MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

パーティション(領域)削除方法 Windows 2000 / Windows XP

 ハードディスクドライブを Windows で利用するには、パーティション(領域)を作成してフォーマットする必要があります。 Winodws がインストールされたパーティションを削除して新規に作成するには、Windows をインストールする画面で実行。 それ以外のボリュームは、管理ツールのコンピューターからボリュームの操作を実行できます( C ドライブ以外の OS がインストールされたボリュームも含みます )。


Windows 2000 / Windows XP では、Windows 98 / Windows ME の様に、たとえ起動ディスクを使用しても FDISK ( ディスク パーティション ツール ) は用意されていません。 パーティション(領域)を削除するには Windows 2000 / Windows XP を起動させ、コントロールパネルの「管理ツール」で削除するか、OS インストールウィザードで削除する必要があります。 OS がインストールされていないパーティションを削除するのであれば、どちらの方法でも可能ですが、削除したいパーティションに OS が含まれる場合は、再インストール作業が必要になります。 または、市販のパーティション管理ソフトを利用すると、OS を再インストールせずに変更可能です(Windows Vista からは、OSがインストールされた状態で、Windows上からパーティションの分割や統合が可能になりました)。



OSがインストールされた領域も含めた削除方法

1.市販のソフトを利用しない場合は OS 再インストールが必須となります。まずは、 Windows2000 Professional インストール方法 か、 WindowsXP Home Edition / Professional インストール方法 を参照して 7 番まで進んで下さい。


2.右 ( 左クリックで拡大 ) がパーティションの設定画面です。 下の四角で囲まれた部分に、現在 ハードディスクドライブ に作成されているパーティションが表示されます。 新しいハードディスクに Windows をインストールする場合は、「未使用領域」と表示されます。 すでに Windows がインストールされていて、再インストールを実行したい場合、「領域を削除」→「新たに領域作成」→「フォーマット」→「Windows インストール」へと進みます。

例えば右上の画像の場合は、6150 MB の C: パーティション、D: パーティション、 E: パーティションの 3 つが存在します ( D: パーティション 8 MB はインストール作業に必要な一時的なパーティションなので無視しましょう)。 OS をインストールする C: パーティションが存在して、さらに [ FAT ] でフォーマットされているので、Windows 98 SE や、Windows ME がインストールされているのかも知れません ( 推測でありFAT領域に WindowsXP や Windows2000 がインストールされている場合もあります ) 。 とりあえず、Wiindows をクリーンな状態でインストールするためには、C: パーティションを削除する必要があります。



3.C: パーティションにキーボードの「矢印」キーを押して移動して下さい。削除を実行するにはキーボードの「D」キーを押してます。右上の画像を参考。


4.システム ( この場合は Windows ) がインストールされているパーティションを削除しようとすると警告が表示されます。削除するには [ ENTER ] キーを押して下さい。



5.削除を確定するには「L」キーを押して下さい。 ( 注: C: ハードディスクの パーティション内のデータは無くなります )



6.C: パーティションが削除され「未使用の領域 6150 MB」に変更されました。 もし、C ドライブ全てを利用して Windows をインストールする場合は、未使用の領域を指定して [ ENTER ] キーを押せば、自動でパーティションを作成してフォーマット設定画面に移動します。 1 つのハードディスクに複数のパーティションを作成する場合は [ C ] キーを押して下さい。

パーティション作成方法 (Win2000/XP)



上の環境では、E: パーティション 76309 MB も存在していますね。 これは物理的にハードディスクが 2 つ接続されています。今回は、再インストールするために C: パーティションを削除してみました。 E: パーティションは個人データが保存されているので、得に手を加えません ( 逆に手を加えると保存したデータが飛ぶので困ります )。 上の環境に Windows をインストールすると、右の構成になります。 今回、パーティションを削除したのは右の赤枠部分です。 E: パーティションは全く変化ありません。



もし、1 つのハードディスクに複数のパーティションを作成していた場合は、右の様に表示されます。 もし、今回の Windows でパーティションを1つに直したい場合は、表示されているパーティション ( 右画像では 3 つになります ) を全て削除すれば・・・



右画像の様に、1 つの未使用領域となります(ピンボケですいません)。

Windows 2000 とその後継の Windows XP は、パーティション設定方法が同じです。 その後の Windows Vista や Windows7(ウインドウズ セブン) では、考え方は同じですが操作がより分かりやすくなっています。 以下は Windows 2000 のインストール作業を録画したビデオで、パーティション設定については3分経過したところから記録しています。 この動画では、一つのハードディスクドライブに二つの領域が存在する状態から、領域を全て削除して未使用の領域に戻して、一つの領域、二つの領域、あるいは三つの領域を作成したり削除したりを繰り返しています。 参考までに視聴して下さい。




OS がインストールされていないパーティションの削除方法

OS がインストールされていないパーティションを削除するならば、Windows 上で操作可能です。 これをする理由としては、1 つのパーティションを削除して2つに分割したい場合や、その逆で 2 つのパーティションを1つにしたい場合などです。 OS がインストールされていないパーティションは、同じハードディスクドライブでも、増設したハードディスクドライブでも同じ操作になります。 注意:パーティションを削除すると、保存されてるファイルにアクセスできなくなります。



1.「スタート」→「コントロールパネル」、または、「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」を左クリックします。



2.「管理ツール」をダブルクリックします。コントロールパネルに「管理ツール」が表示されない場合は、左メニューの「クラシック表示にきりかえる」を左クリックして下さい。



3.「コンピュータの管理」をダブルクリックします。



4.左メニューで「記憶域」の「ディスクの管理」を左クリックすると、右に現在のハードディスクドライブの状況が表示されます。 「ディスクの管理」では、ハードディスクドライブに領域が存在しなくても、ドライブを確認する事が可能です。 ここで「システム」と表示されたパーティションが、OS がインストールされたパーティションになります。 つまり、パーティションを削除できるのは、それ以外の赤枠で囲まれたパーティションになります。



この状態をエクスプローラで表示すると右の様になります。もちろん、パーティションが存在している段階なので、エクスプローラでも正常に認識されています。



5.例えば、OS がインストールされたハードディスクドライブには、2 つのドライブが存在していますね。 C ドライブはシステムと表示されているので、OS がインストールされているパーティションです。 ここを削除してしまうと、OS が起動できなくなり、データは全て無くなります。

ここでは、ボリューム D(エクスプローラからは D ドライブとして認識されている)を削除してみたいと思います。 削除したいパーティションにカーソルを移動して右クリックして、表示されたメニューから「パーティションの削除(D)」を左クリックします。



6.「続行しますか?」の問いに「はい(Y)」を左クリックします。



7.ボリュームDが未割り当てになりました。これで、ハードディスクドライブには、OS がインストールされたCと、パーティションの存在しない部分になりました。



「ディスクの管理」では、未割り当ての部分も確認できますが、エクスプローラでは D ドライブが消えています。 つまり、ハードディスクドライブはパーティションを作成しないと Windows で利用する事ができないのです。



上の例では、OS がインストールされていないプライマリパーティションを削除する方法です。 もし、拡張パーティションだった場合は、青色のラベルで表示されます。この場合は、右クリックでメニューを表示して「論理ドライブの削除」を左クリックします。 さらに、「続行しますか?」の問いに「はい(Y)」を左クリックします。



論理ドライブを削除すると、空き領域となるので、再び右クリックして「パーティションの削除(D)」を左クリックします。 さらに、「続行しますか?」の問いに「はい(Y)」を左クリックします。以上でパーティションを削除する事ができます。



追記

Windows Vista から、既存の領域を圧縮する事で再インストールする事なく領域を分割できます。

パーティションの拡張と圧縮 Windows Vista / Windows 7





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項