MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

1.Outlook Express メールアカウントの保存/復元方法

 Outlook Express(アクトルックエクスプレス)は、Windows に付属するメール送受信アプリケーションです。 ある時点から無料の Hotmail(ホットメール:現在は、Windows Live Hotmail)を送受信できなくなりました。 しかし、Windows Live Mail(現在は Windows Live Hotmail )を Windows Live Mail Desktop(現在は、Windows Live Mail )を利用する事で、ローカルで送受信が可能になります。


メールアカウントとは、メール送信に必要な SMTP サーバーのアドレス、メール受信に必要な POP サーバーのアドレス、さらに、これらのサーバーにアクセスするための、ユーザーアカウント、パスワードの設定です。



メールを送受信する時、これらのサーバーに毎回問い合わせていますが、日々の送受信はメール送受信ソフトである Outlook Express(アウトルック エクスプレス)が自動実行してくれます。 Windows を再インストールした時に、POP / SMTP サーバーアドレス、ユーザーアカウント、パスワードを新規に設定しても良いのですが、メールアカウントのエクスポート、インポート機能を利用して、簡単にこれらの設定情報を保存/復元する方法を説明します。

また、メールアドレスを追加して、新規に設定する方法は Outlook Expressのアカウント設定方法 を参照して下さい。



例外もあります

Hotmail の後継となる Windows Live hotmail をローカルに受信できる Windows Live Mail の場合、Windows Live hotmail のアカウントを追加するには、「名前」「電子メールアドレス」「パスワード」を入力するだけで送受信が可能になります。 この方法は MSN の Hotmail 無料版を Outlook Express で受信可能だった頃、Outlook Express でも同じくらい簡単な作業でした。



Windows Live Mail は他のプロバイダで利用しているメールアカウントも送受信可能ですが、 やはりこれらのアカウントを登録するには、「名前」「電子メールアドレス」「パスワード」以外に送受信サーバーアドレスと送信サーバーアドレスが必要になります。 「名前」「電子メールアドレス」「パスワード」までは覚えていると思いますが、頻繁に設定する事のない送受信サーバーアドレスは覚えていないのが一般的。

利用しているメールのプロバイダサイトにアクセスして確認する作業が必要になります。 やっぱり、アカウントの設定も保存(エクスポート)して、新しい環境で復元(インポート)した方が楽ですね。 OSを再インストールする時は、次の作業をする事で、アカウント設定情報をバックアップして復元する事が可能になります。




戻る 一覧表示 次へ


メール/メーラー/送受信/設定 関連

MB-Support サイト内で過去に掲載したメール、または、メール送受信するアプリケーションに関する日記を集めたリンク集はこちら。 Outlook Express 、Microsoft Office Outlook 、Windows メール、Windows Live メール、Mozilla Thunderbird などの設定方法、データやアカウントの保存方法、環境移行方法を掲載しています。



BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項