MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Outlook のアカウントのバックアップと復元方法


Microsoft Office Outlook 2007 で、メールデータのバックアップ方法は、以下のフォルダーをエクスプローラーで開き、Cドライブ以外に保管します。 このフォルダーは、Windows 7 インストール初期状態では、エクスプローラーをダブルリックしていき、たどる事はできませんが、以下のアドレスのユーザー名の部分をアカウント名に変更してコピペして「Enter」キーをクリックすると表示できます。 「.pst」がメールデータと受信フォルダーの設定内容が保管されていますが、念のため「Outlook」フォルダーをバックアップすれば良いでしょう。 この作業は、Outlook を起動してエクスポートでバックアップする事もできます。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Outlook

Windows 7 を再インストールしたら、新しいユーザーアカウントのフォルダーに移動すれば復元完了です。 しかし、アカウントのバックアップ方法が管理人には不明な状況です。 Windows 転送ツールを使った場合、メールアカウントも引き継がれるため、バックアップと復元方法が存在するのは確実です。 ただ、一般的なエクスポートやインポートの操作が存在しないだけです。今回は、少し癖のあるやり方を紹介します。

Windows 7 + Office 2007 の環境で、Windows 7 を再インストールした場合、なおかつ、ユーザー名が同じであるならば、レジストリをバックアップする方法があります。メールデータ(今まで受信したメール)もバックアップするならば、先に掲載した方法も実行します。レジストリのどの部分がメールアカウントなのか不明なので、Windows を再インストールした後に、OSのユーザーアカウントを変更した場合、少し面倒な事になります。しかし、それは修正可能です。



メールアカウント情報をバックアップするには、スタートボタンをクリックして、検索フォームに「regedit」と入力して「Enter」キーを押します。なお、レジストリ エディターを起動するには、管理者権限が必要です。以下のアドレスを探します。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Windows Messaging Subsystem\Profiles\Outlook

これを右クリック、「エクスポート(E)」をクリックします。



これから保存するファイルをバックアップする訳ですが、今回はデスクトップに保存してみます。Windows 7 を再インストールする場合は、デスクトップは消滅するので、保管したファイルをCドライブ以外のドライブ、メディア、USBメモリーなどに保管する必要があります。名前は分かりやすい名称をつけて「保存(S)」ボタンをクリックします。



今回は「Outlook」と名前を付けました。



つい最近、Windows 7 を再インストールしましたが、管理人はメールデータだけバックアップして、アカウントをバックアップするのを忘れました。つまり、Microsoft Office Outlook 2007 のアカウントは、手動で再登録しました。今回、OSのユーザー名が同じであるならば、バックアップした「Outlook.reg」をダブルクリックすれば終了です。Microsoft Office Outlook 2007 をダブルクリックすると、アカウントが登録され、初回だけパスワードを入力してメールの送受信が可能になります。



しかし、再インストールした後の検証なので、今回はOSに新しいユーザーアカウントを作成して、既存のアカウント(このアカウントはメールアカウント)のレジストリをバックアップして、新しいOSのユーザーアカウントでログオンして、バックアップしたレジストリを適用してみました。この場合、OSのユーザー名が変更されるため注意が必要です。いずれにしても復元作業は、バックアップしたレジストリファイルをダブルクリックします。



「はい(Y)」ボタンをクリックします。



「OK」ボタンをクリックします。



Microsoft Office Outlook 2007 を起動すると、メールデータが復活しているので不思議。しかし、これは間違いで、一方のアカウントのレジストリをバックアップして、新規作成したアカウントでログオンして適用したため、メールデータのフォルダー指定が、もう片方のユーザーフォルダーになっています。つまり、「A」「B」アカウントがあった場合、「A」アカウントでレジストリをバックアップして、「B」アカウントで適用した場合、メールアカウントは適用されるものの、表示されているメールデータは「A」アカウントのフォルダーになり、このまま利用するのはトラブルの元です。もちろん、Windows 7 を再インストールした後であれば、バックアップしたメールデータを元のフォルダーに戻して、レジストリを復元すれば、そのまま利用できます。



とりあえず、メールアカウントが適用されているのは確認できます。問題は、個人用フォルダ\受信トレイのアドレスです。メールを送受信する前に、このアカウントで利用するアドレスを作成する必要があります。しかし、Windows 7 を再インストールした場合は、ここからの作業をする必要はありません。アカウント名が変更された場合のみです。



「ツール」→「アカウント設定」をクリックして、「データファイル」タブをクリックします。「追加(A)」をクリックして、「Office Outlook 個人用フォルダ ファイル(.pst)」を選択、「OK」ボタンをクリックします。



自動で、そのアカウントに適した場所に保管されます。「OK」ボタンをクリックします。正確なアドレスは以下。このフォルダー以外にも作成できますが、デフォルトでここに作成されるので、変更する必要は特にありません。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Outlook


個人フォルダを、新しく作成したアドレスを選択して「規定に設定(D)」をクリックします。



これを実行すると、個人フォルダが二つ表示されます。古い方の個人フォルダを右クリックして閉じます。閉じる事ができるのは、規定以外なので、規定を変更する作業が先になり、規定を変更したら、Microsoft Office Outlook 2007 を再起動する必要があります。



アカウントの復旧と、受信フォルダのアドレスを正しく変更できました。Windows 7 を再インストールして、ユーザー名が同じであるならば、バックアップしたメールデータを元のフォルダーに移動、バックアップしたレジストリをダブルクリックするだけで、復旧作業は終了します。今回のやり方は、アカウント名を変更した場合です。

Windows Live Hotmail を Outlook で送受信する設定( POP3 )





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項