MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Microsoft Office Outlook を半透明でデスクトップに表示するツール Outlook on the Desktop

 Microsoft Office Outlook(マイクロソフト オフィス アウトルック)をデスクトップに半透明に表示できるツール。情報を切り替えて表示する事になりますが、Outlook と連携しており、カレンダー、受信トレイ、RSSリーダーなどとして利用、操作する事ができる優れもの。Windows 2000 以上で利用できます。


Microsoft Office Outlook をデスクトップに常に表示させて利用する優れ物を発見しました。その名も Outlook on the Desktop(アウトルック オン ザ デスクトップ)。Outlook を起動すればいいじゃないかと言われてしまえばそれまでですが、予定表やカレンダーを常に表示させておくのも便利かと思います。



このツールは、C:\Outlook on the Desktop\ にインストールされ、スタートボタンやデスクトップに作成されたショートカットから起動できますが、インストール初期状態では、Windows と同時に起動するので、あえて起動を制御しなくても済みます(もちろん、手動に切り替えても良い)。



タスクバーに収まった Outlook on the Desktop は、日付を表示します。このアイコンをダブルクリックすると、デスクトップの表示が消え、もう一度ダブるクリックすると表示され、簡単に表示を切り替える事ができます。



アイコンをダブルクリックすると、Outlook on the Desktop の詳細設定ができます。「Calendar」「Contacts」「Inbox」「Notes」「Tasks」は、デスクトップに表示させる Outlook の機能を意味します。



例えば、「Inbox」を左クリックして有効にすると、デスクトップに受信フォルダが表示されます。



Select Folder を左クリックすれば、受信トレイ以外のフォルダを表示できます。RSSリーダーとして利用しても便利ですね。



「Start With Windows」を左クリックしてチェックを外せば、Windows 起動時に Outlook on the Desktop は起動しません。逆に、インストール初期状態に戻す場合はチェックします。右の状態は、Windows 起動時に、Outlook の受信トレイがデスクトップに表示される設定です。



デスクトップの表示に関する設定は、「Preferences」を左クリックします。「Opacity」のバーを変更すると、透明度が変更されます。「Width」は表示する幅、「Height」は表示する高さを変更できます。または、「Position」の4つのキーを押すことで、デスクトップに表示される位置を上下左右に変更できます。



Outlook on the Desktop は、単純に Microsoft Office Outlook の一部を表示させるだけではなく、連携して動作します。スクロールバーやメールの並べ替え、ダブルクリックで予定を追加する事も容易です。



Windows Vista Ultimate(ウインドウズ ビスタ アルティメイト) に搭載された DreamScenes と同時に使ってもカッコイイかも知れません。対応状況は、Windows 2000 以上、 Microsoft Outlook 2000 SR-1 以上、Microsoft .NET Framework 2.0 以上の環境 ( Vista の場合は初めからインストールされています )。



インストール方法

1.Welcome Outlook on the Desktop のサイトにアクセスして、最新版の Outlook on the Desktop をダウンロードします。 サイトにアクセスしたら、上部メニューの「Download」を左クリックします。

Welcome Outlook on the Desktop



2.この日記を書いている時点では、Outlook on the Desktop 1.4.1 ( 643 KB ) しかありません。今回はこれをインストールしてみたいと思います。



3.セキュリティの警告が表示されます。「保存(S)」ボタンを左クリックします。



4.デスクトップにダウンロードします。左メニューの「デスクトップ」を左クリックして、さらに「保存(S)」ボタンを左クリックします。



5.ダウンロードが完了したら、「閉じる」ボタンを左クリックします。



6.デスクトップにダウンロードした「setup.exe」をダブルクリックします。 Windows インストール初期状態では、拡張子「.exe」は表示されませんが、今回のインストールに支障はありません。



7.セキュリティの警告が表示されます。「実行(R)」ボタンを左クリックします。



8.セットアップウィザードが起動します。「NEXT」ボタンを左クリックします。



9.インストールフォルダを指定します。初期状態で入力されているので、特に変更する必要はありません( Program Fillsに変更しても良いかも )。 そのまま「NEXT」ボタンを左クリックします。



10.スタートメニューに表示される文字を入力します。これは、スタートボタン、すべのプログラムをクリックした時に表示される名前です。 初期状態で「Outlook on the Desktop」と入力されているので、特に変更する必要も無いでしょう。そのまま「NEXT」ボタンを左クリックします。



11.デスクトップにショートカットアイコンを作成する場合は、「Create a desktop icon」にチェックを入れます(左クリック)。 タスクバーのクイック起動に登録する場合は、「Create a Quick Launch icon」にチェックを入れます。「NEXT」ボタンを左クリックします。 ちなみに、両方選択しなくても、スタートボタンから Outlook on the Desktop を起動する事ができるので大丈夫です。



12.このセットアップウィザードで設定した内容が表示されます。「Install」ボタンを左クリックします。



13.インストールが完了したら、「Finish」ボタンを左クリックしてセットアップウィザードを閉じます。 次回から Windows が起動すると「Outlook on the Desktop」も起動します。 手動起動に切り替えたい場合は、右下に表示されたカレンダアイコンを右クリックして、「Start With Windows」を左クリックしてチェックを外します。



デスクトップのショートカットやクイック起動アイコンは、右クリックでいつでも削除可能です。 また、セットアップに使った「setup.exe」も削除して構いません。 使っていてこのアプリケーションが必要でないと感じたならば、コントロールパネルの「プログラムと機能」をダブルクリックして、「Outlook on the Desktop」を選択し、「アンインストール」ボタンを左クリックします。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項