MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

2.Outlook Express メールデータ保存方法

 Outlook Express(アクトルックエクスプレス)は、Windows に付属するメール送受信アプリケーションです。 ある時点から無料の Hotmail(ホットメール:現在は、Windows Live Hotmail)を送受信できなくなりました。 しかし、Windows Live Mail(現在は Windows Live Hotmail )を Windows Live Mail Desktop(現在は、Windows Live Mail )を利用する事で、ローカルで送受信が可能になります。


1.メールを保存する前に、オフライン作業に切り替えてデータの最適化を実行します。これはバックアップ作業中にトラブルを無くすために行います。 Outlook Express を起動して送受信が完了したら、「ファイル」→「オフライン作業(W)」を左クリックしましょう。



2.「ファイル」→「フォルダ」→「すべてのフォルダを最適化する(F)」を左クリックします。 環境にもよりますが、ダイヤログが表示され作業状況が確認できます(データが少ない場合は一瞬なので確認できないかも知れません)。



3.「メンテナンス」→「整理する(C)」を左クリックします。



4.「メンテナンス」→「整理する(C)」を左クリックします。



5.「最適化する(C)」を左クリックします。最適化が終了したら「閉じる」を左クリックします。



6.「オプション」に戻り、「保存フォルダ(F)」を左クリックします。



7.メールデータの保存先「C:\Documents and Settings\ログオン名\Local Settings\Application Data\Identities\ {意味不明な英数字}\Microsoft\Outlook Express」が表示されます。一番最後の Outlook Express より左のアドレスを反転させ、 右クリック→「コピー」を左クリックします。右の例では「C:\Documents and Settings\ログオン名\Local Settings\Application Data\Identities\ {意味不明な英数字}\Microsoft\」までをコピーします。コピーは対象文字を反転させ、右クリックして表示されたメニューから「コピー」を左クリックします。



8.「スタート」→「ファィル名を指定して実行」をクリックします。



9.「名前(O)」に先ほどコピーしたアドレスを貼り付けます。右クリック→「貼り付け」を左クリックします。



10.「OK」を左クリックします。



11.ここで表示されたフォルダにメールデータが保存されています。フォルダごと CD-R などにバックアップして下さい。




戻る 一覧表示 次へ


メール/メーラー/送受信/設定 関連

MB-Support サイト内で過去に掲載したメール、または、メール送受信するアプリケーションに関する日記を集めたリンク集はこちら。 Outlook Express 、Microsoft Office Outlook 、Windowsメール 、Windows Live メール、Mozilla Thunderbird などの設定方法、データやアカウントの保存方法、環境移行方法を掲載しています。



BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項