が表示されたのなら、選択した項目は間違っています(削除する領域が存在しない)。 「ESC」キーを押して、トップメニューに戻り、「4」キー「Enter」キーで元の画面に戻り、今度は[2]キーを押して「Enter」キーを押します。 この様に、「領域または論理 MS-DOS ドライブを削除」画面で、「1」〜「4」まで繰り返します。



12.この画面が表示されれば、選択した項目は当たりです。パーティションが複数ある場合は、削除するパーティションを把握している必要があります。 ここで、一つのパーティションしかないので、これを削除します。「Pattition」の数字を入力して「Enter」キーを押します。 右の画面では、「Pattition」が「1」になっています。つまり、キーボードの[1]を押して、「Enter」キーを押します。この画面では捉える事ができませんでしたが、「WARNING!」の文字が点滅しています。 誤って大切なデータが保管されている領域を削除すると、取り返しがつかない事になります。



13.「Do you wish to continue(Y/N)」と表示されます。「このまま続けますか?」つまり、削除しますか?という事です。 「N」が選択されているので、キーボードの[Y]キーを押して、さらに、「Enter」キーを押します。



14.削除できました。MS-DOS 領域だった場合、ボリュームラベルなども問われると思います。 どの領域なのかにより、表示される文字は異なります。次は、Windows 95 をインストールする領域を作成します。キーボードの [ ESC ] キーを押して、トップ画面に戻ります。



15.今度は、「Creat DOS partition or Logical DOS Drive(MS-DOS領域または論理MS-DOSドライブを作成)」を実行します。キーボードの[1]キーを押して、さらに、「Enter」キーを押します。



16.現在、領域が存在しない状況なので、「プライマリ DOS 領域」を作成します。「Creat Primary DOS Partiton」、つまりキーボードの[1]を押して、「Enter」キーを押します。



17.全ての領域を設定するか問われます。[Y]キーを押して、「Enter」キーを押すと、ハードディスクドライブの全ての容量を1つ領域に設定します( 2 GB が最高だと思います )。



18.以上で FDISK は終了です。今度はフォーマットしますが、とりあえず再び FDISK を実行して、作成した領域を確認してみましょう。 「FDISK」と入力して「Enter」キーを押し、「4」キーを押して「Enter」キーを押します。



19.大変申し訳ありません。ピントが合っていませんが、前回はパーティションが「1」となっていましたが、今回は「C:1」となっています。 これで、Windows 95 がインストールできる環境になりました。「ESC」キーを二回押して、再び FDISK を終了します。



20.先ほど作成したCドライブをフォーマットします。「format c:」と入力して「Enter」キーを押します。「format」と「c:」の間に半角スペースを入力します。 「c」の後にはコロンを入力します。さらに「Y」を押して、「Enter」キーを押します。



21.フォーマット中は電源を落とさないで下さい。



22.ボリュームラベルを指定しますが、ここでは何も入力せずに「Enter」キーを押しましょう。



23.フォーマットが完了しました。次は Windows 95 のインストールへと進みます。 セットアップコマンドを実行するのは、インストールディスク、すなわち、光学式ドライブを指定する必要があります。 例えば、現在「A:/>」となっているので、フロッピーディスクドライブが指定されています。 これを、光学式ドライブのドライブ文字に変更する必要があり、そのドライブ文字が何であるかは不明です。 例えば、D だった場合は、「D:」と入力して「Enter」キーを押しますが、英語版なのでコロンを入力するには、「Shift」キー+「;(セミコロン)」キーを押します。 それが選択できるのであれば、そのドライブは認識されている事になり、「dir」と入力して「Enter」キーを押すと、そのドライブの中身を参照できます。 ここで、Windows 95 のインストールディスクらしいものを判断します。 例えば、これから実行するコマンドは「setup」なので、これが存在するドライブを確かめる必要があります。



24.領域作成とフォーマットまで完了しているので、コンピューターを再起動して再び起動ディスクから起動してみます。どうやら、このRが光学式ドライブである模様。



25.「A:/>」の後に、「R:」と入力して「Enter」キーを押します。もし「R:/>」に変化すれば成功です。 そうならない場合は、光学式ドライブは他のドライブ文字となります。ドライブ文字が何であるにせよ「R:/>」となったならば、「setup」と入力して「Enter」キーを押します。 右の画面が表示されれば、光学式ドライブの setup ファイルにアクセスできた事になります。「Enter」キーを押してインストールへと進みます。



26.キーボードを選択します。「106 Japanese Kyeborad」は、「半角」キーを押します。



27.Windows 95 セットアップ画面が登場します。ここからの作業は「Windows 95 インストール方法」を参照して下さい。

Windows 95インストール方法



ちなみに、管理人の環境ではマウスが認識されませんでした。 「TAB」キーを使ってボタンを選択して「Enter」キーで決定を命令してインストール作業を進みました。 とにかく、強引にでもインストールして、インストール作業途中か、インストールが完了した後にコントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」をダブルクリック、「起動ディスク」タブをクリックして、日本語版の起動ディスクを作成しましょう。なんなら、もう一度その起動ディスクを使って、Windows 95 をインストールし直しても良いでしょう。


Windows 95インストール中に作成 Windows 95上で作成




[ページ数: 5 / 5] 戻る 1 2 3 4 5

Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項