MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Live Hotmail を Microsoft Outlook 2007、または、2003 で送受信する方法

 それまで無料版の Windows Live Hotmail(ウインドウズライブホットメール)を受信できるローカルのメーラーは Windows Live Mail だけでしたが、Outlook Connector をインストールする事で、Microsoft Office Outlook 2007(マイクロソフト オフィス アウトルック)でも送受信可能になったので、今回はこれを試してみました。


Microsoft Office Outlook Connector(マイクロソフト オフィス アウトルック コネクター) は、市販の Microsoft Office System(マイクロソフトオフィスシステム) のメール送受信ソフト Microsoft Outlook 2007 、または、Outlook 2003 で、有料、無償版のメールアカウント Windows Live Hotmail(ウインドウズライブホットメール)を送受信を可能にするツールです。



Windows Live Hotmail は、MSN Hotmail 、または、Windows Live Mail の後継で、WEBページで閲覧するメーラーの印象が強いですが、Windows Live サービスの一つである、ダウンロードして自分のパソコンにインストールして使うメーラー、Windows Live Mail により便利性が向上していました。Windows Live Mail は、他社が提供するメールアカウント POP3 も受信でき( Gmail や Yahoo! メール )、スパム、フィッシング詐欺などに対処するセキュリティ機能を搭載する、メーラーとしてシンプルに使うのであれば一番おすすめのメーラーです。



さて、Microsoft Outlook 2007 、または、Outlook 2003 は、市販されているソフトであり、機能が豊富なのでメーラーと呼ぶに値するか不明なところですが、Windows Live Hotmail が送受信できない状態では、複数社のメールを利用するユーザーにとって、無料で提供されている Windows Live Mail の方が優ってる部分がありました。もちろん、シンプルなメーラーとしての機能を利用するのであればの話です。しかし、Microsoft Office Outlook Connector の登場で、仕事で使っている場合が多いと思われる Outlook でもこれが可能になったため、 Windows XP に付属する Outlook Express 、Windows Vista(ウインドウズビスタ)に付属する Windows Mail 、無償でダウンロードできる Windows Live Mail の中で最も高機能なメーラーとなったと思われます。市販製品なので当然ではありますが。



アカウントの登録は簡単で、「ツール(T)」→「アカウント設定(A)」を左クリックすると、アカウント設定の詳細パネルが表示されます。



「電子メール」タブの「新規(N)」ボタンを左クリックします。



Microsoft Office Outlook Connector がインストールされていれば、「その他(O)」で Microsoft Office Outlook Connector を選択できます。



これが通常のアカウント設定画面です。Yahoo! メールや Gmail はこの画面を利用し。必要な情報は、名前(自由に決める)、電子メールアドレス、パスワード。電子メールを提供するプロバイダの送信メールサーバーや受信メールサーバー、ポートの設定などは自動で取得してくれます。ただし、例外もあるので、その時は「サーバー設定または追加のサーバーの種類を手動で構成する」にチェックを入れ、「次へ」ボタンを左クリックします。「OP25B(Outbound Port25 Blocking)」も自動で対応できました。

Yahoo!Mail 「OP25B(Outbound Port25 Blocking)」再開



その昔は・・・アカウントを設定するのは面倒でした。ゆえにアカウント設定情報をエクスポートして、新しいメーラーにインポートするのですが、自動取得になったため初心者でも簡単に設定できる様になっています。



一方、Microsoft Office Outlook Connector がインストールされた環境では、右の設定画面が使えます。必要なのはメールアドレスとパスワード、受信ボックスに表示される任意の名前です。パスワードを保持できるので、送受信に関しては次に Outlook を開いた時に、Hotmail とそれ以外のメールアカウントの違いを気にする事はありません。 また、hotmail.com 、hotmail.co.jp 、の二つを登録できます。



インストール方法

1.ダウンロードサイトにアクセスして、「ダウンロード」ボタンを左クリックします。

ダウンロードサイト



2.セキュリティの警告が表示されます。「保存(S)」を左クリックします。



3.デスクトップを選択して、「保存(S)」を左クリックします。



4.ダウンロードが完了したら、「閉じる」を左クリックします。



5.デスクトップにダウンロードした「OutlookConnector.exe」をダブルクリックします。Windows インストール初期状態では拡張子「.exe」は表示されませんが、インストール作業には関係ありません。



6.セキュリティの警告が表示されます。「実行(R)」を左クリックします。



7.注意を読み、納得したならば、「ライセンス条項に同意するにはここをクリック」を左クリックして、「次へ(C)」を左クリックします。 同意できない場合は、インストールする事ができません。



8.セットアップウィザードが表示されます。「次へ(N)」を左クリックします。



9.この時、Microsoft Outlook が起動しているとインストール作業を進める事ができません。Outlook を閉じて、再試行します。



10.ユーザー名を入力して「次へ(N)」を左クリックします。ユーザー名は、ユーザーアカウントが自動で入力されますが、任意に変更する事ができます。アカウントとは関係ありません。



11.インストールを実行します。「インストール(I)」を左クリックします。



12.セットアップが完了したら、「完了(F)」を左クリックします。なお、アカウントを登録すると、反映させるために Outlook の再起動が必要になります。

Outlook で Windows Live Hotmail アカウントを使用する



Windows Live Homail の予定表の同期は、有料版の Hotmail ユーザーしか使えないため、サーバーエラーと表示されます。メールの送受信には関係ありませんが、使えないのなら表示しないでエラーを出さないで欲しいものです。



そして、Windows Live Homail は受信ボックスが独立して表示されます。 受信者が表示する名前は任意でつけられるものの、ほぼいたるところに Hotmail アドレスをさらけ出す事になります。表示名を任意に変更できないものか。 しかし、お気に入りフォルダの受信トレイで、Yahoo! メール、Gmai l、Hotmail など複数のアカウントに届いたメールを一覧表示できるので便利です。





メール/メーラー/送受信/設定 関連

MB-Support サイト内で過去に掲載したメール、または、メール送受信するアプリケーションに関する日記を集めたリンク集はこちら。 Outlook Express 、Microsoft Office Outlook 、Windowsメール 、Windows Live メール、Mozilla Thunderbird などの設定方法、データやアカウントの保存方法、環境移行方法を掲載しています。



BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項