MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

メール/メーラー/送受信/設定 関連

MB-Support - パソコン初心者のサポートページ

 MB-Supportサイト内で過去に掲載したメール、または、メール送受信するアプリケーションに関する日記を集めたリンク集です。 電子メールを利用するには、住所と個人を意味するメールアカウントと、メールを送受信するアプリケーションが必要です。アプリケーションは、自分のパソコンにインストールして利用するものと、ブラウザ上で利用するWEBアプリケーションがあり、前者にはOutlook Express(アウトルックエクスプレス)、Microsoft Office Outlook(マイクロソフト オフィス アウトルック)、Windows Mail(ウインドウズ メール)、Windows Live Mail(ウインドウズ ライブメール)、Mozilla Thunderbird(モジラ サンダーバード)などがあり、後者はYahoo!Mail(ヤフー メール)、Windows Live Hotmail(ウインドウズ ライブ ホットメール)、Gmail(ジー メール)などがあります。

 有料、または、無料のアカウントを取得すれば、メールアドレスを決定できます。もし、メールを送受信するアプリケーション(メーラー)が、他社が提供するのメールアカウントのメールを送受信できるのであれば、メーラーは一つで済みます。例えば、Yahoo!メールで作成したアカウントを、Windows Vistaに付属するWindows Mailや、無償で利用できるWindows Live Mailで送受信できます。 メーラーの設定で必要なものは、メールアドレス、パスワード、送信サーバーアドレスとポート番号、受信サーバーアドレスとポート番号です。アプリケーションを利用してメールを送受信するには、インターネットに接続されている必要があります。 ブラウザを起動して大手サイトにアクセスしてみましょう。ホームページが表示されないのであれば、メーラーにアカウントを設定しても、メールの送受信はできません。まずはインターネットに接続しましょう。



メールアカウントの設定方法

 メール送受信ソフトにアカウントを設定しないと、メールの送受信はできません。 アカウントの設定には、メールアドレス、パスワード、送信サーバー(SMTP [Simple Mail Transfer Protocol])アドレスとポート番号、受信サーバー(POP [Post Office Protocol])アドレスとポート番号の設定が含まれます。 設定方法はどれも似通っていますが、利用しているメーラーが何であるか確認して、以下のページを参考にして下さい。

Windows Mail(ウインドウズ メール)

 当初は、Outlook Express の後継と位置づけられていましたが、Windows Vista に始めた搭載されたメール送受信ソフトで、その後継 OS の Windows7 ではメール送受信ソフトが付属しないことから、利用するユーザーが最も少ないメーラーかと思われます。


Outlook Express(アウトルック エクスプレス)

 歴代のWindowsに付属していたメール送受信ソフト。その歴史は Windows XP で終了となり、Windows Vista からは Windows Mail に名称が変更されました。 Outlook Express はスパムメールへの対処がなされていないため、例えWindows XPを利用していても、Windows Live Mail に移行した方が無難です。 また、有料のMicorosft Officeシステムの一つにメール送受信ソフトの Outlook がありますが、こちらは市販製品ゆえに高性能となり全く別物です。 Expressの名称が付いているかいないかで判断しましょう。

Microsoft Office Outlook(オフィス アウトルック)

Gmail(ジーメール)

注目



Microsoft office 2007

Windows XPまで付属された Outlook Express と市販の Microsoft Office System の Outlook は紛らわしいものです。 Outlook Express より高機能な Outlook は、単独でも購入できますが、Microsoft Office 2007 Personal 、Standard 、Professional を購入すると付属されています。 もちろん、パソコン購入時に Microsoft Office を選択、または、付属しているならば、Outlookが利用できます。 この環境でWindowsXPを利用しているのであれば、Microsoft Office Outlookと、Outlook Expressが、Windows Vistaなら、Microsoft Office OutlookとWindows Mailの二つのメーラーを利用できます。 さらに、無償のWindows Live Mailをインストールすれば、メーラーだけで3つもインストールされる事になりますが、Windows7からはメーラーが付属されないので、Microsoft Officeがセットになっていれば、Outlookだけになります。

複数のメーラーを使い分ける例としては、Windows Mail にYahoo!メールのアカウント、Windows Live Mail に Windows Live Hotmail のアカウント、Outlook に主に利用するメールアカウントなどといった設定も可能ですが、これらのアカウントを基本的に一つのメーラーで送受信できます。 また、メーラーはそれぞれ脆弱性が含まれていると思われ、利便性とセキュリティは反比例する事も考慮しましょう。


Windows メールからWindows Live メールへ

 Windows 7 にはメール送受信ソフトが付属されないため、今まで付属されていたメーラーを利用していたユーザーが遭遇するであろう移行作業の一つの例を提示します。

Windows Live Mail(ウインドウズ ライブ メール)

 当初は Windows Live Mail desktop(ウインドウズ ライブ メール デスクトップ)と呼ばれていたメール送受信ソフト。Windows Live Mail(現在はWindows Live Hotmail)のアカウントを設定してメールの送受信が可能でしたが、アカウントの名称である Windows Live Mail が Windows Live Hotmail(ホットメール)になり、自分のパソコンにインストールするメール送受信ソフトの Windows Live Mail desktop が Windows Live Mail へと名称が変更されました。

 Windows Live Mail の利点は、Windowsに付属するメーラーの置き換えになる事。送受信できるメールはWindows Live Hotmail に限らず、POP3に対応してれいば他のアカウントも登録できます。また、Windows XP にも対応しているため、スパム対策がなされていないメーラーから移行する事も容易。


Mozilla Thunderbird(モジラ サンダーバード)

読み物

Windows Live Hotmail(有料/無料のメールアカウント)

インポートとエクスポート

メールデータ、メールアカウントのバックアップ、または、環境を移行する方法は、メールデータやアカウント設定をそれぞれエクスポート(任意の場所にファイルとして保管)して、新しい環境になったらエクスポートしたファイルをメーラーにインポートします。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項