MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Live Hotmail を Outlook で送受信する設定( POP3 )


次は、Microsoft Office Outlook 2007 での登録方法です。Outlook は既に Microsoft Office Outlook Connector で Windows Live Hotmail を送受信可能ですが、メールフォルダーがアカウント毎に存在して、メールアドレスが丸見えの状況となります(後に表示される名称を変更可能になりました)。これが、都合が良いのか否かは利用方法により異なります。POP3でアカウントを登録すると、受信トレイにまとめて便利な場合もあります。



Microsoft Office Outlook 2007 を起動して、「ツール」→「アカウント設定(A)」をクリックします。



「アカウント設定」で、「電子メール」タブをクリック。さらに、「新規(N)」をクリックします。



「Microsoft Exchange、POP3、IMAP、または、HTTP(M)」をクリックして、さらに「次へ(N)」ボタンをクリックします。



「サーバー設定または追加サーバーの種類を手動で構成する(M)」にチェックを入れ(クリックする)、「次へ(N)」ボタンをクリックします。



「インターネット電子メール(I)」にチェックを入れ(クリックする)、「次へ(N)」ボタンをクリックします。



ユーザー情報の「名前(Y)」に、任意の名前を入力します。「電子メール アドレス(E)」に、Windows Live Hotmail のアドレスを入力します(○○@hotmail.com、○○@hotmail.co.jpなど)。サーバー情報の「アカウントの種類(A)」は、「POP3」を選択します。「受信メール サーバー(I)」には、「pop3.live.com」、「送信メール サーバー (SMTP) (O)」には、「smtp.live.com」を入力します。メール サーバーへのログオン情報の「アカウント名(U)」に、Windows Live Hotmail のアドレスを入力します(○○@hotmail.com、○○@hotmail.co.jpなど)。パスワードに、サインインで利用するパスワードを入力して、「パスワードを保存する(R)」にチェックを入れると便利です。「メール サーバーがセキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)に対応している場合には、チェック ボックスをオンにしてください (Q)」をクリックして、チェックを入れます。「詳細設定(M)」ボタンをクリックします。



「送信サーバー」タブをクリックして、「送信サーバー (SMTP) は認証が必要(O)」をクリックして、「受信メール サーバーと同じ設定を使用する(U)」のチェックを入れます。



「詳細設定」タブをクリックして、「受信サーバー (POP3)(I)」を「995」に変更して、「このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要(E)」にチェックを入れます。「送信サーバー (SMTP)(O)」を「587」に変更して、「使用する暗号化接続の種類(C)」を「SSL」または、「自動」に変更します。Outlookで受信しても、サーバーにメールを保持したければ、「サーバーにメッセージのコピーを置く(L)」をチェックします。右のスクリーンショットの設定では、Outlookで受信しても、サーバーのメールは削除されません。「OK」ボタンをクリックします。



「アカウント設定のテスト(T)」ボタンをクリックして、右の結果が出れば完了です。「次へ(N)」ボタンをクリックして、アカウント設定の終了です。





Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項