Diogenes Club

in SHERLOCK.HOLMES
サイト内の検索
新規に投稿する

シャーロック・ホームズ Telegram

[通常表示] コメントを [昇順(投稿された日付の新しい順)] または [降順(投稿された日付の古い順)] で表示します。各スレッドへのコメント、または、掲示板へのスレッドの一覧表示なので、上から下まで順番に読み進めても、内容が繋がらないのが一般的です。各コメントの右下に表示されるボタンをクリックすると、スレッドとレスを一覧表示できます。



 表示の切り替え : [ 日付が新しい順 ] [ 日付が古い順 ]

[ 現在のページ 7 / 46 ]  12345678910

最初戻る次へ最終

投稿NO:[6263] → Re:[6262]

早速の謎解き 有難うございました。聖典・画像に対する私の勉強が如何に不足か、よく分かりました。
しかし、ホームズは「アタラシモンズキ」と見えて、居間に新兵器が色々と揃っているのが分かって愉快でした。

べジル・ラスボーンはエロール・フリンとかタイロン・パワー(ご存じない?)のチャンバラ映画の敵役として、私が大好きな役者です。後年、ホームズ物を見ましたが、売れすぎて彼自身はホームズ役者に嫌気がさして辞職(?)した由。当時の人が、彼をイコール、ホームズと見做した理由はよく分かります。

221Bの詳細図は、勿体ないので、時間をかけてゆっくり拝見しております。


投稿者:多摩ジイ
投稿日:2015 年 04 月 22 日 - 17 時 36 分 35 秒

→ コメント数 ( 176 )


投稿NO:[6262] → Re:[6260]

オリジナルサイズの画像を表示する(JavaScriptを有効にしている必要があります)

蓄音機・・・Excelで曲線を描くのが苦手なので避けていましたが、そこを掘り下げるのですね(笑
先に年代を確認します。諸説ありますが、宝島社の「シャーロック・ホームズ 完全解読 監修:北原尚彦」を参考にした事件発生年月日が以下です。

第 5 シーズン The Case-Book of Sherlock Holmes
シャーロック・ホームズの事件簿 全 6 話

第 27 話:レディー・フランシスの失踪(発生年月日:1902年7月)
第 28 話:ソア橋のなぞ(1900年10月)
第 29 話:ショスコム荘(1902年5月)
第 20 話:ボスコム渓谷の惨劇(1889年6月)
第 31 話:高名の依頼人(1902年9月)
第 32 話:這う人(1903年9月)

聖典に登場する物語

第 6 シーズン The Memoris of Sherlock Holmes
シャーロック・ホームズの思い出 全 6 話

第 40 話:マザランの宝石(1903年夏)

蓄音機は第 5 シーズンの『47』:Nest of Tables B(ネスト テーブル)に置かれ、後のスペシャル版長編3編では消えています。
聖典ではマザランの宝石に蓄音機が使われますが、グラナダ版では物語が改変され(三人のガリデブと合体)、蓄音機の出番はありません。
『レディー・フランシスの失踪』が1902年7月の出来事だとすると、蝋管式蓄音機(PHONOGRAPH:フォノグラフ)ならば時代考証的に問題ないと思われます。
しかし、ホーンの下、台の上にレコード台が見えるので、グラモフォン(GRAMOPHONE)だと思われます。
ウィキペディアによると、1887年にエミール・ベルリナー(ドイツ)が「グラモフォン」を発明、蝋管式のエジソンの特許を回避するため、水平なターンテーブルに載せて再生する円盤式とあります。

レコード - Wikipedia


1902年7月の時点で一般家庭に普及していたのかは不明ですが、『13』:VACUUM PUMP(真空ポンプ)、『22』:Zograscope(ゾグラスコープ:覗き眼鏡)、『46』:Graphoscope(グラフォスコープ)などが221Bにある事から、納得できるような気がします。

『13』:VACUUM PUMP(真空ポンプ)
http://mbsupport.dip.jp/221b/granadatv_221b_03.htm#13

『22』:Zograscope(ゾグラスコープ:覗き眼鏡)
http://mbsupport.dip.jp/221b/granadatv_221b_03.htm#22

『46』:Graphoscope(グラフォスコープ)
http://mbsupport.dip.jp/221b/granadatv_221b_05.htm#46

『47』:Nest of Tables B(ネスト テーブル)
http://mbsupport.dip.jp/221b/granadatv_221b_05.htm#47

第 31 話:高名の依頼人(1902年9月)では、グルーナー男爵(オーストリアの殺人者)邸でグラモフォンを再生しています。

手持ちの『原書房 写真で見る ヴィクトリア朝ロンドンの都市と生活』『河出書房新社 図説 ヴィクトリア朝百貨事典 (ふくろうの本)』『河出書房新社 図説 シャーロック・ホームズ』で確認しましたが、蓄音機が写っている写真は見つかりませんでした。
もっと多くの資料を漁る必要がありそうです。

話はそれますが、GYAOでベイジル・ラスボーン版のホームズ『シークレット・ウェポン』『緑の女』『殺しのドレス』『闇夜の恐怖』のカラー版を観ました(今だけ無料)。
グラナダ版もBBC版も、ベイジル・ラスボーン版の多大な影響を受けているのが分りました。残りの物語もカラー化して欲しいところです。

ベイジル・ラスボーン版 シャーロック・ホームズ - GYAO!

また、ベイカー街の地図をExcelの絵で再現する作業をしていましたが、途中から221Bの建具、家具、小物に夢中になり、4ヶ月掛けて新しい『ベイカー街 221B の間取り』を作製しました(全10ページ)。
ベイカー街の地図の方は、旧ページに新しい情報を追記しただけで終わっています。


投稿者:管理人
投稿日:2015 年 04 月 22 日 - 04 時 03 分 39 秒

→ コメント数 ( 176 )


投稿NO:[6261] → Re:[6259]

オリジナルサイズの画像を表示する(JavaScriptを有効にしている必要があります)

第 5 シーズン The Case-Book of Sherlock Holmesの最初の物語『レディー・フランシスの失踪』ですね。
227『SKELTON SILVERSMITHS(銀細工師)JEWELLER(貴金属商)』が『レディー・フランシスの失踪』から『MORTEN'S SECONDHAND AND ANTIQUARIAN BOOKSELLER(中古品と古書販売)』に変更されました。
となりの 229 は、ホームズとワトスンが何度も通った床屋『C.SIMONS Gent Hairdressing Salon(紳士の美容院「主に英国で用いられる」理髪店)』から靴屋『Freeman Hardy & Willis(フリーマン、ハーディ、ウィリス:1875 年に設立された靴の小売商)』に変更されます。
看板の文字は、左右が同じで『FREEMAN HARDY & WILLIS』、真ん中が『LARGEST RETAILERS(小売業者)BOOTS & SHOES(ブーツと靴)WORLD.』です。
この二つの看板は、ベイカーストリートの地図のページに追加します。
229 の『Freeman Hardy & Willis』の前には新聞を売る義足の男がいます(『高名の依頼人』)。

『蝋管式蓄音機』に関してはもう少しお待ちください。今回確認したところ、どうやら『蝋管式』では無いと思われます。


投稿者:管理人
投稿日:2015 年 04 月 21 日 - 23 時 34 分 32 秒

→ コメント数 ( 87 )


投稿NO:[6260] → Re:[6254]

5月例会の「レディ・フランシス」で一番気になったのが、暖炉左の「47番」のテーブル上の「丸い金物」。何度か画面に映りますが、すべて正面なので、奥行きなどが分かりませんが、どう見ても「蝋管式蓄音機」です。時代からみて矛盾はありませんが、管理人氏は同ご覧になりますか?
玄関ホールの大きな鉢が、茶色の鉢に変わっていました。


投稿者:多摩ジイ
投稿日:2015 年 04 月 21 日 - 18 時 07 分 08 秒

→ コメント数 ( 176 )


投稿NO:[6259] → Re:[6253]

4月例会の「レディ・フランシス」で、貴指摘の「MORTEN'S」 を確認しました。その下に小さな字で何か書いてありますが、あれも読みたいですね。ウインドウが映りましたが、何かごちゃごちゃした小物が沢山展示してあります。
左隣の床屋も変わっていて、3枚に分かれた日よけに店名(?)が書いてあります。真ん中が「LARGEST・・・・・」、左右に「FREEMAN HARDY WILLIS」の文字。
おっしゃるように、たまには街並みが変わっても良いでしょうね。


投稿者:多摩ジイ
投稿日:2015 年 04 月 21 日 - 17 時 50 分 06 秒

→ コメント数 ( 87 )


投稿NO:[6254] → Re:[6251]

オリジナルサイズの画像を表示する(JavaScriptを有効にしている必要があります)

黒板の木枠に金色の丸い物があるので、マグネットではないですね。多摩じい様の画鋲説が正しいです。なお、221Bにある二枚の黒板とイーゼルに関しても、新しい221Bの間取りに掲載する予定です(添付画像は下書き)。

資料棚(カルトニエ)の奥から撮影されているシーンは貴重ですね。蝶番の一部が見えるので、棚両側の前面が開閉式だと分ります。メイキング写真で、暖炉やガス式照明のある壁を取り外せるのが分ったので、カルトニエの後ろの壁を取り外して撮影したのかも知れません。

玄関にあるチェストの上の植木鉢を一時停止して確認すると、植物の模様が見えました。前作の『四人の署名』とは違う植木鉢です。


投稿者:管理人
投稿日:2015 年 03 月 21 日 - 06 時 10 分 37 秒

→ コメント数 ( 176 )


投稿NO:[6253] → Re:[6250]

鑑賞会の報告を読みました。ジェレミーがそんな事を言っていたんですね。一つ前の『四人の署名』は、『緋色の研究』の単行本100周年記念で、予算が潤沢だったのに・・・

洞穴でホームズが「冷めないうちにどうぞ!」と不味そうな食事をワトスンに勧めるシーンが好きです。プライオリ・スクールのホワイト・プディングとスウェーデン蕪の料理を思い出します。


投稿者:管理人
投稿日:2015 年 03 月 21 日 - 02 時 03 分 57 秒

→ コメント数 ( 87 )


投稿NO:[6252] → Re:[6249]

オリジナルサイズの画像を表示する(JavaScriptを有効にしている必要があります)

1.掲示板のコメントを検索するには、掲示板のトップページを開きます。

シャーロック・ホームズ Telegramhttp://mbsupport.dip.jp/rental/holmes/index.php?form=holmes

2.『検索フォームの表示』ボタンをクリックします(JavaScriptが有効なブラウザでアクセスする必要があります)。

3.検索したい言葉を入力して「検索」ボタンをクリックします。

正確な投稿者名を入力すると、さらに絞り込めます。言葉の間に半角スペースを入力すると、And 検索になります。なお、一文字だけの検索(例えば『机』『瓶』など)には対応しておりません。私が作ったプログラムなので、性能が悪いです。


投稿者:管理人
投稿日:2015 年 03 月 21 日 - 00 時 57 分 54 秒

→ コメント数 ( 87 )


投稿NO:[6251] → Re:[6248]

珍しい貴重な写真のご紹介 有難うございました。

処で、3月に観た「バスカヴィル家の犬」では黒板がゆっくり観察できました。「赤髪連盟」では横置きでしたが、ここでは縦置き。地図の四隅と地図上の場所に金色の画鋲を止め、枠板にも二つほど刺してありました。
また、ホームズがドアから居間に入って来る場面を、資料棚の奥から撮っていますので、棚の側面が画面の左半分に大きく映り、装飾や枠などの造りがよく観察できました。
それと玄関の階段下に置かれた広口の緑色のガラス花瓶が、これまた見事なのを発見しました。


投稿者:多摩ジイ
投稿日:2015 年 03 月 20 日 - 11 時 19 分 43 秒

→ コメント数 ( 176 )


投稿NO:[6250] → Re:[6247]

3月は「バスカヴィル家の犬」でした。
貴ご指摘のように、「ギリシャ語通訳」からの使い回し画面が沢山あって、ちょっと驚きました。「ホームズで遊ぼう」に毎回「撮影裏話」を提供下さる吉原さんの資料で、「『空家の冒険』以降、予算が厳しくなったために、ロケ地の変更(ダートムアーでなく近所のヨークシャーのブリマハム・ロックスに)、監督の人選、犬の犬選(?)などに影響が出た」と聞いています。ジェレミー自身、もし取り直すなら「バスカヴィル」が真っ先だと言っている由。
画面の使い回しが多いのも合点が行きました。

ベーカー街の公園との反対側の赤いレンガの大きな建物も確認できました。撮影場面を想像してみると面白いですね。


投稿者:多摩ジイ
投稿日:2015 年 03 月 20 日 - 11 時 08 分 08 秒

→ コメント数 ( 87 )




 表示の切り替え : [ 日付が新しい順 ] [ 日付が古い順 ]

[ 現在のページ 7 / 46 ]  12345678910

最初戻る次へ最終

MB-Supportのバナー シャーロック・ホームズのバナー

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項

Copyright © 2012 MB-Support